> 
 > 
 > 
むちうちに詳しい弁護士に相談するメリットと慰謝料が増額する理由
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

むちうちに詳しい弁護士に相談するメリットと慰謝料が増額する理由

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Pixta_26849131_s

交通事故で最も多い後遺症と言われているのがむちうちですが、交通事故の中でも後遺障害やむちうちが伴う事故に詳しい弁護士に相談するメリットをご存知でしょうか?

 

  1. 適切な後遺障害等級の獲得
  2. 弁護士基準による慰謝料増額
  3. 相手側保険会社との示談交渉が有利に進む など

 

この記事では、交通事故のむちうちに詳しい弁護士に相談するメリット、慰謝料が増額する理由、選び方まだ解説します。

 

むちうちの後遺障害等級の獲得、保険会社との示談交渉、損害賠償金を適正に獲得するなら、むちうちに詳しい弁護士に相談しよう

むちうち被害に遭った場合の後遺障害等級の申請などは、加害者側の保険会社が行うのが通常ですが、「不備のある診断書」「細かい症状が記載されていない」などが起こり、「後遺障害等級が認められない」、あるいは「通常よりも低い等級認定」となってしまうケースがほとんどです。
 

また、保険会社も後遺障害にして多額の賠償金を支払いたくないという思惑から、後遺障害として認定される前に、被害者に対して示談を持ちかけてくるケースが多くあります。


もしあなたが、「むちうちの後遺障害等級を獲得したい」「適正な等級なのか判断したい」「後遺障害慰謝料の増額をしたい」「何から始めればいいのかわからない」とお考えであれば、保険会社との示談交渉が進む前に「むちうち問題を得意とする専門の弁護士」へ相談をされる事をおすすめします。

 

むちうちが得意な弁護士を地域から探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

 

むちうちが得意な弁護士に相談するメリット

次に、むちうちが得意な弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。
 

適切な後遺障害の獲得がしやすくなる

むちうち症はわかりにくい症状のため、非常に後遺障害認定が難しい障害です。しかし、弁護士に依頼して適切な後遺障害診断書などの書類が作成できれば、後遺障害が認定される可能性が大幅に高まります。
 
もし、弁護士費用特約などに加入をしておらず、費用倒れを恐れて依頼を躊躇してしまった場合、本来であれば認定されたであろう後遺障も非該当となってしまう可能性があります。
むちうち症は、後遺障害に認定されることで100万円以上慰謝料が増額できますので、弁護士がついていると非常に有利になります。
 

保険会社との交渉が有利に進む

保険会社側にとって都合のいい示談金ではなく、専門的な知識がある弁護士に依頼することで主張すべきことに漏れがなくなり、交通事故の慰謝料の妥当な増額が行えます。
 

むちうちの治療に専念できる

弁護士に依頼すれば、示談交渉を被害者の代わりに行ってくれますので、保険会社の担当者と話で悩む必要もなくなりますし、示談交渉の対応に追われることで治療に賭ける時間がなくなるといたこともありません。
 
また、もしかしたら不利な過失割合で示談してしまうかもしれないという心の負担が軽減されることも、慰謝料が増額されること以上に大きなメリットと考えられます。
 

交通事故の問題を弁護士に依頼する際の費用の相場

交通事故で弁護士に依頼するには、当然ですがお金がかかります。 

費用項目

費用相場

相談料

無料または5000円/30分

示談交渉

着手金

10万円〜20万円

報酬金

15万円+賠償額の8%

裁判

着手金なし

着手金

無料

報酬金

20万円+賠償額の10%

着手金あり

着手金

経済的利益の額が

〜300万円の場合:8%

300万円〜3000万円の場合:9万円+5%

3000万円〜3億の場合:69万円+3%

3億円以上の場合:369万円+2%

報酬金

経済的利益の額が〜300万円の場合:16%

300万円〜3000万円の場合:18万円+10%

3000万円〜3億の場合:138万円+6%

3億円以上の場合:738万円+4%

後遺障害認定

着手金

10万円〜20万円

報酬金

経済的利益の10%

異議申立の意見書

10.8万円


相談料|無料または1時間1万円程度

これま相談料は一律で決められていましたが、これが廃止されてから、弁護士も競争優位性を保つ意味と、相談のハードルを下げる意味でも無料にしている弁護士事務所は今後も増えると思われます。
 

着手金|20万円前後

弁護士費用の中で、交渉や裁判の結果を問わず弁護士が得るお金です。途中で依頼を解約した場合にも返金されないお金となります。着手金は、依頼された案件の難易度や、補償金の金額で決まることが多いようです。

 

成功報酬|増加分の10%前後

依頼した案件がすべて終わってから弁護士に支払うお金です。補償金で報酬金は変わります。このお金は一度、補償金全額が加害者から弁護士に振り込まれ、ここから成功報酬を差し引いた金額が、依頼人の元に届きます。
 

日当

弁護士が現場検証や裁判所などに出向くため、事務所を離れなくてはならない際に支払うお金です。かかる時間などでも金額は変わります。 

 

【関連記事】

【弁護士が監修】交通事故の弁護士費用の相場と弁護士費用を抑えるポイント

 

弁護士費用特約を使えば弁護士費用の削減と慰謝料の増額ができる

弁護士特約を支払うケースとしては、

  • 信号待ちをしていて後ろから車で追突された
  • 横断歩道を歩いていたら自動車に轢かれた
  • バスに乗っている最中にケガをした など

 
こう言った際に弁護士に相談した費用や、実際に依頼した場合の着手金などを保険会社が負担してくれます。また、自分には過失がない場合や、相手に賠償請求をしているが示談の交渉が進まず、賠償請求に応じないなど、保険会社から提示された賠償額に納得がいかない時に弁護士特約を使うタイミングがあります。
 
弁護士費用は300万円まで保障してくれますし、弁護士基準で慰謝料などを請求するには弁護士への依頼が必須になります。
 
弁護士事務所によっては相談料が無料であったり、成功報酬は賠償金の増額分から払えるという良心的な場合もありますので、無料相談だけでもしていただき、ケースバイケースの事例を聞いてから判断されても良いと思います。

【関連記事】これだけ見ればOK!弁護士費用特約の使い方ガイド

 

むちうちの慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

交通事故の被害でむちうちになり後遺障害として認められた場合、加害者側に請求できる慰謝料は認定された等級によって慰謝料額は大きく変化します。
 
例えばむちうちは後遺障害14級と12級が認められるケースが多くありますが、後遺障害14級と12級でそのくらい慰謝料が変わるのか、慰謝料の相場をまずは知りましょう。
▶︎むちうちの後遺症を獲得し慰謝料を200万円アップする全手順
 

むちうちの被害者が請求できるお金

交通事故でむちうちになった場合、被害者が加害者に対して請求できる慰謝料の内訳は下記のような内容になっています。
 

治療費

休業損害

通院費

※入通院慰謝料

入院雑費

後遺障害慰謝料

文書料

後遺障害逸失利益

 
加害者が加入している保険会社の担当者が「妥当である」と判断した場合、被害者の状況に合わせて金額が算出され、これらのお金が支払われることになります。
参考:むちうちの慰謝料相場は基準と等級で変わる
 

むちうちの後遺障害慰謝料が増額する可能性が高い

むちうち症で獲得しやすいのが後遺障害14級になりますが、自賠責基準と裁判基準の後遺障害で受け取れる慰謝料の相場に大きな違いが生まれます。むちうちの慰謝料を増額するなら、弁護士に依頼することを強く勧めている理由としてはこう言ったものがあります。
 
・自賠責基準=32万円
・裁判基準=110万円
(参考:『民事交通事故訴訟 損害賠償算定基準』(通称・赤い本))
 
このように、自賠責基準と弁護士基準では、約3.5倍も慰謝料の額に違いが出ることがわかると思います。
参考:後遺障害14級の認定を取るための条件と14級慰謝料の相場
 

むちうちの後遺障害で12級になった場合

もし後遺障害12級となった場合の自賠責基準及び弁護士基準の慰謝料は、下記のようになっています。
 
・自賠責基準=93万円
・裁判基準=290万円
(参考:『民事交通事故訴訟 損害賠償算定基準』(通称・赤い本))
 
後遺障害等級が12級になるだけで、裁判基準による後遺障害の慰謝料は100万円以上の差額がうまれます。 しかし、自賠責調査事務所が必要とする書類をキチンと提出することで、重度のむちうちは後遺障害12級を認めてもらえる可能性があるのです。
▶︎後遺障害等級12級の適切な慰謝料を獲得する7つの知識

 

むちうちの問題解決が得意な弁護士の選び方

弁護士なら誰でも良いというわけではありません。弁護士は法律問題の専門家ですが、弁護士の中でも交通事故を得意としている弁護士と、そうでない弁護士がいますので、「交通事故弁護士ナビ」で掲載しているような、むちうちが得意な弁護士の見分け方をご紹介していきます。
 

交通事故問題に対する知識が豊富なこと

交通事故には「過失割合」「症状固定」「事前認定」「休業損害」「後遺障害等級」「逸失利益」など、様々な専門用語と問題が生じます。このあたりの知識があるかを相談時に確認して依頼するかを決めるとよいでしょう。
 

交通事故の問題解決実績が多い

解決実績を多く有することも交通事故問題が得意な弁護士の条件と言って良いでしょう。若手でも交通事故案件の経験の多い弁護士の方が、全く経験のないベテラン弁護士より優れている可能性が高くなります。
 

わかりやすい説明じかどうか

相談に行ったときに説明がわかりやすい弁護士であるか確認しましょう。何にいくらかかるのか、損害賠償はいくらぐらい請求できるのか、自分が理解していないと納得の行く結果を得ることは難しくなります。
 

訴訟経験の有無

実際に訴訟を起こした経験はあるのかは必ず聞いておきましょう。解決に関する手続きの方針や、各解決策のメリットなどをわかりやすく教えてくれる弁護士を選ぶことが必要です。
 

弁護士に相談するタイミングはできるだけ早いタイミングがベスト

結論からお伝えすると『なるべく早いほうが良い』です。交通事故の示談において、最も注意していただきたいのは、保険会社との示談が成立してしまうと、弁護士が介入しても示談内容を変更することは非常に困難になることです。
 
そのため、交通事故の被害に遭われた方は例え治療中であっても、今後の適切な進め方を知るために弁護士へ相談されることを強くオススメします。

 

むちうちの後遺障害等級の獲得、保険会社との示談交渉、損害賠償金を適正に獲得するなら、むちうちに詳しい弁護士に相談しよう

むちうち被害に遭った場合の後遺障害等級の申請などは、加害者側の保険会社が行うのが通常ですが、「不備のある診断書」「細かい症状が記載されていない」などが起こり、「後遺障害等級が認められない」、あるいは「通常よりも低い等級認定」となってしまうケースがほとんどです。
 

また、保険会社も後遺障害にして多額の賠償金を支払いたくないという思惑から、後遺障害として認定される前に、被害者に対して示談を持ちかけてくるケースが多くあります。


もしあなたが、「むちうちの後遺障害等級を獲得したい」「適正な等級なのか判断したい」「後遺障害慰謝料の増額をしたい」「何から始めればいいのかわからない」とお考えであれば、保険会社との示談交渉が進む前に「むちうち問題を得意とする専門の弁護士」へ相談をされる事をおすすめします。

 

 

むちうちが得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

関連するおすすめの記事

>>むち打ちの慰謝料相場と後遺障害等級を獲得する方法

むち打ちに該当する診断名や、慰謝料の相場、中でも重篤と認められる12級認定の条件などをご紹介します。

>>むちうちの症状や治療法|後遺障害等級の認定基準・申請方法を解説

むちうちの種類と症状、むちうちの治療方法とチェックリストを記載します。むちうちが後遺障害認定されるだけで損害賠償も大きく変わってきますのでそちらについても少し触れていきます。

>>後遺障害に詳しい弁護士に依頼するメリットと失敗しない選び方

後遺障害の問題を弁護士に依頼するメリットと、後遺障害の申請や等級獲得などを得意とする弁護士の選び方について解説していきます。

 

参照元一覧

日本弁護士連合会|市民のための弁護士報酬の目安

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

Tau_pc Haishall_pc Carnext_pc
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

むちうちの対処法に関する新着コラム

むちうちの対処法に関する人気のコラム


むちうちの対処法コラム一覧へ戻る