レアール法律事務所

 > 
 > 
 > 
レアール法律事務所
Office_info_2621
Office_info_2621 Office_info_2622 Office_info_2623
Icon_station 最寄駅:JR線・地下鉄日比谷線・つくばエクスプレス「秋葉原駅」,都営新宿線「岩本町駅」,JR線・都営浅草線「浅草橋駅」
Icon_location 東京都 千代田区神田佐久間河岸85番地 戝津BLDG(ザイツビル)4階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_detail_tel
0066-9682-94439
08時32分現在は営業時間外となります。
Webでお問い合わせのご利用をオススメします。
レアール法律事務所
※08時32分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
0066-9682-94439
メールで問合せする
事務所所在地
東京都千代田区神田佐久間河岸85番地 戝津BLDG(ザイツビル)4階

なぜ交通事故トラブルを弁護士に相談すべきなの?

弁護士が示談交渉に介入することによって、交通事故の賠償金を増額させることが可能です。保険会社から提示される賠償金は適正な金額よりも低く提示される場合がほとんどで、弁護士が間に入り交渉することで相手方との交渉ややりとりのストレスから解放されるだけでなく、賠償金を大幅に増額することも可能です。

当事務所は、スピーディーかつ丁寧に問題を解決いたします。また、誠心誠意かつ親身な対応をお約束し、精神面からのサポートもしっかりといたしますので、依頼者様は安心して治療に専念することができます。
 

レアール法律事務所の特徴

特徴①被害者側に特化

交通事故問題の被害者側からも加害者側からも事件を受けているという法律事務所は意外に多く存在しますが、当事務所では、加害者側からのご依頼は一切受けておらず、被害者側に特化しております。また、受任いただいた後は、基本的に、すべて弁護士とのやりとりになりますので、「今、依頼した弁護士は何をやっているのだろう」という不安を感じることもありません。
 

特徴②社会人経験も持つ弁護士が誠心誠意かつ親身に対応

当事務所の弁護士は、弁護士になる前、公務員や一般企業で勤めた経験のある者が多く、高いコミュニケーション能力を備えていると自負しております。一般的に弁護士というと「上から目線で怖そう」「お堅い感じで取っ付きにくい」というイメージを持たれている方も多くいらっしゃるかと思いますが、当事務所の弁護士はいい意味で弁護士のイメージとは違うという印象を持たれるでしょう。

しっかりとご依頼者様のお話に耳を傾け、メンタルケアも意識して、誠心誠意かつ親身に対応しております。また、社会人経験の際に培った交渉力を武器に、相手方の保険会社ともしっかり粘り強く交渉いたします。
 

特徴③日本交通法学会所属の専門性の高い弁護士

当事務所の弁護士は全員、日本交通法学会の会員です。そのため、交通事故問題における判例や裁判官を交えた集会などで最新の情報を得ており、それを武器に事件を適切に解決しております。また、事務所内でも定期的に交通事故問題に関する勉強会も開いております。
 

特徴④依頼者目線の費用体系

当事務所では、「相談料無料」「着手金無料」「報酬金は獲得した賠償金から後払いでOK」という費用体系で事件を引き受けております。また、「弁護士に依頼したら、弁護士費用を取られて損をしてしまうかもしれない」という不安を持たれている方でも、当事務所なら、弁護士に依頼をすることで依頼者の方が経済的な損をしないような費用設定をさせていただいておりますので、ご安心ください。
 

特徴⑤後遺障害案件の実績多数

当事務所では、これまで後遺障害案件を多数解決してきました。その中には、通常、賠償金増額が困難と言われているような難事件もありましたが、豊富な知識と弁護力で、見事、賠償金を増額させることができた案件もありました。

特殊な案件や、難しい案件、他事務所で断られてしまったような案件でも、当事務所であれば、解決・賠償金増額が可能な場合もありますので、まずは一度ご相談いただきたいと思います。もちろん、後遺障害だけでなく、むちうちの案件も多数実績がございますので、まずはお気軽にご相談ください。
 

当事務所の弁護士費用

相談料

初回無料!
 

着手金

無料!
 

報酬金

18万円+回収金額の10%
※回収金額からの後払いですので初期費用のご心配はありません。
 

事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-94439
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名 レアール法律事務所
弁護士 櫻田 真也
所属団体 東京弁護士会
住所 東京都 千代田区神田佐久間河岸85番地 戝津BLDG(ザイツビル)4階
最寄駅 JR線・地下鉄日比谷線・つくばエクスプレス「秋葉原駅」,都営新宿線「岩本町駅」,JR線・都営浅草線「浅草橋駅」
電話番号 0066-9682-94439  【通話料無料】
対応地域 全国
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:30〜19:00

営業時間備考 事前のご相談により,休日や夜間も対応させていただきます。
弁護士経歴 東京大学経済学部 卒業
千葉県庁 入庁
北海道大学法科大学院 卒業
千葉県庁 退庁
弁護士登録
【所属】
日本交通法学会
東京弁護士会 高齢者・障害者の権利に関する委員会
千葉県立こども病院利益相反委員会
東京商工会議所
【メディア掲載】
週刊女性「神技search」
初回相談料金体系 初回相談料 無料
事務所からのお知らせ 当事務所では交通事故専門サイトを公開しておりますので,是非,ご覧ください。
http://www.lear.jp/koutsujiko/
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-94439
メールで問合せする
アクセスマップ

Btn-map-large

交通事故Q&Aへの回答履歴 回答件数 7
相談日 2016.10.29 カテゴリ 損害賠償
Icon_q こんにちは。今年7月に右折待ち完全停止中に後ろから追突されました。相手10、当方0の過失です。当方妊娠9ヵ月(結婚しています。)で運転しており、後部座席には別居している実母が乗っておりました。最初は私も母も事故日同じ病院で診てもらい、母はレントゲンをとりましたが、私は妊娠中の為レントゲンをとりませんでした。2人とも頚椎捻挫、腰椎捻挫と診断されました。それ以降母は同じ病院に通い治療中、わたしは別の整形外科で妊娠中は温めてもらい、生まれてからは温めてもらう+電気治療をしてもらっています。腰も痛いですし、首のコリ?痛みがたまにあり、頭痛もします。徐々によくなってはきていますが、やはりまだ痛いです。少し前に(10/28現在)相手の保険会社から電話がかかってきまして、どういう状況か病院、整形外科に聞きたいから同意書を書いてほしいと言われ、送付してもらう予定です。それはいいとして、私は妊娠中だった為レントゲンをとっていませんし、先生からもなにもいわれることなく、そのまま治療しております。現在はこのような経過ですが、最初に治療は3ヶ月が目安といわれておりまして、3ヶ月たっているし、母も私もまだ痛いのでそのまま通いたいと思っていますがいつ示談にもっていかれるか心配です。母は腕も痛くて上がらない状態でしたが、すこしずつよくなってきてますが、まだ上がりにくいみたいです。もし、示談に持っていかれたら弁護士さんに相談できたらと思っておりますが、私は弁護士特約に加入しているのでつかえたとしても、別居中の母は特約を使えるのでしょうか?だいたいどれくらい通えるものなのでしょうか?
ちなみに相手も同じ保険会社です。

長々と申し訳ありません。
Icon_a
弁護士費用特約について
まずは,交通事故被害にお見舞い申し上げます。

”別居”のお母様にご自身が加入している弁護士費用特約が適用されるかどうかですが,加入保険の内容次第です。
例えば,適用範囲に,自身の契約者に搭乗中の者も含まれていれば,適用されることになると思います。
ですので,まずは,弁護士費用特約の内容(適用範囲)を確認されるのがよろしいかと思います。

本件ですと,ムチウチの症状のように考えられますが,ムチウチの場合,一般的には,3ヶ月で治療打切りを告げられることもあります。
ただ,治療の経過は人それぞれですので,症状が続いていれば,通院はすべきです。そして,医師には,きちんと症状を伝えた上で,その指示に従った治療は継続すべきかと思います。あとは,保険会社との交渉次第でしょう。

現状も含めて,今後の示談交渉等にご不安があれば,まずは,弁護士に相談されることをお勧めします。
相談日 2016.10.28 カテゴリ 損害賠償
Icon_q 任意保険未加入の加害者に損害賠償を請求したいと思ってます。
弁護士を頼みたいと思っているのですが、相手の保険が自賠責のみだと弁護を引き受けてくれないのでしょうか
ちなみに相手が100悪いので自分の入ってる保険会社では交渉できないと言われました
Icon_a
加害者が任意保険未加入の場合
弁護士法(弁護士会)との関係で,自分が無過失の場合(自分が加入している対人・対物賠償保険を使わない場合)は,自分が加入している保険会社は示談交渉をしてくれないと考えられます。
相手方が任意保険未加入(自賠責のみ)とのことですが,この場合でも,受任をする弁護士はいると思いますので,まずは,相談をされてみてはいかがでしょうか。
ご相談の前に,自分の受傷の程度・内容や,損害の内容(治療費・通院費,休業期間等)などをまとめておいた方がよいでしょう。
回答履歴をもっと見る