川崎パシフィック法律事務所

 > 
 > 
 > 
川崎パシフィック法律事務所
【着手金・相談料0円】川崎駅より徒歩1分
Office_info_31
Office_info_31 Office_info_32 Office_info_33
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
Icon_station 最寄駅:JR川崎駅東口、京急川崎駅 徒歩1分
Icon_location 神奈川県 川崎市川崎区駅前本町11-1  パシフィックマークス川崎6F
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
弁護士費用特約について 

弁護士費用特約とは、交通事故問題の弁護士費用を立て替えてもらえる任意保険会社が提供する保険サービスです。
弁護士費用特約が利用できる状況であれば、ご自身で弁護士費用を全額負担する必要はございません。

ご自身または同居する家族の任意保険に弁護士費用特約が付属していれば、弁護士費用に対する保障をご利用いただけます。弁護士費用特約の利用にはデメリットはないので、もしご契約している場合は依頼をされてみてはいかがでしょうか。

Office_tel
08時14分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-0609

【『平和・平穏な暮らしを取り戻すために』~川崎パシフィック法律事務所が選ばれる理由~】

 地域で一番相談しやすい事務所を目指し、遠方からでもアクセスしやすい場所である川崎駅東口駅徒歩1分の場所に事務所を構えております。安心出来る4名の弁護士がお客様の問題を解決すべく、お話を親身に丁寧に伺います。

 被害に遭われてしまった方の負担を軽減しながら、最適な解決へと導きます。初回相談無料もやっておりますので、お気軽にお立ち寄りいただければ幸いです。

 当事務所は、口コミやリピーターの方が多いです。当事務所で解決された方が、別件で相談しにいらっしゃる場合もあれば、解決した方からのご紹介で、別の方がご相談に来られるケースも多々あります。

 事前にご予約をいただければ、土日祝の面談も可能です。

【交通事故のご相談はお早目に!】

 交通事故の場合は、早急に弁護士へ相談することが特に重要です。事故直後からの治療経過によって損害賠償金額が大きく変わってしまうことがあります。

 また、加害者側の保険会社との交渉は、被害者側に不利な条件のもとで進むのが通例であります。理由として、保険会社は裁判所基準ではなく、裁判所基準より安い社内基準に沿った賠償額を提示しているのです。

 交通事故は、より早く正確な情報を入手することで、有利な解決を導くことができます。

【任意保険の弁護士費用特約をご確認ください。自己負担0円になる可能性がございます】

 被害者ご本人様又はそのご家族の加入している任意保険に、弁護士費用特約が付帯されているかをご確認ください。

 多くの弁護士費用特約では、300万円までの弁護士費用等を保険にて支払ってもらうことができます。また、川崎パシフィック法律事務所では初回無料相談を行っているので、自己負担0円にて、交渉や裁判の委任、法律相談が可能な場合がございます。

【豊富な解決事例による川崎パシフィック法律事務所の自信】

①相手側保険会社の提示額を大幅に上回る解決をした事例

脊柱変形傷害の後遺障害を含むケガに。相手側保険会社の提示額が妥当かわからず。

【相談後】後遺症による逸失利益が争点になり、相手側保険会社の提示額を大幅に上回る金額で解決。

②顔面の損傷で、当初は認められなかった後遺症の逸失利益が覆った事例

男性の顔面の損傷にて、外貌醜状での後遺症が認定されたものの、保険会社は逸失利益を認めず。

【相談後】男性であっても、後遺症逸失利益の支払いを受ける事で解決。

③専業主婦が休業補償を認められた事例

追突事故後、頸椎捻挫にて1年ほど病院通いに。保険会社から慰謝料等の提示はあるが、休業補償の有無が争点に。

【相談後】日々の家事への影響を確認し、通院期間に応じた休業補償の取得に。

④弁護士にいつ依頼すべきかが不明な方の事例

交通事故後、加害者の保険会社から何度も連絡を受け、わからないことが多々ある状況に。

【相談後】弁護士費用特約を利用後、早期に弁護士に依頼。事故に遭遇し怪我を負いながら警察や保険会社の対応をしなければならない負担から解放。

⑤自動二輪車の買替諸費用が認められた事例

交通事故で自動二輪車が全損。保険会社より車両時価額やレンタカー代金については支払うが、車両を買い換えるときにかかる買替諸費用については支払えないと主張。

【相談後】替諸費用を加えた金額についての和解案が提示される結果に。

⑥後遺障害の非該当認定に対する異議申立てが奏功した事例

1年前の事故による後遺症の申請にて「非該当」とされ、納得できず。

【相談後】異議申立てを行い、後遺障害10級が認定。

⑦寝たきりになった被害者の将来の介護費の補償を受けた事例

事故にて家族がほぼ寝たきりの状況に。

【相談後】自賠責保険金請求をした上で訴訟提起をし、将来の治療費や介護費用を含めた金額の獲得に。

事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。
Office_tel
08時14分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-0609
弁護士事務所情報
事務所名 川崎パシフィック法律事務所
弁護士 種村 求、岩永 和大、齋藤 毅、大川 雄矢
所属団体 神奈川県弁護士会
住所 神奈川県 川崎市川崎区駅前本町11-1  パシフィックマークス川崎6F
最寄駅 JR川崎駅東口、京急川崎駅 徒歩1分
電話番号 0066-97356-0609  【通話料無料】
対応地域 埼玉県  千葉県  神奈川県 
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:00〜20:00

営業時間備考 定休日・夜間でも、ご予約いただければ相談可能です。
弁護士経歴 種村 求/経歴
平成10年 京都大学法学部卒業
平成15年 司法試験合格
平成17年 弁護士登録(58期/川崎総合法律事務所 勤務)
平成23年 川崎パシフィック法律事務所 開設
【神奈川県弁護士会 主な会務活動】
弁護士会副会長(平成28年度)
民事介入暴力対策委員会委員
法教育委員会副委員長
民事裁判手続運用委員会委員
裁判官評価検討・弁護士任官推進委員会副委員長他
【関東弁護士会連合会】
民事介入暴力対策委員会副委員長

岩永和大/経歴
平成13年 中央大学法学部法律学科卒業
平成21年 駒澤大学法科大学院卒業
平成22年 新司法試験合格(新64期)
平成23年 弁護士登録

齋藤 毅/経歴
平成18年 成城大学法学部法律学科卒業
平成22年 駒澤大学法科大学院卒業
平成24年 新司法試験合格(新66期)
平成25年 弁護士登録

大川 雄矢/経歴
平成21年 早稲田大学法学部卒業
平成25年 早稲田大学大学院法務研究家修了
平成26年 司法試験合格(68期)
平成28年 弁護士登録(旭川弁護士会)
平成29年 弁護士登録(登録換え/神奈川県弁護士会)
初回相談料金体系 初回法律相談は無料です。
アクセスマップ

Btn-map-large
Office_tel
08時14分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-0609