弁護士法人 村上・新村法律事務所

 > 
 > 
 > 
弁護士法人 村上・新村法律事務所
Office_info_3261
Office_info_3261 Office_info_3262 Office_info_3263
Icon_station 最寄駅:地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅より徒歩5分
Icon_location 大阪府 大阪市北区西天満5-16-15 エフワンビル4階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_detail_tel
0066-9682-97805
15時09分現在、営業時間内です。
弁護士法人 村上・新村法律事務所
15時09分現在、営業時間内です。
電話で問合せする
0066-9682-97805
メールで問合せする
事務所所在地
大阪府大阪市北区西天満5-16-15エフワンビル4階

【賠償金増額の実績多数!】

保険会社から提示される示談金が適正であるとは限らない、ということをご存知でしょうか。本来もらえる金額より低く提示されてしまうことがあり、気が付かないうちに適正金額より低い金額で示談に応じてしまうことが多々あります。当事務所では交通事故問題に力を入れており、これまで多数の事件において賠償金の増額を行ってまいりました。まずは保険会社から提示された金額が適正かどうか、弊所までご相談ください。

【事故直後からの丁寧なサポート】

交通事故に遭ってしまった際、医療機関で治療を受ける場合がありますが、このときに必要な検査や治療を受けなければ適切な後遺障害の等級が認定されなくなってしまうおそれがあります。当事務所にお任せいただければ適切な治療の受け方までアドバイスさせていただけますので治療から法的な交渉までトータルでサポートいたします。

【安心の料金体系】

当事務所ではご依頼者さまに安心してご相談していただくため初回の相談料を無料で受け付けております。「保険会社から提示された示談金・過失割合に納得がいかない」というお悩みでもお気軽にご相談ください。また、ご依頼いただいた場合も着手金無料で受け付けておりますので弁護士費用が不安な方もご安心ください。また、事前にご予約いただければ夜間や土日のご相談にもご対応させていただけますのでお仕事などでお忙しい方でもお気軽にお越しください。

事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-97805
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名 弁護士法人 村上・新村法律事務所
弁護士 村上 博一
所属団体 大阪弁護士会
住所 大阪府 大阪市北区西天満5-16-15 エフワンビル4階
最寄駅 地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅より徒歩5分
電話番号 0066-9682-97805  【通話料無料】
対応地域 全国
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:00〜17:30

営業時間備考 事前にご予約いただければ、夜間、休日のご相談にも対応可能でございます。
弁護士経歴 ■学歴
関西学院大学法学部卒業
関西学院大学大学院法学研究科前期課程卒業

■職歴
平成09年04月 大阪弁護士会登録上原綜合法律事務所入所
平成16年04月 関西学院大学大学院司法研究科(法科大学院)
助教授(平成20年04月以降、同教授)
平成18年09月 村上綜合法律事務所(現村上・新村法律事務所)開設
初回相談料金体系 初回相談料無料
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-97805
メールで問合せする
アクセスマップ

Btn-map-large

交通事故Q&Aへの回答履歴 回答件数 1
相談日 2017.1.19 カテゴリ 損害賠償
Icon_q 後ろから追突され、整形外科に行き診断書をもらいました。その際、レントゲンを取っただけで、触診もせずと言う対応であったため、整骨院にかかってもいいですか医者に問うと、『とめる理由はありません』とのことで整骨院にかかりました。その旨保険会社に連絡すると、慰謝からの指示がないと治療費を出さない、とのこと。自分のかかっている保険会社に連絡すると、自社では診断書があれば請求に応じるということで、保険会社によって対応が違い、困っています。保険会社の担当者も高圧的で、このまま泣き寝入りする感じになるのは腹立たしく、相談いたしました。
Icon_a
整骨院での治療も認められることはあります。
 はじめまして、弁護士法人村上新村法律事務所の忠政と申します。
 ご質問の件について、原則として整骨院での治療費については、医師の指示があることが望ましいのはそのとおりです。
 ただし、ご質問のように、医師が整骨院での治療を禁止しているのでなければ、整骨院での治療も症状の緩和、改善に必要なものとして認められる場合があります。
 実際、私どもが扱った案件でも、自賠責請求や裁判上の請求において医師の明示の指示が無い場合であっても、整骨院の治療費が損害として認められている例も複数ありますので、進展がなければ早めに、弁護士に相談されることをお勧めします。