浅川綜合法律事務所

 > 
 > 
 > 
浅川綜合法律事務所
Office_info_421
Office_info_421 Office_info_422 Office_info_423
Icon_station 最寄駅:内幸町駅、虎ノ門駅、霞ヶ関駅より徒歩4分。新橋駅より徒歩7分。
Icon_location 東京都 港区西新橋1-6-12 アイオス虎ノ門6階(受付2階)
Icon_calender 定休日: 日曜  祝日 
Office_detail_tel
0066-9682-91586
10時01分現在、営業時間内です。
交渉相手となる保険会社は交渉のプロであり、言うとおりに話を進めてしまうと裁判基準で認められる賠償金額よりもはるかに低い自賠責基準の金額で決着してしまう場合があります。当事務所では、大手損害保険会社の顧問を務めた交通事故専門弁護士が、皆様の交通事故の相談にあたっています。交通事故の損害賠償、後遺障害認定等でお悩み方は、是非一度、お気軽にご相談ください。
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。
弁護士事務所情報
事務所名 浅川綜合法律事務所
弁護士 浅川 有三
所属団体 東京弁護士会
住所 東京都 港区西新橋1-6-12 アイオス虎ノ門6階(受付2階)
最寄駅 内幸町駅、虎ノ門駅、霞ヶ関駅より徒歩4分。新橋駅より徒歩7分。
電話番号 0066-9682-91586  【通話料無料】
対応地域 全国
定休日 日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:30〜18:30

土曜 :10:00〜18:00

営業時間備考 事前にご相談いただければ夜間および休日の相談にもできる限り対応いたします。
弁護士経歴 1997年4月  慶應義塾大学経済学部入学
2001年4月  (有)アンフィニ設立
2009年11月 司法試験合格
2011年9月~2011年12月 衆議院議員政策担当秘書
2011年12月~2014年1月 小出剛司法律事務所
2014年2月~ 弁護士法人おおたか総合法律事務所
2015年1月~ 浅川綜合法律事務所開設
初回相談料金体系 初回相談料は無料です。
アクセスマップ

Btn-map-large

交通事故Q&Aへの回答履歴 回答件数 7
相談日 2015.4.20 カテゴリ 人身事故
Icon_q 人身事故損害賠償金の内容に納得出来ません
雨の降る夜に、自転車を押して歩行中
穴にはまって顔面骨折する怪我をしました
水道局の工事で道路に開けられた穴が、仮復旧されていたんですが、その仮復旧がちゃんとしていなくてアスファルトがえぐれて穴になっていたそうです。

上顎を骨折した時に神経を傷つけてしまったみたいで顔が痺れていて
医師からはもう治らないと言われました
入院日数2日 通院日数223日
実通院数11日 総治療期間231日
逸失利益136万円
事故直近の総年収✖️労働能力喪失率5%✖️
労働能力喪失機関7年ライプニッツ係数5.786

慰謝料40万円 弊社支払い基準による
となっています
道路の穴には看板やカラーコーンの囲いなどはありませんでした。
後遺症逸失利益と慰謝料で176万円は妥当でしょうか?
あと過失相殺額25%というのも納得できません
Icon_a
人身事故損害賠償金について
こたパパ様

初めまして、弁護士の浅川と申します。
事故により後遺障害が残ってしまったとのこと、御心痛の段、ご推察申し上げます。

さて、相手方からの提示額についてですが、具体的な金額については、治療経過等によっても変わってくるため、現段階でははっきりとした金額は申し上げにくいのですが、現状の提示額は、相当低いものといわざるを得ません。
この点については、後遺障害の内容や、診断書等を見せていただければ、具体的な金額をお伝えできると思います。

次に、過失についてですが、こちらも、具体的な事故現場状況等によって変わってきますが、交渉によって変更させる余地は十分にあると思われます。

いずれにしましても、本件は、専門家に相談することを強くオススメする事案であると思われます。
相談日 2015.3.8 カテゴリ 示談
Icon_q 先日事故に遭いました。
配送中の事故です。

私は直進で相手は一時停止のある交差点でした。

私は相手が一時停止しないで走行して来るかもしれないと思い30キロ位に減速し走行しました。
相手が一時停止したのでそのまま走行しましたが通過したと思ったら運転席の後ろ真ん中より少し後ろに追突され、そのまま車が横転してしまいました。
相手はそのまま走行して民家の庭先に追突したみたいです。
私は車が横転して車から出られず周りの人に救出してもらい救急車で運ばれましたが、骨等に異常はありませんでしたが翌日身体中が痛く起きれませんでした。

警察の事情聴取で相手の方は減点、罰金があるみたいでしたが私は何もないようでした。

今回の事故で私の方の保険会社の方は話し合いにはでてこないらしく、私と相手の保険会社の方と話し合いをしなくてはなりません。

どう話し合いをしていいのか悩んでます。
Icon_a
保険会社との話し合いについて
配送中に事故に遭ってしまったとのこと、御心痛の段、ご推察申し上げます。

さて、あねさま側の保険会社が話し合いに出てこないとのことで、大変ご不安な思いをされているかと思われます。
事故状況について詳しくお聞きしているわけではないので、推察になってしまいますが、保険会社が出てこないと言うことは、おそらく、当事者双方で、あね様側の過失が0であるとの判断がなされているのだと思われます。
自動車保険は、相手方の損害を賠償するための保険であるため、こちら側の過失が0で相手方の損害を賠償する必要がない場合、保険を使うことができません。
従いまして、基本的にあね様がご本人で交渉をしなければなりませんが、仮に、話し合いの中で、相手方がこちら側の過失を主張しだした場合には、早期に保険会社にそのことを伝え、交渉を代わってもらうのがいいでしょう。

また、今回は配送中の事故と言うことで、おそらくあね様が加入する保険だけでなく、会社が加入する保険も使用することができると思われます。
そのため、どちらかに弁護士特約保険が付されている可能性がございますので、まずは、弁護士特約が使えるかどうか、確認してもらえればと思います。
仮に弁護士特約がない場合であっても、相談を無料で行っている弁護士(当方も含め)は多いと思われますので、弁護士委任の要否も含め、ご相談されるのが良いかと思われます。
回答履歴をもっと見る