交通事故相談Q&A

 > 
 > 
慰謝料
交通事故相談Q&A
カテゴリ 慰謝料

慰謝料

10対0の追突事故で頸椎捻挫・腰椎捻挫です
治療日数150日、通院日数60日で打ち切りになりました。
書類は後日に届くのですが、電話にて示談金504000円の連絡が
ありました。100%完治では無く仕事にも若干の支障がありますが
症状固定で打ち切りは、仕方ないかと思ってます。

示談金のこの金額は妥当なのでしょうか?
保険会社に、もう少しなんとかならないかと聞きましたが
この金額は、妥当で誰に聞いてもらっても納得される金額です
とのことでした。
このまま納得してもいいのか、弁護士さんに依頼した方が良いのか
迷ってます。
ご回答の程、宜しくお願いします。

回答件数 4
相談日 2017.6.2   相談者 kouさん

回答いたします|弁護士法人勝浦総合法律事務所【東京オフィス】

個別相談受付中
Office_info_1641
弁護士法人勝浦総合法律事務所【東京オフィス】 (東京都)
0066-9682-97710

頸椎捻挫・腰椎捻挫で、治療日数150日、通院日数60日ということであれば、裁判所での基準ですと、
慰謝料は79万円ほどとなろうかと思います。
(休業損害があれば、その分も増額できるかも知れません。)
ですので、「誰に聞いてもらっても納得される金額」という説明は不適切だと思います。

裁判所の基準まで上げようとするならば弁護士に依頼された方がよいと思います。

もし、弁護士特約を付けていらっしゃるのであれば、自己負担はありませんので、
弁護士に依頼されてはいかがでしょうか。

弁護士特約を付けていらっしゃらない場合は、この増額幅ですと受けてくれる弁護士は
限られてしまうかも知れません。
もし、当事務所がご依頼いただくとすれば、初期費用は0円として、増額分の4割ほどをいただくような条件となります。
そのくらいの条件(かもっと安く)で受けてくれる事務所がお近くにないか、探されてはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

弁護士法人勝浦総合法律事務所
東京オフィス・大阪オフィス


回答いたします|弁護士 松畑 靖朗 (東京桜橋法律事務所)

個別相談受付中
Office_info_3461
弁護士 松畑 靖朗 (東京桜橋法律事務所) (東京都)
0066-9682-96113

初めまして。弁護士の松畑靖朗(まつはたせいろう)と申します。
治療日数150日、通院日数60日の入通院慰謝料額は、いわゆる赤い本基準(裁判基準)別表Ⅱでおよそ79万円になります。
増額の方法は、弁護士に依頼する方法の他、いわゆるADRを利用する方法などもあります。
一度、弁護士の相談を受けることも検討してみたら如何でしょうか。


回答いたします|弁護士法人 みお綜合法律事務所(初回相談・着手金無料)

個別相談受付中
Office_info_3071
弁護士法人 みお綜合法律事務所(初回相談・着手金無料) (大阪府)
0066-9682-90800

記載いただいたお怪我の状況・通院期間・通院日数からすると、弁護士が交渉すると最大72万円程度の慰謝料になると思われます(大阪地裁の基準の場合)。
一定の増額は見込めますので、ご相談いただくメリットはあると思います。

弁護士法人みお綜合法律事務所 弁護士羽賀倫樹


回答いたします|有田・權野法律事務所

個別相談受付中
Office_info_3501
有田・權野法律事務所 (大阪府)
0066-9682-94603

ご記載の内容ですと、一般的には慰謝料は72万円程度になるかと思われます。
また、仕事に支障があるとのことですが、後遺障害認定の申請は行われていますでしょうか。

いずれに致しましても、弁護士にご相談頂いた方が良いと思われます。


この質問と同じカテゴリの質問一覧を見る

慰謝料

交通事故Q&A一覧へ戻る