<愛知> 交通事故の弁護士「比較サイト」で選べる

 > 
 > 
愛知県
49件 | 愛知県 交通事故が得意な弁護士 (4649件)
Icon_station 最寄駅:東京メトロ日比谷線 神谷町駅から徒歩1分、都営地下鉄三田線 御成門駅から徒歩8分
Icon_location 東京都 港区虎ノ門四丁目2番4号 クレッセント虎ノ門6階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Icon_station 最寄駅:新橋駅から徒歩5分
Icon_location 東京都 港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階
Icon_calender 定休日: 無休
Icon_station 最寄駅:大和駅
Icon_location 神奈川県 大和市大和東2丁目2−3 ライオンズビル大和 3F
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Icon_station 最寄駅:津山駅
Icon_location 岡山県 津山市椿高下 45-2
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
49件 | 愛知県 交通事故が得意な弁護士 (4649件)
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

愛知県の交通事故発生件数(平成26年時点)

愛知県の平成26年の事故発生件数は46,131件、死傷者は57,387人と、交通事故の発生件数、死負傷者ともに全国ワースト1位なのが愛知県の交通事故の特徴です。月別に見ると特に12月と1月が多く発生しており、そのうち43.3%がシートベルト未着用とのこと。事故発生地域を見てみると、名古屋地区、西尾張地区が多く、高速道路でも死亡事故においてもこれもシートベルトの未着用との関係が見受けられ、運転手自身の意識の低さが問題となっているようです。

飲酒運転の死亡事故発生状況は、平成25年には17件だったものが平成26年には8件まで減少しているものの、歩行者妨害等、一時不停止などの件数は約60%も上昇が見られます。

地域別で見た交通事故発生件数の多い地域は1位が西三河、2位に東三河、3位に名古屋が続き、人の集中する中心街や県庁所在地付近で起きる死亡事故が多いといえます。加害者と被害者によるトラブルは多くはありませんが、保険会社とのやりとりで発生する事件はまだ多く、日中の事故と市町村街道での事故が最多であることからも、愛知県で交通事故にあった際は交通事故の専門弁護士に相談することをおすすめしています。

愛知県の交通事故死者数は11年連続ワースト1位

平成26年の交通事故発生件数は46,131件、平成25年の49,651件から比べれば驚くべき減少率ですが、以前全国ではもっとも多い堂々の第1位、しかも、交通事故の死亡者数は11年連続で全国ワースト1という状況が続いています。

また、負傷者数も平成25年では61,576人で全国で最多(26年では57,387人)となっています。推移で見た場合、死傷事故件数は平成20年の52,954件から平成24年には49,651件になり、3,303件の減少。また、死亡者も平成20年で318人もいたのが、わずか4年で235人と約26%も減少しています。

死傷者全体の数自体は順調に減少の傾向にあり、愛知県警の交通安全対策の結果だといえますが、それでもワースト2位の大阪との間には5,000件以上の差がある事は確かです。

愛知県の死亡事故の原因

死亡事故の特徴としては、全体の60.3%を高齢者が占めているという高い高齢者割合があげられます。平成26年の愛知県下での死亡者数204人のうち歩行者が84人、自転車が37人と全体の6割強。特に70代の犠牲者が多いのが目だっています。一方で、死亡事故原因にシートベルトの非着用が43.2%を占めているのも大きな特徴です。犠牲者の中では助手席側の割合が約80%と高く、今後の対策が求められます。

高齢者事故は自宅から1km以内が80%以上

原付以上の事故は、過去10年間で緩やかな減少傾向にあります。しかし、交通事故全死亡者のうち、高齢者が占める割合は58.2%とかなり高くなっており、しかも前年より増えているのが現状です。

また、歩行中や自転車事故のうち、約8割が自宅から1km以内で起こったという調査結果も出ています。愛知県警が調べたところ、夜間に事故に遭った高齢者は、全員が反射材などを身につけていないという報告もあります。

死亡事故発生地域トップは西三河、2位に東三河

平成26年の愛知県警察の資料によれば、愛知県で最も負傷者を出した場所は「西三河:51件」と「東三河:32件」で、この2都市に関しては前年の交通事故件数が増加をした地域でもあります。

交通事故の弁護士対応地域|愛知県

千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区・豊橋市・岡崎市・一宮市・瀬戸市・半田市・春日井市・豊川市・津島市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・犬山市・常滑市・江南市・小牧市・稲沢市・新城市・東海市・大府市・知多市・知立市・尾張旭市・高浜市・岩倉市・豊明市・日進市・田原市・愛西市・清須市・北・弥富市・みよし市・あま市・長久手市・東郷町・豊山町・大口町・扶桑町・大治町・蟹江町・飛島村・阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町・幸田町・設楽町・東栄町・豊根村

裁判となった場合、自分を弁護してくれるのは弁護士しか居ません。愛知県の交通事故裁判は、交通事故専門の弁護士に任せるべきでしょう。

弁護士費用特約の加入率と利用率

平成25年に発表された弁護士白書では、弁護士費用特約の加入者は2,091万人だそうです。これはこの10年あまりで22倍になった計算になります。(平成17年:93万人)弁護士費用特約自体は、ほぼすべての自動車運転手に付帯されている計算なります。さらに、平成22年に発表された利用件数は約8,200件で、実際の特約利用者はわずか0.05%に留まっています。

主な理由として、「弁護士費用特約をそもそも知らない」「知っているが利用していない」「当事者間で解決できている」などが考えられます。実際、当事者間で納得の行く解決であれば問題はないのですが、そうでない場合は特約をつかった弁護士の利用を強くおすすめしています。

愛知県で交通事故が得意な弁護士をお探しの方へ

愛知県で交通事故のトラブルに巻き込まれてしまったら、愛知県に法律事務所を構える弁護士か、全国で交通事故問題に対応できる弁護士に相談してみると良いでしょう。示談交渉や後遺障害等級の獲得、損害賠償や慰謝料などの増額がスムーズに進み、被害者の望む結果を獲得できることは間違いありません。

電話相談・メール相談などの相談料は無料ですので、まずはあなたが抱えているお悩みを相談してみてください。