栃木で交通事故トラブルが得意な弁護士一覧

栃木県で交通事故が得意な弁護士が 105 件 見つかりました。 栃木県で交通事故にお悩みの方は、電話・メールにて法律事務所へご相談ください。
地域を絞り込む
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。

105件の弁護士が該当しました

▼ さらに条件を指定する

  • 電話相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 通院・治療中の相談可
最寄駅 全国対応しております。
定休日 無休 営業時間

平日:00:00〜24:00

土曜:00:00〜24:00

日曜:00:00〜24:00

祝日:00:00〜24:00

【事故被害者の方】【土日・夜間もOK!】【着手金0円・完全成功報酬】事故直後のご相談OK!無料のご相談で、賠償額の適正診断・今後の流れ等をご説明させていただきます。
お問合せはコチラから
ただいま営業中
050-5228-2834
受付時間 : 00:00〜24:00
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 物損事故の相談不可
住所 栃木県宇都宮市駅前通り1-4-6トナリエ宇都宮3F
最寄駅 JR「宇都宮駅」西口より徒歩1分
定休日 - 営業時間

平日:09:00〜22:00

土曜:09:00〜22:00

日曜:09:00〜22:00

祝日:09:00〜22:00

【事故被害者の方は何度でも相談無料!初期費用0円!土日祝対応】アディーレは,相談実績4万3千人以上,安心の全国対応。適正な賠償金獲得に向け保険会社との示談交渉や後遺障害等級認定などをサポート
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-2677
受付時間 : 09:00〜22:00
栃木県
宇都宮市
営業時間外
  • 電話相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 休日の相談可能
  • 通院・治療中の相談可
住所 栃木県宇都宮市城東1-3-20
最寄駅 宇都宮駅東口より車で10分 専用の駐車場をご用意しております。
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜21:00

【平日21時までご相談可能】【初回相談0円】保険会社からの賠償金に納得できない、適切な示談金を知りたい…。など、弁護士が間に挟まり交渉を行うことで、あなたにとって最適な結果となるかもしれません。
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-2738
受付時間 : 〜
栃木県
宇都宮市
営業時間外
  • 電話相談可能
住所 栃木県宇都宮市大通り4丁目1−18 宇都宮大同生命ビル9F
最寄駅 【JR『宇都宮駅』西口より徒歩5分】
定休日 無休 営業時間

平日:09:30〜20:00

土曜:09:30〜18:30

日曜:09:30〜18:30

祝日:09:30〜18:30

【最短30分!賠償金額無料診断】【相談無料・着手金0円】【交通事故の相談件数64,461件】交通事故事件の経験豊富な弁護士とスタッフが、交通事故被害に遭われた方を全面サポートいたします。
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-2664
受付時間 : 09:30〜18:30
栃木県
宇都宮市
営業時間外
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
住所 栃木県宇都宮市中央一丁目1番1号宇都宮アクシスビル3階
最寄駅 東武宇都宮駅 東口より徒歩3分
定休日 無休 営業時間

平日:9:30〜21:00

土曜:9:30〜18:00

日曜:9:30〜18:00

祝日:9:30〜18:00

相談料初回60分無料、着手金0円"交通事故相談件数73,733件の実績"治療費交渉/示談までサポート※弁護士費用特約利用の場合は、特約から相談料・着手金を頂戴しますので、お客様のご負担はございません。
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-2800
受付時間 : 9:30〜18:00
栃木県のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
105件 | 栃木県 交通事故が得意な弁護士 (130件)
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

栃木県に掲載している弁護士の解決事例

栃木県に掲載している弁護士の解決事例をいくつか紹介します。詳しい解決事例は「解決事例」よりご確認ください。

後遺障害非該当から14級を獲得し賠償額も355万円に増額されたケース

 

事故状況

車×人

後遺障害等級

なし→14級

慰謝料

約84万円→約355万円

横断歩道を通行中、自動車に衝突された事故です。保険会社は事前認定で後遺障害非該当と判断し、それを踏まえて賠償額を提示しました。被害者は、後遺障害に該当しないのか、提示金額が妥当なのか疑問であったため、弁護士に相談。
 
提示された損害額のうち、慰謝料は裁判基準に比べかなり低く、休業損害も被害者の日常に与えた影響に対し低額でした。
 
そこで改めて自賠責に対して被害者請求を行い、入念な準備のもと後遺障害申請を行い、休業損害については被害者の家庭状況、及び治療経過を踏まえた主張を行いました。
 
その結果、当初の後遺障害非該当の認定は覆り、14級の認定がされ、損害賠償約355万円を受け取ることができました。
 

車同士の衝突事故で賠償額が250万円から1,200万円に増額したケース

事故状況

車×車

後遺障害等級

12

慰謝料

約250万円→約1,200万円

赤信号停車中、車両に追突されTFCCを損傷した事故です。半年以上治療を続けたものの症状が改善されず、後遺障害12級と認定されました。
その後、保険会社から賠償額が提示されましたが、この金額が妥当かどうか不安になったため弁護士に相談。提示金額を確認したところ、裁判基準と比べて低く、特に慰謝料が自賠責基準で計算した最低限度の金額しか提示されませんでした。
 
そこで、直ちに裁判基準に基づいて損害賠償請求を行いました。慰謝料は増額したものの、保険会社は事故による減収が認められないとして、逸失利益の支払いを全額否定 するとの返答。
 
しかし、被害者の業務に支障が出ていること、事故後配置転換され、そのことにより収入が減少していることなどを主張した結果、逸失利益も認められ、既払金を除いて約1,200万円で示談が成立しました。
 

トラックの追突事故で賠償額が3,500万円に増加したケース

事故状況

車×自転車

後遺障害等級

6級

慰謝料

約2.500万円→約3,500万円

自転車走行中に後ろからトラックに衝突された事故です。高次脳機能障害と腎臓障害等の後遺障害から6級が認定、保険会社から賠償額が提示されましたが適正さに疑問を感じたため弁護士へ相談しました。保険会社から提示された金額は、弁護士基準をと比べるとかなり低いものでした。
 
そのため、過去の判例を踏まえて、再計算し適切と考えられる賠償額を請求しました。
 
最終的に、1,000万円の増額に成功し、合計約3,500万円の損害賠償を受け取りました。

栃木県の弁護士へ相談する流れ

弁護士への相談を決めた方は、まず地域と相談したい内容から自分の都合にピッタリな弁護士を探しましょう。
 
どのような基準で弁護士を選べばいいのかわからない人は、まず弁護士の対応日時と地域から、無理なく相談できそうかで判断してみてください。例えば、仕事で18時以降にしか相談できない、休日にしか相談できない人は、19時以降も対応してくれる事務所土日祝日対応可能な事務所への相談がおすすめです。
 
事務所が決まったら、電話もしくはメールで弁護士に現在状況やどうしたいのかについて簡単に説明します。説明時で必ず以下の5つは伝えるようにしましょう。
 
  1. 加害者か被害者か
  2. 怪我の程度(後遺障害が残っているか)
  3. 現在の状況(通院中・保険会社と示談している)
  4. 何を希望するか(提示された金額が妥当なのか知りたい、損害賠償に納得できない など)
  5. 弁護士費用特約に加入しているか
上記5つは、弁護士が受任できるかどうかの判断基準にもなります。また、面談相談した時にもある程度事情を把握してもらっておくとスムーズな相談が可能です。
弁護士費用特約は、自分が加入していなくても以下の続柄の方が加入しているのであれば利用できます。
弁護士費用特約は、ご加入の任意保険に付帯しているオプションですので、自分が利用できるかわからない人は弁護士もしくは保険会社に確認しましょう。
 
面談日程が決まったら、実際に面談相談を行います。面談相談では、弁護士や事務所の雰囲気を確認してください。
信頼できると思った場合はそのまま弁護士に依頼できますし、もし少しでも不安があるようであれば、相談のみにとどめ別の事務所に再度相談してみるのも可能です。
 
弁護士が契約を迫ることはありませんので、ご安心ください。
 

栃木県で弁護士を選ぶ際のポイント

弁護士を選ぶポイントは、主に以下の5つです。
 
弁護士へ相談し、最大限のメリットを受けるには「信用できるか」が重要です。実際に相談してみて少しでも不安があるようであれば、他の弁護士に相談した方が良いでしょう。
 

栃木県の交通事故の発生数・死亡者数(2019年統計)

栃木県の交通事故発生件数は年々減少傾向にあります。
過去5年間で約17件/日⇒約12件/日程度まで減少しました。
また、交通事故死亡者数も2016年から2017年にかけて増加したものの、再び減少傾向にあります。
過去5年間で約0.27件/日⇒約0.22件/日程度まで減少しました。
栃木県では65歳以上の交通事故死者数が多く、全体の約50%以上を占めています。

栃木県の交通事故の発生数・死亡者数は全国で何位?

栃木県における交通事故発生件数(2019年時点)は4,553件で全国第21位となっています。
また、交通事故死亡者数は82人で全国第14位となりました。

都道府県別事故発生件数ランキング

1位

大阪

30914

2位

愛知

30836

3位

東京

30467

4位

福岡

26936

5位

静岡

25102

.............

.............

.............

19

鹿児島

4,771

20

岡山

4,690

21

栃木

4,553

22

香川

4,537

23

山形

4,292

 

都道府県別事故死亡者数ランキング

1位

千葉

172

2位

愛知

156

3位

北海道

152

4位

兵庫

138

5位

東京

133

.............

.............

.............

12

新潟

93

13

岐阜

84

14

栃木

82

15

広島

75

15

岡山

75

 

栃木県で交通事故が多いのは宇都宮市

2019年の栃木県警察の統計によると宇都宮市が交通事故発生件数で1位となりました。
しかし、人口10万人当たりの発生件数でみると上三川町がワースト1位でした。宇都宮市は人口が519,227人と県内で1番多いため、必然的に事故が多く発生してしまいますが、人口がそれほど多くない地域でも事故が多発してしまうのは、たくさんの車両が早いスピードで走行する国道が通っていることが原因なのかもしれません。

地域別事故発生件数ランキング

1位

宇都宮市

1,474

2位

足利市

385

3位

小山市

382

4位

栃木市

336

5位

佐野市

330

6位

那須塩原市

233

7位

日光市

178

8位

鹿沼市

165

9位

下野市

143

10

真岡市

112

 

栃木県で事故の多い曜日や時間帯

栃木県で最も事故が多いのは金曜日です。翌日が休みであるため、帰宅時間が遅くなったり、夜遅くに運転したりする人もいるため、事故が多発しているのかもしれません。
また、昼夜別でみると昼間の発生件数が 多くなっています。日が差していて辺りは明るい状態であっても、事故が発生してしまうようです。
時間帯別では、15-18時が最も多くなっています。他の多くの都道府県では18-21時が最も交通事故が起きているのに対し、栃木県ではお昼から夕方にかけて多くなっているようです。

 

栃木県で「交通事故証明書」を発行してくれる場所

交通事故証明書は、事故の発生を公的に証明する書類で、保険金請求に必要です。郵便局・センター事務所窓口・公式HPから申請できます。
栃木県で交通事故証明書を発行してくれる場所は以下の通りです。

住所

〒322-0017
鹿沼市下石川681(栃木県警察本部運転免許センター内)

電話番号

0289-76-1411

栃木県で供述調書・実況見分調書を確認できる場所

過失割合や意見が食い違う場合は、供述調書や実況見分調書を確認しましょう。
栃木県で供述調書・実況見分調書を発行してくれる場所は以下の通りです。

宇都宮地方検察庁

住所

〒320-0036 
宇都宮市小幡2丁目1番11号 宇都宮法務総合庁舎

電話番号

028-621-2525(代表)
 
オンライン面談可能な
事務所を表示