<死亡事故> 交通事故の弁護士「比較サイト」で選べる

 > 
 > 
死亡事故
Hot-ranking-header
事務所名: TOMA弁護士法人
弁護士名:前岨 博
事務所名: 弁護士法人心 東京駅法律事務所
弁護士名:石井 浩一
事務所名: 稲葉元澤法律事務所
弁護士名:稲葉 治久(いなば はるひさ)
事務所名: 東京ステラ法律事務所
弁護士名:天野 仁
事務所名: 《立川支店》弁護士法人泉総合法律事務所
弁護士名:泉義孝
284件 | 死亡事故が得意な弁護士 (115件)
Icon_station 最寄駅:東京メトロ日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線 日比谷駅 A4出口 徒歩0分、JR・東京メトロ有楽町線 有楽町駅 日比谷口 徒歩4分、東京メトロ丸の内線 銀座駅 C1出口 徒歩2分
Icon_location 東京都 千代田区有楽町1-6-4 千代田ビル 7階
Icon_calender 定休日: 日曜  祝日 
Office_info_2131
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【初回相談0円】交通事故の問題に理系の知識を生かすことで、通常では認められにくい過失割合、示談金、慰謝料、後遺障害等級(異議申立含む)、その他損害賠償にかかわる多くの困難事件を解決いたします。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-96126
Icon_station 最寄駅:【有楽町線 麹町駅 徒歩3分】 【半蔵門線 半蔵門駅 徒歩3分】 【丸の内線・南北線・JR 四谷駅 徒歩10分】
Icon_location 東京都 千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル5F
Icon_calender 定休日: 日曜  祝日 
Office_info_3181
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
【夜間や休日も柔軟に対応】【弁護士に直接電話相談可】交通事故に関して不安、気になることがある方はお電話ください。弁護士大澤が直接お電話で対応いたします。どうぞお気軽にご相談ください。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-93809
Icon_station 最寄駅:四ツ谷駅 徒歩3分
Icon_location 東京都 新宿区四谷2-1 四谷ビル6階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_1561
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
【土日祝対応可能】示談交渉において、法律の知識なしでは損をします。最良の結果を得るためには初期対応が極めて重要です。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-99236
Icon_station 最寄駅:虎ノ門駅2番出口から徒歩5分、神谷町4番出口から徒歩7分、溜池山王駅13番出口から徒歩10分
Icon_location 東京都 港区虎ノ門2-7-16 エグゼクティブタワー虎ノ門502
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_2121
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
保険会社の提示金額にご不満な場合は弊所までご相談下さい。依頼者の方が本来受け取るべき金額を算定し交渉します。保険会社が当初提示した後遺障害等級から5級上の等級を認めさせるなど、実績・経験も豊富です。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-92507
Icon_station 最寄駅:【虎ノ門駅】3番出口、2番出口から徒歩3分 【霞ヶ関駅】A13出口から徒歩7分
Icon_location 東京都 港区虎ノ門2-3-22 第1秋山ビルディング6階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_3201
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【初回相談無料、当日・休日夜間の相談も可能!】交通事故の示談交渉は弁護士が介入するしないで示談金額に大きな差が出る可能性があります。事故直後からのご相談、出張相談も可能ですのでお気軽にご連絡下さい。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-96871
Icon_station 最寄駅:東京メトロ銀座駅(日比谷線、銀座線、丸ノ内線)徒歩3分、JR山手線新橋駅 徒歩10分、有楽町駅 徒歩6分
Icon_location 東京都 中央区銀座6-2-1 DAIWA銀座ビル3F
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_11
  • 電話相談不可
  • 初回の面談相談無料
【平均85%の増額実績】銀座駅徒歩3分!相談・着手金無料!示談金からの完全成功報酬!交通事故問題に多数の実績を持つ弁護士が複数体制にて対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-92869
Icon_station 最寄駅:内幸町駅、虎ノ門駅、霞ヶ関駅より徒歩4分。新橋駅より徒歩7分。
Icon_location 東京都 港区西新橋1-6-12 アイオス虎ノ門6階(受付2階)
Icon_calender 定休日: 日曜  祝日 
Office_info_421
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
交通事故に遭われたらまずは専門の弁護士にご相談ください。当事務所では、専門知識を有する弁護士が在籍し、被害者の方が一刻も早く苦痛から回復できるよう、責任を持ってサポート致しております。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-91586
Icon_station 最寄駅:JR・京王井の頭線「吉祥寺駅」徒歩8分
Icon_location 東京都 武蔵野市吉祥寺本町3-8-20セピアコート武蔵野205 .
Icon_calender 定休日: 無休
Office_info_691
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【電話無料相談可・着手金0円可】  保険会社を相手とする交渉は、弁護士が代理するかどうかで大きな差を生みます。中央大学学内顧問弁護士・実務講師も務める櫻井俊宏が依頼者様の最大限の利益をお守りします。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-90980
Icon_station 最寄駅:蒲田駅 東口より徒歩5分 京急蒲田駅 西口より徒歩10分
Icon_location 東京都 大田区蒲田5-44-14 トオヤビル3階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_3301
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【初回相談無料】【完全後払い制有】【休日・深夜の対応可】これまで300件以上の交通事故のご相談に対応し、懇切丁寧・スピーディーに対応することを心がけております。まずはお気軽にご相談ください。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-92381
Icon_station 最寄駅:JR線・地下鉄日比谷線・つくばエクスプレス「秋葉原駅」,都営新宿線「岩本町駅」,JR線・都営浅草線「浅草橋駅」
Icon_location 東京都 千代田区神田佐久間河岸85番地 戝津BLDG(ザイツビル)4階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_2621
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
【初回相談無料!休日夜間も対応可!】当事務所の弁護士は全員日本交通法学会の会員で、専門知識を豊富に有しており、常に判例の研鑽を怠りません。誠心誠意かつ親身に対応しますのでお気軽にご相談ください。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-94439
Icon_station 最寄駅:東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」2番出口より徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ケ関駅」A13番出口より徒歩7分、都営地下鉄三田線「内幸町駅」A3番出口より徒歩9分
Icon_location 東京都 港区虎ノ門2-5-21 寿ビル7階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_281
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【無料相談受付中!着手金0円!増額できなければ弁護士費用も0円】【弁護士歴28年のベテラン弁護士が対応】被害者のために示談交渉を代理する交通事故専門の弁護士です。わかりやすいご説明を心がけております。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-90436
Icon_station 最寄駅:JR・私鉄各線「新宿」徒歩2~3分
Icon_location 東京都 新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階
Icon_calender 定休日: 無休
Office_info_3121
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【無料の電話相談】【着手金0円】【24時間365日】交通事故に精通する弁護士、示談の経験豊富な弁護士が多数在籍し、<死亡事故の賠償金増額>に向けた充実のサポートを受けられます。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-99016
Icon_station 最寄駅:【東京駅八重洲北口徒歩3分】【東京メトロ日本橋駅徒歩2分】
Icon_location 東京都 中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル6F
Icon_calender 定休日: 祝日 
Office_info_3321
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【相談料0円、東京駅から徒歩3分】保険会社との交渉は専門的知識がないと煩わしい上に困難です。当事務所は交通事故を集中的に扱う弁護士らが豊富な経験を生かした対応をし、賠償額増額に絶対的な自信があります。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-92079
Icon_station 最寄駅:市ヶ谷、九段下
Icon_location 東京都 千代田区九段北3-2-1 神戸田中ビル6階
Icon_calender 定休日: 日曜  祝日 
Office_info_2751
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【被害者の方の面談相談0円‼】【着手金0円‼】当事務所の弁護士は各案件の中でも特に交通事故問題を得意としております。弁護士費用特約のない方も、ある方も、ご依頼をお受けしていますので、ぜひご相談下さい。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-91414
Icon_station 最寄駅:東京メトロ「東銀座駅」徒歩5分、JR「新橋駅」徒歩8分、都営大江戸線「築地市場駅」徒歩2分
Icon_location 東京都 中央区銀座8-19-18 第三東栄ビル8階
Icon_calender 定休日: 日曜  祝日 
Office_info_361
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
数多くの交通事故に関するご相談を解決して参りました。相手方保険会社との交渉は被害者にとって非常に困難であり、正当な賠償を受ける為には専門的知識が必要とされます。まずはお気軽にお電話・メールをください。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-99006
284件 | 死亡事故が得意な弁護士 (115件)
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

死亡事故の問題を弁護士に相談すべき5つの理由

死亡事故を弁護士に相談する事でどのようなメリットがあるのかをご紹介していきます。
 

損害賠償金の増額が見込める

保険会社は賠償金の支払いを少しでも安く済ませるよう交渉するのが仕事ですので、損害賠償金や慰謝料はできるだけ安い金額で示談をまとめようとしてきます。
 
しかし、死亡慰謝料には弁護士基準という基準があり、この基準は保険会社の定時する慰謝料額よりも高額になりますので、任意保険会社の基準以上の、適正な示談金で和解することが可能になります。
 

死亡事故の示談交渉が有利に進む

保険会社側にとって都合のいい示談金ではなく、専門的な知識がある弁護士に依頼することで主張すべきことに漏れがなくなり、交通事故の慰謝料の妥当な増額が行えます。
 

示談交渉にかかる負担を軽減できる

弁護士がすべての交渉を被害者の代わりに行うことで、示談の対応に要する時間も減り、低い保険金で成立するかもしれないという心身の負担も軽減されますので、これは慰謝料が増額されること以上に大きなメリットと考えられます。
 

示談交渉の早期解決が見込める

交通事故の法的な知識を持って保険会社との示談交渉を行う為、示談にかかる交渉期間も早めに終わらせることができます。交渉が長引くと治療費の負担といった心配も出てきますし、いつまで続くかもわからない不安も募ります。そういった心配ごとが早期になくなり、適切な示談金を持って終わらせられるのが、弁護士のメリットです。
 
 

死亡事故を弁護士に依頼する事で増額する慰謝料額

弁護士に相談することで慰謝料などが適正な金額に直す作業ができますが、実際に弁護士に依頼することでどのくらい増額が見込めるのか、確認しておきましょう。
 

死亡慰謝料の相場|裁判所の判例と高額慰謝料の判決

加害者が悪質だったり事故が悲惨だったりと、様々な要素があり似たようなケースで同じ慰謝料が算定されるとは限りませんので、あくまで参考程度にとどめておくのが良いでしょう。
 
ちなみに、交通死亡事故による慰謝料の計算について詳しくは「死亡事故の場合の慰謝料額」をご覧ください。
 

30歳男性/4000万円のケース

30歳男性が交差点を歩行中、無免許飲酒運転の被告自動車に轢かれ、約2.9m引きずられて死亡。
 
・慰謝料基準額:2800万円
・認められた額
本人分:3500万円
近親者:500万円
合計 :4000万円
■大阪地裁|平成25年3月25日判決
 

17歳男性/3900万円のケース

17歳男性が横断歩道を青信号で横断中、無免許・飲酒運転の被告自動車にひかれて死亡。男性と衝突後、被害者を怒鳴りつけたことなどから、かなりの悪質と判断される。
 
・慰謝料基準額:2000~2200万円
・認められた額
本人分:3000万円
近親者:900万円
合計 :3900万円
■大阪地裁|平成18年2月16日判決
 

19歳男性/3750万円

19歳男性が原付自転車を運転中、不良少年グループによる2台の危険運転行為がある中で衝突。約200メートル引きずられた後轢過され死亡。
 
・慰謝料基準額:2000~2200万円
・認められた額
本人分:3000万円
近親者:750万円
合計 :3750万円
 

死亡慰謝料を弁護士基準で請求した場合

最高額の弁護士基準で正当な慰謝料を勝ち取れるよう、まずは慰謝料額の相場をご覧ください。死亡慰謝料は、「被害者ご本人分+ご遺族分」がまとめてご遺族に支払われることになります。
 
表:基準別の死亡慰謝料の相場

被害者
本人の立場

自賠責基準

任意保険基準
(推定)

弁護士

一家の支柱

350万円

1,500万円〜
2,000万円

2800万円〜
3600万円程度

子ども

350万円

1,200万円〜
1,500万円

1800万円〜
2600万円程度

高齢者

350万円

1,100万円〜
1,400万円

1800万円〜
2400万円程度

上記以外
(配偶者など)

350万円

1,300万円〜
1,600万円

2000万円〜
3200万円程度

 
 表:自賠責保険による、遺族がもらえる慰謝料の相場

自賠責

本人の慰謝料

350万

遺族の慰謝料

被害者に被扶養者がいる場合

被害者に被扶養者がいない場合

請求権者1人の場合

750万

550万

請求権者2人の場合

850万

650万

請求権者3人以上の場合

950万

750万

 
任意保険は公開されておらず、弁護士基準は事故のケースによってまちまちになるので、詳しく知りたい方は「交通事故弁護士ナビ」の弁護士に、ご質問やご相談をいただくのが早いかと思います。

 

死亡事故の問題解決を弁護士に相談した際の費用

弁護士に依頼すると当然ながら費用が発生しますが、弁護士費用の内訳と相場として下記のようなものがあります。
 

弁護士費用の内訳

・着手金:旧報酬規定で10万円前後
・成功報酬金:相場としては獲得した示談金(賠償額)の約8%前後
・日当の相場:かかる時間などでも金額は変動
・実費:示談交渉などにかかった交通費など
参考:交通事故の弁護士費用の相場と弁護士費用を抑えるポイント
 
相談料は現在無料でうけられる場合が多くなっていますのが、もし費用がかかる場合は30分5000円程度だと考えて良いでしょう。
 

弁護士費用を抑えるには?

弁護士費用特約の利用

弁護士費用特約」とは、被害者の自動車保険に付けることができる特約のことで、被害者の加入している自動車保険にこの特約が付いていれば、保険会社が保険金として費用を払ってくれるというものです。
 
弁護士費用特約の利用ができれば、交通事故の解決を弁護士に依頼をした場合に、弁護士費用が実質0円になる場合があります。
 

弁護士費用特約の利用

保険金について

相談料

損害賠償請求や慰謝料請求に関する弁護士の相談費用

1回の事故にあたり、1名として10万円を限度に支払われます。

着手後

弁護士費用(着手金、報酬金)の支払いや、調停費用も支払われます。
その他、弁護士を介して権利行使や権利保全の手続き費用も支払われます。

1回の事故にあたり、1名として300万円を限度に支払われます

▶︎弁護士費用特約とは弁護士費用を削減する際に役立つもの
 

法テラスの民事法律扶助制度を利用する

民事法律扶助制度は、経済的な理由などによって弁護士費用が支払えないなどの場合に、その費用を国などの公的機関が給付したり立て替えたりする制度で、「法テラス」という場所が窓口になっています。
 
 

弁護士に依頼するタイミング

示談金の増額ができるという最大のメリットがあるのはおわかりいただけたかとは思いますが、ではどのタイミングで弁護士に相談するのかという問題が残ると思いますので、その辺りも解説していきます。
 

最もベストなタイミング|できるだけ早く

結論からお伝えすると『なるべく早いほうが良い』です。交通事故の示談において、最も注意していただきたいのは、保険会社との示談が成立してしまうと、弁護士が介入しても示談内容を変更することは非常に困難になることです。
 
そのため、交通事故の被害に遭われた方は例え治療中であっても、今後の適切な進め方を知るために弁護士へ相談されることを強くオススメします。
 
・タイミング①:事故を起こした直後
・タイミング②:加害者との示談交渉中
・タイミング③:調停や裁判にまで発展してしまった時
 
事故を起こした直後だと、弁護士が交通事故の流れを把握しやすいですし、被害者にとっても有利となる記録を得ることができます。ただ、まずが事故直後の怪我を治したい場合もあると思いますので、慌てて弁護士に依頼するのはオススメしていません。
 
これだけは覚えておいてほしいのですが、弁護士を雇うタイミングは個人の自由です。もちろん、最後まで弁護士を雇わず、被害者自身で進めていくこともできますが、それには大きなデメリットがあります。
 
特に裁判となっている場合に、被害者を守ってくれるのは弁護士しかおりませんので、事故問題を不本意な結果で終わらせなくないのであれば、遅くても調停や裁判に突入する直前には弁護士を雇っておくべきでしょう。

 

死亡事故が得意な弁護士の選び方

あなたは弁護士なら誰でも良いと思っているかもしれませんが、決してそんなことはありません。弁護士にも得意・不得意な分野があります。
 

交通事故の知識が豊富なこと

交通事故には「過失割合」「症状固定」「事前認定」「休業損害」「後遺障害等級」「逸失利益」など、様々な専門用語と問題が生じます。このような問題の一つ一つに精通していなければ、交通事故問題の全体を適切に解決することはできません。このあたりの知識があるかを相談時に確認して依頼するかを決めるとよいでしょう。
 

交通事故の問題解決実績が多いこと

この時、ベテラン弁護士や若い弁護士かはあまり関係がありません。若手でも交通事故案件の経験の多い弁護士の方が、全く経験のないベテラン弁護士より優れている可能性が高くなります。
 

わかりやすい説明をしてもらえるか?

何にいくらかかるのか、どのような症状で、どのような損害賠償を請求できるのか、自分が理解していないと納得の行く結果を得ることは難しいでしょう。
 

訴訟経験があるかどうか?

交通事故の慰謝料請求や後遺障害の獲得には、任意による示談解決や裁判のほかにも、交通事故紛争処理センターのあっせんなど手段がたくさんありますので、実際に訴訟を起こした経験はあるのかは必ず聞いておきましょう。