大分で交通事故が得意な弁護士を探す

大分 で交通事故が得意な弁護士が45件見つかりました。 大分 で交通事故にお悩みの方は、電話・メールにて法律事務所へご相談ください。

 > 
 > 
大分県
45件 | 大分県 交通事故が得意な弁護士 (115件)
事故被害者の方は何度でも相談無料!初期費用0円!土日祝対応

【大分支店】弁護士法人アディーレ法律事務所

  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 物損事故の相談不可
Icon_station 最寄駅:JR「大分駅」府内中央口(北口)より徒歩4分
Icon_location 大分県 大分市末広町1-1-18 ニッセイ大分駅前ビル9F
Icon_calender 定休日: ー
【事故被害者の方は何度でも相談無料!初期費用0円!土日祝対応】アディーレは,解決実績1万2千件以上,安心の全国対応。適正な賠償金獲得に向け保険会社との示談交渉や後遺障害等級認定などをサポート
Office_tel
07時37分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-1008
大分県のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
45件 | 大分県 交通事故が得意な弁護士 (115件)
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

大分県の交通事故発生件数(平成26年時点)

平成26年に大分県で発生した交通事故発生件数は5,161件です。事故発生率は0.56%で、交差点(付近)の事故発生率は49.1%でした。

大分県の交通事故発生件数は全国で第35位

平成26年に大分県で発生した交通事故発生件数は全国で第35位でした。

大分県の交通事故の特徴は、昭和47年に発生件数と死傷者数がピークでしたが、年々増加していきました。しかし、平成11年に一時的にその数が増加し、その後また年々減少を続けています。全国的には交通事故や死傷者が少ない傾向にありますが、高齢者の死亡率はそれに比べて高いため、件は交通安全計画のなかにその数値を改善できる取り組みを盛り込んでいます。

大分県の死傷者数

平成26年に大分県で発生した交通事故で亡くなった人の数は56名(全国第29位)、負傷者数は6,670名(全国第35位)でした。また自動車の保有台数は917,762台で、自動車1万台当たりの死者数は0.6人、負傷者数は55.6人、人口10万人当りの死者数は5.4人、負傷者数は488.7人でした。

大分県と全国の自動車1万台当たりの死傷者数と人口10万人当りの死傷者数を比較すると以下の表の通りです。

大分県

全国

死亡者数

負傷者数

死亡者数

負傷者数

自動車1万台当たりの死傷者数

0.5人

64.1人

0.5人

77.9人

人口10万人当りの死傷者数

4.8人

569.6人

3.2人

559.8人

発生地域トップは大分市と別府市

平成26年に大分県で発生した交通事故発生件数は5,161件で、県内でもっとも発生件数が多いのが大分市です。大分市では2,474件、その次に多いのが別府市で625件の交通事故が発生しています。

平成26年に起こった人身事故の49.1%が交差点(付近)で発生しており、歩行者・自転車・自動車が頻繁に通る交差点は事故が発生しやすい結果が出ています。特に事故が起こりやすい交差点は、国道が交わる場所や交通量が多く渋滞しやすい場所です。交差点での事故は追突事故や右折事故が多く発生しており、安全不確認や前方不注意が主な原因となっています。大半の事故が人身傷害の度合いが軽微な事故でありますが、それらの事故は一歩間違えば死亡事故になっていてもおかしくないため十分に注意が必要です。
大分県内で平成26年に事故件数が多かった交差点ワースト5を以下の表にまとめていますので、普段この交差点を利用する人は十分注意しましょう。

順位

発生場所

発生件数

ワースト1位

椎迫入口交差点(大分市)

7件

ワースト2位

かんたん交差点(大分市)

5件

ワースト2位

県庁北交差点(大分市)

5件

ワースト4位

顕徳町二丁目交差点(大分市)

4件

ワースト4位

国道442号入口交差点(大分市)

4件

交通事故の多い時間帯

交通事故の発生は、主に朝と夕方に集中しています。朝と夕方は、ちょうど通勤通学や帰宅する時間帯と重なることで、他の時間帯と比べて道路を行き来する人が増え、さらに時間に追われて移動を急いでいることから不注意になりやすくなります。そのことが、この時間対に事故が発生しやすい原因になっているのです。季節によって日の長さが違うため多少交通事故が起きやすい時間は前後しますが、8時から10時頃までの朝の通勤通学ラッシュの慌ただしさによる飛び出しや、18時から20時頃の夕方以降の暗さによる視界不良などに注意して、この時間帯にはより慎重な運転をするよう十分に注意しましょう。

交通事故の相談件数|大分県


交通事故のおける民事紛争の処理を行っている公益財団法人日弁連交通事故相談センターが発表した資料によると、平成25年に発生した交通事故発生件数は5,767件で、そのうち日弁連交通事故相談センターへの面接相談件数は83件でした。

自動車・二輪車・自転車の事故が原因の民事の損害賠償関係や示談の問題について相談できるのが日弁連交通事故相談センターです。このセンターは弁護士が運営しており、全国で163ヶ所で相談を受けており、39の支部では弁護士による示談斡旋や審査を無料で受けることができます。このセンターへ寄せられた、主な相談内容は以下の通りです。

・損害賠償額の算定
損害の種類や損害額算定の方法や金額について相談できます。

・損賠責任の有無や過失の割合
損害を賠償する義務があるのかどうかについての判断や、自己当事者の過失割合などについての内容を相談できます。

・賠償責任者の認定
勤務中の事故(会社所有車の事故やマイカーで会社の仕事中の事故や下請け会社の起こした事故に対する元請け会社の責任など)や車を貸借中の事故など、賠償者責任がわかりにくい場合の相談ができます。

・損害の請求方法
交通事故で損害を受けた場合、誰にどのように請求できるのか相談できます。

・自賠責保険及び自動車保険の問題や政府保障事業
ひき逃げや無保険車との事故の場合について相談できます。

・その他交通事故の民事上の法律問題

示談の方法や交通事故に関する民事訴訟の時効について相談できます。


弁護士費用特約の加入率と利用率

弁護士特約とは、交通事故で被害者となった時に、交通事故の加害者に対して損害賠償請求等を行う場合に必要となる、弁護士への法律相談費用や弁護士を雇う費用を保険の商品として保険会社が支払うという制度です。2014年度の弁護士費用特約の契約件数は1,400万件にも上り、契約件数は年々増加し続けており全国の総世帯数の約30%が弁護士費用特約に加入していることになります。しかし、実際に弁護士費用特約が利用された件数は8,200件ほどで、これまで実際に弁護士費用特約を利用したことがある人は0.05%と非常に低い利用率となっています。弁護士費用特約の利用率が低い主な理由は以下の3点です。

①加入している保険にそもそも弁護士費用特約が含まれていることを知らない
②弁護士費用特約が保険に含まれていると知っているが使用できる状況がわからない
③交通事故で問題が起こっても当事者間で話し合って解決、もしくは泣き寝入りしている

弁護士費用特約は、加入率に比べて利用率が非常に低いですが、もし賠償請求など法律交渉をひとりで行うのは非常に手間がかかり、さらに弁護士費用特約を利用せずに弁護士に依頼すると高額な費用がかかってしまいます。そのため、弁護士費用特約を利用できる状況であれば利用しない手はありません。

大分県の交通事故問題に対応できる弁護士の対応市町村


大分市・別府市・中津市・日田市・佐伯市・臼杵市・津久見市・竹田市・豊後高田市・杵築市・宇佐市・豊後大野市・由布市・国東市・姫島村・日出町・九重町・玖珠町

大分県で交通事故が得意な弁護士をお探しの方へ

ここまでこの記事を読んで頂いたあなたは、きっと大分県在住で交通事故に関するトラブルを抱えていらっしゃるのではないでしょうか? 当サイト「交通事故弁護士ナビ」では、大分県で活動している交通事故が得意な弁護士を検索することができます。相談料が無料で、電話相談ができる法律事務所がたくさんありますので、お気軽にお問い合わせしてみることをおすすめします。