交通事故問題を弁護士に依頼する7つのメリット

1: 交通事故に関わる全てにおいて助けになる

交通事故に遭われた際にご自身で解決を図られる場合、事実関係の争い、証拠の収集、保険の問題、損害の算定、過失割合等、多くの問題を調査し、保険会社や加害者と損害賠償を求めて交渉するなど非常に多くの労力を費やすことになります。弁護士に依頼すれば、これらの煩雑な作業を一任できます。

2:保険会社との示談交渉が有利に進む

人身事故で保険会社が提示する示談金額は本来あるべき賠償金額より相当程度低額であることが多いので、適切な賠償金額の獲得という観点からも示談の際には今までの判例や法的な知識を理解した上で慎重に進める必要があります。
特に後遺症を伴うような人身事故については、ほとんどのケースで弁護士費用を考慮しても保険会社からの提示額を十分に上回る賠償金額を得ることが期待できます。

3:後遺障害等級を獲得しやすくなる

後遺障害等級の認定、損害賠償金の請求といった場面で、医師の意見や診断書は大きな影響力を持っています。弁護士は、診断書の内容を確認したり、医師に対する聞き取り調査を行ったりしながら、適正な後遺障害等級認定の取得、適正な損害賠償金の獲得を目指します。

4:交通事故の専門のプロにアドバイスがもらえる

弁護士に依頼することにより、ご自身で交通事故の損害賠償請求に関する知識や理解を深め、保険会社や加害者と交渉したり、裁判をしたりすることに要する時間や労力を大幅に省くことができます。

5:知識不足による損を回避できる

弁護士に依頼することにより、被害者の方は請求漏れをなくし、知識不足や理解不足による不利益を被ることを回避することができます。

6:面倒な作業は全て弁護士一任できる

被害者の方は、交通事故の訴訟に関して実績豊富な弁護士を代理人として、保険会社や加害者との示談交渉から訴訟活動までのすべてを任せることができます。

7:精神的に強い味方を得られる

交通事故に強い弁護士に依頼することにより、専門知識と経験のある頼りになる代理人(味方)と手続を進めることができます。それにより自分一人で交渉を進める精神的なストレスを軽減し、代わりに安心感を得ることが出来ます。

交通事故の弁護士費用は経済的利益の10%〜20%程度

弁護士費用は恐ろしく高額になると思われがちですが、相談の段階では無料の事務所も多く、料金体系も明確になっています。また弁護士費用は一定額で決まっているわけではなく、裁判等で増額した分の10%〜20%を支払うというケースが一般的です。(※事務所によって報酬体系は異なりますので、詳細は個別の事務所へお問い合わせください。)

弁護士の報酬体系

弁護士の報酬は主に「相談料」「着手金」「報酬金」の3つで構成されています。
・相談料
弁護士に相談に行った際に発生する金額です。以前の相場は1時間10,000円という価格が一般的でしたが、いまは相談料を無料に設定している事務所の方が多くあります。
・着手金
弁護士へ正式に依頼した際に支払うお金です。一般的に10万円~20万円が相場となっていますが、弁護士事務所の中には着手金を無料に設定しているところもあります。
・報奨金
依頼した案件がすべて終わってから弁護士に支払うお金です。「経済的利益」とも言い、10%~20%の間で設定している事務所が多いです。
弁護士費用についてより詳しくは「交通事故を弁護士に依頼する時の費用と費用を抑えるポイント」をご覧ください。

交通事故の発生から解決までの流れ

Top-left-content-03-01

保険会社との示談は症状固定後に!

交通事故の治療を行っている最中に、保険会社から「そろそろ症状固定をします。」と言われて、簡単に「わかりました」と応じてしまうと、適正な範囲での補償が受けられなくなるケースがあります。
自分で交渉時期を把握しているのであれば問題ないのですが、弁護士を頼った方が無難であると言えます。

弁護士への依頼で慰謝料は300万円以上の増額が可能なことも

慰謝料には「自賠責基準」「任意保険基準」そして「弁護士(裁判所)基準」という3つの基準がありますが、過去の裁判例を参考にする弁護士基準が最も高額な慰謝料を獲得する事ができます。

  そしてこの弁護士基準で慰謝料を獲得するには、弁護士に依頼をして的確な書類や事実を証明するための証拠を集めなければいけません。それだけ慰謝料獲得の交渉は困難を極める事になりますが、弁護士の介入で慰謝料は平均で300万円以上増額する可能性があります。
後遺障害等級 自賠責保険基準 裁判所基準
第1級 1,100万円 2,800万円
第2級 958万円 2,370万円
第3級 829万円 1,990万円
第4級 712万円 1,670万円
第5級 599万円 1,400万円
第6級 498万円 1,180万円
第7級 409万円 1,000万円
第8級 324万円 830万円
第9級 245万円 690万円
第10級 187万円 550万円
第11級 135万円 420万円
第12級 93万円 290万円
第13級 57万円 180万円
第14級 32万円 110万円

交通事故を得意とする弁護士を厳選

交通事故弁護士ナビに掲載している弁護士は、数ある弁護士事務所のなかから、交通事故の案件を得意とする弁護士のみを厳選しております。保険会社との交渉で困っている、過失割合に疑問がある、相場よりも低い損害賠償を提示されたなどのお悩みを、交通事故を得意とする弁護士に相談する事ができます。

弁護士への相談依頼は専門性が重要になる

弁護士はみな法律の専門家ですが、その範囲は非常に広く、すべての分野で力を発揮するのは困難なため、良い弁護士なら最も得意とする専門分野を持っています。特定の業界経験や知識が深いほど、同じ土俵で戦った場合に、得意としない分野での弁護士に比べて発揮される力が全く違います。

ですので、専門分野をもった弁護士を探すことが最も重要になります。交通事故専門の弁護士に依頼する事が、早期解決と望む結果の獲得へ繋がる一番の近道となるわけです。

交通事故の被害にあったら、早急に弁護士に相談すること

交通事故の被害者に遭った方の中には、あと少し早く相談を受ける事が出来れば、全く別の結論になったかもしれない方が多くいらっしゃいます。「弁護士に相談するほどではない」と思っていたら、ケガが思った以上に悪化し被害が大きくなってしまっていたり、相談しても難しい段階になっている場合も十分にありえます。

  これまでのご依頼者様の中にも、早く相談の電話をしておけばよかったと考えている方が常にいらっしゃいますので、早めの相談をおすすめします。交通事故直後だからこそできる事もあります。ぜひご相談ください。

交通事故相談 新着Q&A

交通事故に関するご相談を掲載しております。
交通事故相談に投稿する
厳選交通事故弁護士ナビでは、交通事故問題に関するご相談を無料で受け付けています。
交通事故に遭われた時に、これからどうしたらいいのか?どのような手続きが必要なのか?誰に相談すればいいのか?など悩まれている方々の為のサービスです。交通事故Q&Aでは、前述のように悩まれている方々のお悩みを、交通事故問題に詳しく実績豊富な弁護士が無料でお答えいたします。
よくある相談はこちら