自分の慰謝料は適切なの?
自分の場合は弁護士に相談していいのだろうか?
交通事故のことでお悩みの場合はまずは診断から!

東京
大阪
神奈川
愛知
福岡
その他
Office info 202110111019 7391 w220 【立川】ベリーベスト法律事務所

【全国対応】50拠点あり◆迅速対応◆豊富な解決実績◆圧倒的なサポート力に自信!交通事故専門チームが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください【メール問い合わせ24H受付】

事務所詳細を見る
Office info 202109021206 4081 w220 東京中央総合法律事務所

【相談料・着手金0円】【増額がなければ弁護士報酬0円】交通事故の発生から賠償金の獲得まで≪一律料金≫で、経験豊富な弁護士がフルサポートいたします。費用も解決策も明確にご提示致しますのでご安心ください。

事務所詳細を見る
Office info 201810261454 7691 w220 弁護士 飛田 貴史 弁護士 山下 南望

●立川駅徒歩5分●着手金0円●初回面談0円●外出なしで依頼可能●交通事故解決実績多数!適切な後遺障害の獲得を目指しサポート!ご依頼後も面談・お電話などによる細やかな対応を心がけております。

事務所詳細を見る
Office info 202110111143 4661 w220 【被害者専門/全国対応】東京立川支店 弁護士法人アディーレ法律事務所

【初期費用0円】【何度でも相談無料】【相談実績54,000人以上】提示された賠償金に納得がいっていない方は、アディーレへご相談を!交通事故に詳しい弁護士が、適正な賠償金を受け取るためにサポートします。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら

交通事故トラブルを弁護士に依頼する 5つのメリット

メリット1:慰謝料が増額される可能性が高い

慰謝料が増額される可能性が高い
1

交通事故の慰謝料の相場には自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準(裁判基準)という3つの基準があり、このうち弁護士基準が最も高額な基準となります。保険会社としては支払い額が低い方が有利なため、任意保険基準で示談をまとめる傾向があります。弁護士に依頼することとで弁護士基準の金額が適用され、慰謝料の増額交渉が可能となります。

メリット2:適正な後遺障害等級を獲得できる

適正な後遺障害等級を獲得できる
2

後遺障害等級の認定にあたって、医師の意見や診断書は大きな影響力を持っています。弁護士は、診断書の内容確認や医師への聞き取り調査等を通じて、適正な後遺障害等級認定の獲得に向けて動いてくれます。

メリット3:過失割合を見直してもらえる

過失割合を見直してもらえる
3

加害者側の保険会社が提示してきた過失割合をそのまま受け入れた場合、適正な慰謝料額より少なくなる可能性があります。弁護士に依頼することで、過失割合が妥当かどうか第三者の意見を取得することができ、また、妥当な割合でなかった場合の交渉を被害者に代わって行ってもらうことができます。

メリット4:保険会社や加害者への対応や手続きを一任できる

保険会社や加害者への対応や手続きを一任できる
4

被害者の方は、交通事故の訴訟に関して実績豊富な弁護士を代理人として、保険会社や加害者との示談交渉から訴訟活動までのすべてを任せることができます。また、弁護士に依頼することにより、被害者の方は請求漏れをなくし、知識不足や理解不足による不利益を被ることを回避することができます。

メリット5:精神的なサポートを得ることができる

精神的なサポートを得ることができる
5

弁護士に依頼することにより、知識と経験が法務な味方(代理人)が手続を進めてくれます。自分一人で交渉を進める精神的なストレスを軽減し、代わりに安心感を得ることが出来ます。また、裁判をしたりすることに要する時間や労力を大幅に省くことができます。

交通事故の解決事例

事故の内容、後遺障害等級認定に際してお手伝いした内容、保険会社との示談交渉の結果、
慰謝料がどれぐらい増額したのか等をご紹介しています。

交通事故トラブル解決コラム

  • 後遺障害等級・申請方法
  • 過失割合
  • 損害賠償・慰謝料請求
  • 示談交渉
Pixta 29527737 s
後遺障害等級・申請方法

後遺障害認定を受けるまでの流れとは?非該当になった場合の対処法

交通事故で後遺症が残ってしまった場合、後遺障害認定が受けられれば請求できる賠償金が増えます。ただし何級が認定されるかにより...
%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e5%b9%b4%e9%87%91%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d
後遺障害等級・申請方法

交通事故の損害賠償と障害年金の取り扱い|受給条件とは

交通事故により重度の後遺障害を負った場合、加害者や保険会社から受け取る損害賠償とは別に、国より「障害年金」を受給することが...
%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85 %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d
後遺障害等級・申請方法

交通事故で腰痛になった際の慰謝料相場・後遺障害等級認定のポイント

交通事故が原因の腰痛で請求できる慰謝料は、症状の程度により異なります。腰痛の場合、後遺障害等級12級・14級が認定される可...
Bike
過失割合

バイク事故の過失割合を図解で解説|加算や減算する要素とは

バイク事故における過失割合はどのように変動し、決定していくのか。加算や減算の要素などを踏まえて詳しく解説していきます。
%e9%81%8e%e5%a4%b1%e5%89%b2%e5%90%889%e5%af%be1
過失割合

交通事故の過失割合が9対1になる事例|納得いかない時の対処法を解説

交通事故の過失割合が9対1というケースでは、1の過失が認められた被害者側は得られる賠償金の額が減ってしまうため、納得いかな...
Missing
過失割合

過失割合10対0の交通事故の事例|加害者が全責任を負うケースとは

交通事故で過失割合が10対0になるケースをご紹介します。過失割合が10対0になった場合、加入している保険会社に示談を代理し...
Tuuinn
損害賠償・慰謝料請求

通院慰謝料の計算手順と高額な慰謝料を請求する為に知っておくべきこと

通院による慰謝料に焦点をあてて、交通事故の入通院慰謝料の計算方法と、被害者が損をしないために適正な慰謝料を請求するための手...
%e6%90%8d%e5%ae%b3%e8%b3%a0%e5%84%9f%e3%80%80%e6%85%b0%e8%ac%9d%e6%96%99
損害賠償・慰謝料請求

損害賠償と慰謝料の違い|示談に役立つ損害賠償請求の知識

『損害賠償』と『慰謝料』はよく混合して認識されやすいですが、正確には意味合いが少し異なります。誤って混同してしまうと示談交...
Pixta 9424326 m
損害賠償・慰謝料請求

損害賠償とは|種類・請求方法とよくあるQ&Aまとめ

損害賠償とは法律用語のことですが、一体どんな趣旨なのでしょうか。基本的な考え方は民法に規定があり、交通事故においては不法行...
%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85%e3%80%80adr
示談交渉

交通事故におけるADRとは?メリット・デメリットや解決までの流れ

交通事故におけるADRとは、裁判以外で示談成立させる手段のことです。ADR機関が当事者の仲介をするため、公正かつ迅速な示談...
%e5%9b%b31
示談交渉

交通事故の治療費はいつもらえる?早く受け取る方法と支払いまでの流れ

交通事故の被害者にとって治療費は手痛い出費になります。基本的に治療費などの賠償金は示談成立後に支払われますが、示談成立前に...
Img 1551343351
示談交渉

交通事故で保険会社の対応が悪い!4つの相談先と対処法を解説

保険会社の対応が悪いと、示談交渉が上手く進まないことがあります。この記事では、保険会社の対応が悪い理由や、対処法、相談先な...

交通事故発生から解決までの流れ

事故発生
1

まず最優先にケガをした方がいるかを確認し、状況に応じて119番へ連絡してください。110番へ連絡し事故が発生した旨を伝えてください。

治療
2

たとえ症状が軽かったとしても必ず外科・整形外科に行くようにしてください。事故発生から時間が経過した後に症状が現れることもあります。

症状固定
3

症状固定とはこれ以上治療しても症状が良くならない状態のことを指します。そのため、保険会社も治療費の支給を打ち切ることになります。

後遺障害認定
4

後遺障害の等級認定があるかどうかで保険会社から支払われる慰謝料の額は大きく変わります。後遺障害診断書は医師が作成するものですが、この内容がとても重要です。

示談交渉
5

一度示談が成立してしまうと、その内容を覆すことはできません。保険会社の提出する示談金は裁判所が認める金額よりもはるかに低額であることがほとんどですので、金額を提示されたら必ず弁護士に相談しましょう。

解決/慰謝料の受取
6

交通事故の被害にあったら
早急弁護士に相談すること

POINT
交通事故の被害者に遭った方の中には、あと少し早く相談を受ける事が出来れば、全く別の結論になったかもしれない方が多くいらっしゃいます。

「弁護士に相談するほどではない」と思っていたら、ケガが思った以上に悪化し被害が大きくなってしまっていたり、相談しても難しい段階になっている場合も十分にありえます。

交通事故の示談において、最も注意していただきたいのは、保険会社との示談が成立してしまうと、
弁護士が介入しても示談内容を変更することは非常に困難になる
ことです。そのため、交通事故の被害に遭われた方は例え治療中であっても、今後の適切な進め方を知るために弁護士へ相談されることを強くオススメします。

弁護士費用を心配されている方へ

弁護士費用特約があれば、保険会社が弁護士費用を支払ってくれます。自動車保険の任意保険には「弁護士費用特約」というオプションがあります。自動車事故で怪我を負った際に、保険会社が弁護士費用を補償するというものです。弁護士費用特約がある場合、通常300万円まで弁護士費用を補償してくれるため、多くの案件では被害者が弁護士費用を負担することはありません。
保険によっては家族も補償対象になるものもあります。弁護士費用特約が付いている保険に加入しているのであれば、弁護士に依頼しない手はありません。

300万円まで弁護士費用を負担してくれる自動車保険の弁護士費用特約について

これまでのご依頼者様の中にも、早く相談の電話をしておけばよかったと考えている方が常にいらっしゃいますので、早めの相談をおすすめします。交通事故直後だからこそできる事もあります。ぜひご相談ください。