自分の慰謝料は適切なの?
自分の場合は弁護士に相談していいのだろうか?
交通事故のことでお悩みの場合はまずは診断から!

東京
大阪
神奈川
愛知
福岡
その他
弁護士 飛田 貴史 弁護士 山下 南望

【ご相談だけでも可】【立川駅徒歩5分】まずはご相談を

事務所詳細を見る
赤羽総合法律事務所

●初期費用0円プラン有●年間対応実績100件超/賠償金を500万円増額実績あり●大手損保会社勤務経験から保険に精通●事故直後からご相談可●通院3~6ヶ月や骨折・痛みの残るむち打ちなどお任せください

事務所詳細を見る
弁護士法人 葛飾総合法律事務所

●事故直後から手厚いサポート●初回面談30分無料●解決事例有●

事務所詳細を見る
アウル東京法律事務所

【相談料+着手金0円】交通事故が得意な弊所にお任せください。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら

交通事故トラブルを弁護士に依頼する 5つのメリット

メリット1:慰謝料が増額される可能性が高い

慰謝料が増額される可能性が高い
1

交通事故の慰謝料の相場には自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準(裁判基準)という3つの基準があり、このうち弁護士基準が最も高額な基準となります。保険会社としては支払い額が低い方が有利なため、任意保険基準で示談をまとめる傾向があります。弁護士に依頼することとで弁護士基準の金額が適用され、慰謝料の増額交渉が可能となります。

メリット2:適正な後遺障害等級を獲得できる

適正な後遺障害等級を獲得できる
2

後遺障害等級の認定にあたって、医師の意見や診断書は大きな影響力を持っています。弁護士は、診断書の内容確認や医師への聞き取り調査等を通じて、適正な後遺障害等級認定の獲得に向けて動いてくれます。

メリット3:過失割合を見直してもらえる

過失割合を見直してもらえる
3

加害者側の保険会社が提示してきた過失割合をそのまま受け入れた場合、適正な慰謝料額より少なくなる可能性があります。弁護士に依頼することで、過失割合が妥当かどうか第三者の意見を取得することができ、また、妥当な割合でなかった場合の交渉を被害者に代わって行ってもらうことができます。

メリット4:保険会社や加害者への対応や手続きを一任できる

保険会社や加害者への対応や手続きを一任できる
4

被害者の方は、交通事故の訴訟に関して実績豊富な弁護士を代理人として、保険会社や加害者との示談交渉から訴訟活動までのすべてを任せることができます。また、弁護士に依頼することにより、被害者の方は請求漏れをなくし、知識不足や理解不足による不利益を被ることを回避することができます。

メリット5:精神的なサポートを得ることができる

精神的なサポートを得ることができる
5

弁護士に依頼することにより、知識と経験が法務な味方(代理人)が手続を進めてくれます。自分一人で交渉を進める精神的なストレスを軽減し、代わりに安心感を得ることが出来ます。また、裁判をしたりすることに要する時間や労力を大幅に省くことができます。

交通事故の解決事例

事故の内容、後遺障害等級認定に際してお手伝いした内容、保険会社との示談交渉の結果、
慰謝料がどれぐらい増額したのか等をご紹介しています。

交通事故トラブル解決コラム

  • 後遺障害等級・申請方法
  • 過失割合
  • 損害賠償・慰謝料請求
  • 示談交渉
後遺障害等級・申請方法

後遺障害等級12級の適切な慰謝料を獲得する7つの知識

今回お伝えする内容は、後遺障害等級12級に該当する症状と認定の方法、そして、後遺障害等級12級の適切な慰謝料を獲得する7つ...
後遺障害等級・申請方法

交通事故で耳鳴りが生じる原因と後遺障害認定を受けるコツ

交通事故が原因で耳鳴りが生じるケースは多々あります。また、耳鳴りは症状が長引きやすいため、後遺症として症状が残ってしまうこ...
後遺障害等級・申請方法

後遺障害12級13号|神経症状の意味と認定事例を確認

後遺障害等級の12級13号は、局部に頑固な神経症状が残った際に認定される後遺障害です。この記事では、12級13号は具体的に...
過失割合

交通事故の過失割合が9対1になるケースや納得いかない場合の相談先

交通事故の過失割合が9対1というケースでは、1の過失が認められた被害者側は得られる賠償金の額が減ってしまうため、納得いかな...
過失割合

交通事故の過失割合が10対0になるケースとは?

交通事故で過失割合が10対0になるケースをご紹介します。過失割合が10対0になった場合、加入している保険会社に示談を代理し...
過失割合

過失割合が弁護士の交渉で大きく変わる!慰謝料はどのくらい増えるの?

過失割合は弁護士を通し交渉することで大きく変わるでしょう。適切な過失割合にすることは、慰謝料増額にもつながります。この記事...
損害賠償・慰謝料請求

歩行者が交通事故被害に遭った場合の慰謝料額|増額するためのポイント

歩行者が交通事故に遭ってしまった場合に請求できる慰謝料の種類のそのシミュレーション、また慰謝料以外に請求できる損害賠償金を...
損害賠償・慰謝料請求

交通事故の裁判費用はいくら?内訳・計算例・費用を抑える3つのポイント

交通事故の裁判費用の内訳とそのシミュレーション、費用を抑えるポイント、裁判費用を加害者に支払ってもらえるケースを解説しています。
損害賠償・慰謝料請求

交通事故でもらった慰謝料が課税対象になるケースとは?

交通事故により獲得した慰謝料は、基本的に非課税となりますが、状況によっては課税対象になるケースもあります。この記事では、交...
示談交渉

交通事故で保険会社の対応が悪いとき、どうしたらよいのか?

保険会社の対応が悪いと、示談交渉が上手く進まないことがあります。この記事では、保険会社の対応が悪い理由や、対処法、相談先な...
示談交渉

事故の相手が示談に応じない|状況別対処法と弁護士依頼の効果

事故の加害者が示談に応じない場合、何らかのアクションを取る必要があります。示談できる期間は事故から3年間と決まっており、そ...
示談交渉

もらい事故で請求できる慰謝料相場|示談交渉を行う際の注意点

自分に非のない「もらい事故」でも、示談交渉において慰謝料の金額や過失割合、後遺障害等級などで大きくもめる可能性は十分にあり...

交通事故発生から解決までの流れ

事故発生
1

まず最優先にケガをした方がいるかを確認し、状況に応じて119番へ連絡してください。110番へ連絡し事故が発生した旨を伝えてください。

治療
2

たとえ症状が軽かったとしても必ず外科・整形外科に行くようにしてください。事故発生から時間が経過した後に症状が現れることもあります。

症状固定
3

症状固定とはこれ以上治療しても症状が良くならない状態のことを指します。そのため、保険会社も治療費の支給を打ち切ることになります。

後遺障害認定
4

後遺障害の等級認定があるかどうかで保険会社から支払われる慰謝料の額は大きく変わります。後遺障害診断書は医師が作成するものですが、この内容がとても重要です。

示談交渉
5

一度示談が成立してしまうと、その内容を覆すことはできません。保険会社の提出する示談金は裁判所が認める金額よりもはるかに低額であることがほとんどですので、金額を提示されたら必ず弁護士に相談しましょう。

解決/慰謝料の受取
6

交通事故の被害にあったら
早急弁護士に相談すること

POINT
交通事故の被害者に遭った方の中には、あと少し早く相談を受ける事が出来れば、全く別の結論になったかもしれない方が多くいらっしゃいます。

「弁護士に相談するほどではない」と思っていたら、ケガが思った以上に悪化し被害が大きくなってしまっていたり、相談しても難しい段階になっている場合も十分にありえます。

交通事故の示談において、最も注意していただきたいのは、保険会社との示談が成立してしまうと、
弁護士が介入しても示談内容を変更することは非常に困難になる
ことです。そのため、交通事故の被害に遭われた方は例え治療中であっても、今後の適切な進め方を知るために弁護士へ相談されることを強くオススメします。

弁護士費用を心配されている方へ

弁護士費用特約があれば、保険会社が弁護士費用を支払ってくれます。自動車保険の任意保険には「弁護士費用特約」というオプションがあります。自動車事故で怪我を負った際に、保険会社が弁護士費用を補償するというものです。弁護士費用特約がある場合、通常300万円まで弁護士費用を補償してくれるため、多くの案件では被害者が弁護士費用を負担することはありません。
保険によっては家族も補償対象になるものもあります。弁護士費用特約が付いている保険に加入しているのであれば、弁護士に依頼しない手はありません。

300万円まで弁護士費用を負担してくれる自動車保険の弁護士費用特約について

これまでのご依頼者様の中にも、早く相談の電話をしておけばよかったと考えている方が常にいらっしゃいますので、早めの相談をおすすめします。交通事故直後だからこそできる事もあります。ぜひご相談ください。