神奈川で交通事故トラブルが得意な弁護士一覧

神奈川県で交通事故が得意な弁護士が 11 件 見つかりました。 神奈川県で交通事故にお悩みの方は、電話・メールにて法律事務所へご相談ください。
地域を絞り込む
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
神奈川県
川崎市
現在営業中
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
住所 神奈川県川崎市川崎区砂子二丁目11番29号平松川崎ビル5階
最寄駅 京急「川崎駅」中央口より徒歩5分
定休日 無休 営業時間

平日:9:30〜21:00

土曜:9:30〜18:00

日曜:9:30〜18:00

祝日:9:30〜18:00

”交通事故相談件数実績 約7万件”京急「川崎駅」駅徒歩5分
お問合せはコチラから
ただいま営業中
050-5228-2763
受付時間 : 9:30〜18:00
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 物損事故の相談不可
住所 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-1パシフィックマークス川崎13F
最寄駅 JR「川崎駅」東口より徒歩1分 京急「京急川崎駅」中央口より徒歩2分
定休日 - 営業時間

平日:09:00〜22:00

土曜:09:00〜22:00

日曜:09:00〜22:00

祝日:09:00〜22:00

事故被害者の方は何度でも相談無料!初期費用0円!土日祝対応
お問合せはコチラから
ただいま営業中
050-5228-2687
受付時間 : 09:00〜22:00
神奈川県
横浜市
現在営業中
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-8アサヒビルヂング10階
最寄駅 JR横浜駅 徒歩10分
定休日 無休 営業時間

平日:9:30〜21:00

土曜:9:30〜18:00

日曜:9:30〜18:00

祝日:9:30〜18:00

”法律相談数 約7万件の実績”JR横浜駅より徒歩10分
お問合せはコチラから
ただいま営業中
050-5228-2654
受付時間 : 9:30〜18:00
神奈川県
横須賀市
現在営業中
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 物損事故の相談不可
住所 神奈川県横須賀市若松町1-21-10 横須賀 EAST COURT5F
最寄駅 京急「横須賀中央駅」より徒歩4分
定休日 - 営業時間

平日:09:00〜22:00

土曜:09:00〜22:00

日曜:09:00〜22:00

祝日:09:00〜22:00

事故被害者の方は何度でも相談無料!初期費用0円!土日祝対応
お問合せはコチラから
ただいま営業中
050-5228-2735
受付時間 : 09:00〜22:00
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 物損事故の相談不可
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー29F
最寄駅 JR/市営地下鉄「桜木町駅」より動く歩道で徒歩5分 みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩3分
定休日 - 営業時間

平日:09:00〜22:00

土曜:09:00〜22:00

日曜:09:00〜22:00

祝日:09:00〜22:00

事故被害者の方は何度でも相談無料!初期費用0円!土日祝対応
お問合せはコチラから
ただいま営業中
050-5228-2686
受付時間 : 09:00〜22:00
神奈川県
川崎市
現在営業中
  • 電話相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談可能
  • 物損事故の相談可能
  • オンライン面談可能
住所 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5クリエ川崎11階
最寄駅 【JR川崎駅徒歩4分】、【京急川崎駅徒歩1分】
定休日 無休 営業時間

平日:10:00〜20:00

土曜:10:00〜20:00

日曜:10:00〜20:00

祝日:10:00〜20:00

【解決実績1000件以上】治療/入院中の方損する前にご相談を
お問合せはコチラから
ただいま営業中
050-5228-2803
受付時間 : 10:00〜20:00
現在営業中
  • 電話相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 休日の相談可能
  • 物損事故の相談可能
  • 通院・治療中の相談可
住所 東京都町田市森野1-35-7町田北口ビル3階C室
最寄駅 町田駅徒歩3分
定休日 無休 営業時間

平日:08:00〜22:00

土曜:08:00〜22:00

日曜:08:00〜22:00

祝日:08:00〜22:00

【着手金0円】解決実績300件超のノウハウで親身にサポート!
お問合せはコチラから
ただいま営業中
050-5228-2746
受付時間 : 08:00〜22:00
神奈川県
横浜市
現在営業中
  • 電話相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談可能
  • 物損事故の相談可能
住所 神奈川県横浜市西区南幸2-10-15ライオンズマンション横浜西口704
最寄駅 横浜駅
定休日 無休 営業時間

平日:09:00〜18:00

土曜:09:00〜18:00

日曜:09:00〜18:00

祝日:09:00〜18:00

休日対応・電話相談◎後遺障害/死亡事故/自損の人身傷害請求等
お問合せはコチラから
ただいま営業中
050-5228-2853
受付時間 : 09:00〜18:00
  • 電話相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 加害者の相談不可
  • 物損事故の相談不可
  • オンライン面談可能
  • 通院・治療中の相談可
住所 神奈川県横浜市中区不老町1-2-1中央第6関内ビル7階
最寄駅 JR根岸線 関内駅より徒歩1分、市営地下鉄ブルーライン 関内駅より徒歩4分、みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩8分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:30〜19:00

外出が難しい方、まずはお電話ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-2851
受付時間 : 〜
神奈川県
横浜市
営業時間外
  • 電話相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 加害者の相談不可
  • 物損事故の相談不可
  • オンライン面談可能
住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビル4階
最寄駅 「横浜駅」西口より徒歩6分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜17:00

【初回相談1時間無料】交通事故に注力、当事務所へご相談下さい
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-2666
受付時間 : 〜
神奈川県
平塚市
営業時間外
  • 電話相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可能
  • オンライン面談可能
  • 通院・治療中の相談可
住所 神奈川県平塚市紅谷町3-3本陣ビル2階
最寄駅 JR「平塚駅」北口徒歩3分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜19:00

【相談料無料】事故に遭ったらすぐお電話を!
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-2663
受付時間 : 〜
神奈川県のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
11件 | 神奈川県 交通事故が得意な弁護士 (130件)
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

新型コロナウイルスで弁護士相談を迷っている方へ

新型コロナウイルスにあたり、弁護士へ相談したいものの面談相談を迷っている人も多いかと思います。

 

事務所ごとに対応は異なりますが、メールやオンラインで対応している事務所もありますので、まずはメールや電話でどのような対応が可能かお聞きください。

 

神奈川県で交通事故被害に遭った方へ

神奈川県で交通事故被害に遭ったものの、どこの弁護士事務所に相談していいのかわからない人も多いでしょう。

 

神奈川県の弁護士人数や、弁護士の選ぶ際の注意点について紹介します。

神奈川県には508名の弁護士がいます!

2020年4月1日現在、神奈川県には508名の弁護士が在籍しております。

 

地域ごとにみると、1番在籍人数が多いのは川崎支部です。川崎市は神奈川県北部に位置する政令指定都市で、市域は川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区の7区の行政区に分かれています。

 

また、区の特色の一つとして外国人登録人口が市内で最も多く、多文化共生のまちとしての特性も持っています。

 

  • 川崎支部:239名
  • 県西支部:132名
  • 横須賀支部:51名
  • 相模原支部:86名

 

お住まいの地域に弁護士事務所があっても、弁護士を選ぶ際は注意しなければならないことがあります。

弁護士を選ぶ際の注意点

弁護士を選ぶ際は、「交通事故に注力している弁護士」に依頼することが重要です。

 

弁護士には、それぞれ注力分野があります。交通事故に注力していない弁護士の中には、一度も対応したことがない先生もいますので、相談前には必ず注力しているのか確認しましょう。

 

その上で、以下のポイントも踏まえて検討してみてください。

弁護士へ相談し、最大限のメリットを受けるには「信用できるか」が重要です。

 

弁護士ランキングや口コミを信じ込まず、まずは直接話してみることをおすすめします。実際に相談した上で、少しでも不安があるようであれば、他の弁護士に相談した方が良いでしょう。

市区町村別|神奈川県の弁護士対応地域

横浜市川崎市相模原市横須賀市平塚市鎌倉市藤沢市小田原市茅ヶ崎市逗子市三浦市秦野市厚木市大和市伊勢原市海老名市座間市南足柄市綾瀬市葉山町寒川町大磯町二宮町中井町大井町松田町山北町開成町箱根町真鶴町湯河原町愛川町

 

神奈川県の交通事故発生の推移

神奈川県の交通事故発生件数は以下のように推移しています。

神奈川県の交通事故発生数の推移

神奈川県の交通事故発生件数は年々減少していますが、年間で2万件以上の交通事故が起きています。

2020年4月15日現在に神奈川県警察が公開している1~2月の発生状況を確認すると、すでに合計3,539件発生しているようです。

 

ただし、前年と比較すると366件減少しています。新型コロナウイルスにより、外出を自粛する人やタクシー利用者が減っていることも、去年より発生件数が減少した一因かもしれません。

 

神奈川県の交通事故発生件数は全国で6位

神奈川県は年間で23,294件の交通事故が発生しており、全国でも第6位の多さです。

 

しかし、神奈川県のみでみた場合、発生件数と負傷者数ともに平成以降で最少となった2018年から、大幅に減少しました。

都道府県別事故発生件数ランキング

1位

大阪

30,914

2位

愛知

30,836

3位

東京

30,467

4位

福岡

26,936

5位

静岡

25,102

6位

神奈川

23,294

7位

兵庫

22,896

8位

埼玉

21,359

9位

千葉

16,476

10

群馬

11,831

 

神奈川県で交通事故発生が多いのは川崎市

神奈川県で最も人身事故の発生件数が多かったのは、川崎市の新川橋交差点周辺です。

 

特に国道15号にある新川橋交差点での事故が多発しており、原因としては歩行者妨害・信号無視・一時不停止などの交差点関連の違反になります。

 

川崎市以外では、横浜市内でも人身事故が多発しており、特に多い地域として関内駅周辺・鶴見駅周辺・阪東橋駅周辺などが挙げられます。

 

こちらも交差点関連違反以外にも携帯電話の使用などが重点的に取り締まられているようです。

 

また、全地域で65歳以上の高齢者が関係する事故が多発しているのも特徴的です。

 

神奈川県の交通事故の死亡者数の推移

神奈川県の死亡事故は以下のように推移しています。

神奈川県の交通事故での死亡者数の推移

交通事故死亡者数も徐々に減少しており、2018年と比較すると30人減り、5年間で最も死亡者数の少ない年になりました。

ただし、2020年の1~2月は死亡者数が増加傾向にあり、都道府県を比較しても神奈川県は2ヶ月連続でワースト1位になっています。

神奈川県の交通事故での死亡者数は全国で6位

神奈川県の死者数は年間132人で全国第6位となり、統計が残る1948年以降で最少となりました。

 

昨年7月1日時点では全国ワーストでしたが、年末の事故発生を抑止できたため、死亡事故を減少させること成功したようです。

都道府県別事故死亡者数ランキング

1位

千葉

172

2位

愛知

156

3位

北海道

152

4位

兵庫

138

5位

東京

133

6位

神奈川

132

7位

大阪

130

8位

埼玉

129

9位

茨城

107

10位

静岡

101

 

神奈川県で死亡事故が多いのは横浜市内

最も死亡事故が多いのは、横浜市内です。

横浜市内だけで、県内の3分の1以上の死亡事故が発生しています。

発生地域別交通死亡事故

1

横浜市内

50人

2

川崎市内

21人

3

横須賀・三浦地区

13人

4

湘南・西潮地区

14人

5

県央・県西地区

26人

車同士の死亡事故で最も多いのは、出会い頭また右左折時の事故が原因です。

 

また、人対車両の事故では交差点以外の場所を歩行者が横断したため、死亡事故に至ったケースが最も多くなっています。

 

なお、このような事故で死亡に至った場合、損害賠償を請求できるものの歩行者にも過失割合が発生し、減額される可能性があるでしょう。

神奈川県で発生する交通事故の特徴と原因

神奈川県で発生する交通事故の特徴や原因を紹介します。

神奈川県で発生する交通事故の特徴

神奈川県では、交通事故で亡くなった方の半分以上が50歳以上です。次いで、40から49歳の方の死亡事故が多くなっており、全体的に見て高齢者の死亡事故が多いといえます。

 

神奈川県では月曜日に最も死亡事故が発生しており前年と比較すると5人も増加しています。

 

また、次いで木曜日が多くなっており、木曜は去年と比較すると減少しているものの傾向として、神奈川県では週末手前の木曜日が、事故の起きやすい曜日なのかもしれません。

 

神奈川県で発生する交通事故の原因

通事故死者数を状態別でみると歩行者が最も多く、次いで二輪車となっています。

 

道路を横断中に死亡事故に巻き込まれる高齢者が多く、全体の死者数31人のうち20人を占めました。

神奈川県に掲載している弁護士の解決事例

神奈川県に掲載している弁護士の解決事例をいくつか紹介します。詳しい解決事例は「解決事例」よりご確認ください。

保険会社からの提示額が最終的に約2.5倍へと増加したケース

事故状況

車×車

後遺障害等級

11級→8級

慰謝料

約979万円→約2,500万円

車とトレーラーが衝突し、腰椎椎体骨折等の重症を負いました。

 

しかし、保険会社からは後遺障害11級が相当として賠償金約979万円を提示されましたが、判例等に照らし合わせたところ、後遺障害等級や賠償金は妥当ではないと判断。

 

適切な判例などを用いり、主張したところ判断が変わり後遺障害等級8級の獲得に成功し、損害賠償額は約2,500万円に増額しました。

顔に大きな傷が残った被害者の損害賠償額が0円から800万円以上になったケース

事故状況

車×人

後遺障害等級

9級

慰謝料

約674万円→約1,600万円

交通事故により女子大生であった相談者は顔に大きな傷が残ってしまい、保険会社は外貌醜状として後遺障害9級を認めました。

 

しかし、外貌醜で労働能力の低下は認められない等と主張し、逸失利益などが認められず提示された損害賠償金額は妥当ではありませんでした。そこで、弁護士側は「外貌醜状による将来の職業の影響は極めて大きい」と主張。

 

その結果、800万円以上の逸失利益を認めさせ、慰謝料の面でも増額があったため、1,600万円を超える示談金を受け取りました。

事故1ヶ月後に後遺障害14級、330万円を獲得したケース

事故状況

車×人

後遺障害等級

なし→14級

慰謝料

0円→約330万円

交通事故から1ヶ月経過した後も痛みに悩まされ、治療費や休業損害を得られるか弁護士事務所に相談しました。

 

弁護士側は申請書類を十分に精査して後遺障害申請を提出し、後遺障害等級14級を獲得。

 

相談者は兼業主婦だったので、家事従事者としての休業損害も主張しました。その結果、治療費を除いて約330万円受け取ることに成功しました。

 

 

神奈川県の弁護士へ相談する

 

 

オンライン面談可能な
事務所を表示