茨城で交通事故が得意な弁護士を探す

茨城 で交通事故が得意な弁護士が4件見つかりました。 茨城 で交通事故にお悩みの方は、電話・メールにて法律事務所へご相談ください。

条件を絞り込む
4件 | 茨城県 交通事故が得意な弁護士 (115件)
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
事故被害者の方は何度でも相談無料!初期費用0円!土日祝対応
【水戸支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
Icon_station 最寄駅:JR「水戸駅」北口より徒歩1分
Icon_location 茨城県水戸市宮町1-3-38中村ビル3F
営業時間
09:00〜22:00
 電話相談可能
 休日の相談可能
 加害者の相談不可
 物損事故の相談不可
【事故被害者の方は何度でも相談無料!初期費用0円!土日祝対応】アディーレは,相談実績4万3千人以上,安心の全国対応。適正な賠償金獲得に向け保険会社との示談交渉や後遺障害等級認定などをサポート
Office_tel
初回の面談相談無料
20時21分現在、営業時間内です。お気軽にお問合せください。
0066-97356-0732
【茨城県相談窓口】【土日・夜間もOK!】【完全成功報酬制】
Icon_station 最寄駅:全国対応しております。
営業時間
00:00〜24:00
 電話相談可能
 事故直後の相談可
 休日の相談可能
【茨城県相談窓口】【土日・夜間もOK!】【着手金0円・完全成功報酬】事故直後のご相談OK!無料のご相談で、賠償額の適正診断・今後の流れ等をご説明させていただきます。
Office_tel
初回の面談相談無料
20時21分現在、営業時間内です。お気軽にお問合せください。
0066-97356-6321
交通事故相談件数実績 約6万件 JR「水戸駅」駅徒歩12分
【水戸】ベリーベスト法律事務所
Icon_station 最寄駅: JR「水戸」駅より徒歩12分
Icon_location 茨城県水戸市大町1-2-40朝日生命水戸ビル4階
営業時間
09:30〜21:00
09:30〜18:00
 電話相談可能
 休日の相談可能
相談料初回60分無料、着手金0円"交通事故相談件数65,893件の実績"治療費交渉/示談までサポート※弁護士費用特約利用の場合は、特約から相談料・着手金を頂戴しますので、お客様のご負担はございません。
Office_tel
初回の面談相談無料
20時21分現在、営業時間内です。お気軽にお問合せください。
0066-97356-5085
【着手金0円・初回相談無料・成功報酬制・電話での無料診断】
Icon_station 最寄駅:JR鹿島神宮駅
Icon_location 茨城県鹿嶋市大字宮中東山321-1
営業時間
09:00〜20:00
 休日の相談可能
【2900件超の相談実績・賠償金の適正診断0円/鹿嶋・神栖・鉾田・銚子・潮来・行方・稲敷】交通事故に強いリーガルプラスは、事故直後から保険会社との示談交渉まで、ご依頼者に寄り添い丁寧にサポートいたします。
Office_tel
初回の面談相談無料
20時21分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-6294
【初回相談無料】【着手金無料プランあり】【弁護士費用特約】
弁護士法人翠 守谷事務所
Icon_station 最寄駅: つくばエクスプレス線 守谷駅・ 関東鉄道常総線 守谷駅
Icon_location 茨城県守谷市中央4-13-17NCビル4階
営業時間
10:00〜19:00
 電話相談可能
交通事故被害に遭われた方、諦めないでください。当事務所弁護士が誠心誠意最後までサポートします!お電話での相談から弁護士が対応致しますので迅速なリーガルサービスの提供が可能です。
Office_tel
初回の面談相談無料
20時21分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-5319
茨城県のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
4件 | 茨城県 交通事故が得意な弁護士 (115件)
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

茨城県に掲載している弁護士の解決事例

茨城県に掲載している弁護士の解決事例をいくつか紹介します。詳しい解決事例は「解決事例」よりご確認ください。

信号待ちで停車中に追突された事故で休業損害を増額できたケース

事故状況

車×車

後遺障害等級

その他

損害賠償

約87万円→約125万円

交差点で信号待ちをしていた時、前方不注意の自動車が追突し、頚椎捻挫の怪我を負った事故です。保険会社から賠償額が提示されましたが、適正か分からなかったため弁護士に相談。
 
提示された損害賠償では、事業所得者である被害者の休業損害が大きな争点となりました。
 
保険会社は、経費を控除した金額を基礎収入と主張。しかし、それでは固定費分の損失が出るため、弁護士が介入し増減する経費(変動経費)のみ差し引いた金額を基礎収入とすると主張しました。
 
その結果、保険会社は弁護士の主張を認め、約40万円増額した約125万円の受け取りに成功しました。
 

当初に金額から約40万円増額したケース

事故状況

車×車

後遺障害等級

その他

損害賠償

約40万円→約79万円

赤信号で停車中、後方から車両に衝突され負傷した事故です。治療後、保険会社から賠償額が提示されましたが、それが妥当なのか自身で判断することが難しかったため弁護士に相談。
 
被害者は家事従事者(主婦)であり、事故で負った怪我のせいで家事を配偶者や他の家族に頼らざるを得ない状況で、しばらく家事に支障が生じていました。
 
そこで、被害者から事故による家事への支障を聞き取り、それをもとに家事従事者としての休業損害を算定し、仕事の減収分に追加して請求しました。
 
その結果、家事従事者としての休業損害が認められ、約80万円の賠償金を受け取りました。
 

後遺障害14級を獲得し治療後からのサポートで約350万円の損害賠償を獲得したケース

事故状況

自転車×人

後遺障害等級

14

損害賠償

なし→約350万円

歩道を歩行中、後方から自動車に追突され、怪我を負いました。痛みが長引くため後遺障害申請を行ったところ、14級が認定されました。保険会社との示談交渉を適切に行いたかったため弁護士に相談。
 
頚椎捻挫や腰椎捻挫で14級の後遺障害等級が認定された場合、後遺障害逸失利益の補償を受けることができるため、その請求をしました。
 
保険会社から5年より短い期間でどうかとの交渉を受け、最終的に上限の5年で交渉がまとまり、賠償額約350万円受け取ることに成功しました。

茨城県の弁護士へ相談する流れ

弁護士への相談を決めた方は、まず地域と相談したい内容から自分の都合にピッタリな弁護士を探しましょう。
 
どのような基準で弁護士を選べばいいのかわからない人は、まず弁護士の対応日時と地域から、無理なく相談できそうかで判断してみてください。例えば、仕事で18時以降にしか相談できない、休日にしか相談できない人は、19時以降も対応してくれる事務所土日祝日対応可能な事務所への相談がおすすめです。
 
事務所が決まったら、電話もしくはメールで弁護士に現在状況やどうしたいのかについて簡単に説明します。説明時で必ず以下の5つは伝えるようにしましょう。
 
  1. 加害者か被害者か
  2. 怪我の程度(後遺障害が残っているか)
  3. 現在の状況(通院中・保険会社と示談している)
  4. 何を希望するか(提示された金額が妥当なのか知りたい、損害賠償に納得できない など)
  5. 弁護士費用特約に加入しているか
 
上記5つは、弁護士が受任できるかどうかの判断基準にもなります。また、面談相談した時にもある程度事情を把握してもらっておくとスムーズな相談が可能です。
弁護士費用特約は、自分が加入していなくても以下の続柄の方が加入しているのであれば利用できます。
弁護士費用特約は、ご加入の任意保険に付帯しているオプションですので、自分が利用できるかわからない人は弁護士もしくは保険会社に確認しましょう。
 
面談日程が決まったら、実際に面談相談を行います。面談相談では、弁護士や事務所の雰囲気を確認してください。
信頼できると思った場合はそのまま弁護士に依頼できますし、もし少しでも不安があるようであれば、相談のみにとどめ別の事務所に再度相談してみるのも可能です。
 
弁護士が契約を迫ることはありませんので、ご安心ください。
 

茨城県で弁護士を選ぶ際のポイント

弁護士を選ぶポイントは、主に以下の5つです。
 
弁護士へ相談し、最大限のメリットを受けるには「信用できるか」が重要です。実際に相談してみて少しでも不安があるようであれば、他の弁護士に相談した方が良いでしょう。
 

茨城県の交通事故の発生数・死亡者数(2019年統計)

茨城県の交通事故発生件数は、毎年約1,000件減少しています
過去5年間で約32件/日⇒約20件/日程度まで減少しました。
また、死亡者数は2016年に1度上昇したものの、それ以降は減少傾向にあります。
過去5年間で約0.38人/日⇒約0.29人/日程度まで減少しています。

茨城県の交通事故の発生数・死亡者数は全国で何位?

茨城県の交通事故発生件数(2019年時点)は7,447件で、全国第12位となりました。
また、死亡者数は107人で、全国第9位でした。
茨城県警察によると2000年のピーク以降(当時25,429件)19年連続で減少し、1958年(6,792件)以来55年ぶりに7,500件を下回りました。また、死者数は107人、減少傾向で推移し、1956年(80人)以来63年ぶりに110人を下回り、第10次茨城県交通安全計画に定めた目標である年間の死者数120人以下を達成しました。

都道府県別事故発生件数ランキング

1位

大阪

30,914

2位

愛知

30,836

3位

東京

30,467

4位

福岡

26,936

5位

静岡

25,102

.............

.............

.............

10

群馬

11,831

11

北海道

9,595

12

茨城

7,447

13

宮崎

6,621

14

長野

6,281

 

都道府県別事故死亡者数ランキング

1位

千葉

172

2位

愛知

156

3位

北海道

152

4位

兵庫

138

5位

東京

133

.............

.............

.............

6位

神奈川

132

7位

大阪

130

8位

埼玉

129

9位

茨城

107

10

静岡

101

 

茨城県で交通事故が多いのは水戸市

茨城県で最も事故が発生しているのは水戸市でしたが、死亡事故は1件も発生していないようです。

地域別事故発生件数ランキング

1位

水戸市

148

2位

つくば市

115

3位

土浦市

87

4位

ひたちなか市

83

5位

日立市

80

6位

古河市

47

7位

笠間市

45

8位

牛久市

42

9位

筑西市

40

10

神栖市

38

 

茨城県で事故の多い時間帯

交通事故死亡者数を昼と夜で比べると、夜間のほうが昼間よりも多く発生していますが、どちらも同じくらい発生しています。視界の良し悪しに関係なく交通死亡事故は起きてしますようです。
また、時間帯別にみていくと20時から22時が一番多く、次いで8時から10時が多くなっています。これら2つは、通勤・退勤の時間と重なっており、多くの人が外を出歩いたり、車の行きかいが増えたりするため、事故が多発してしまうのかもしれません。
 

茨城県で「交通事故証明書」を発行してくれる場所

交通事故証明書は、事故の発生を公的に証明する書類で、保険金請求に必要です。郵便局・センター事務所窓口・公式HPから申請できます。
茨城県で交通事故証明書を発行してくれる場所は以下の通りです。

住所

〒311-3116
東茨城郡茨城町大字長岡3783-3(茨城県警察本部運転免許センター内)

電話番号

029-293-8822

茨城県で供述調書・実況見分調書を確認できる場所

過失割合や意見が食い違う場合は、供述調書や実況見分調書を確認しましょう。
茨城県で供述調書・実況見分調書を発行してくれる場所は以下の通りです。

水戸地方検察庁

住所

〒310-8540 
水戸市北見町1-11

電話番号

029-221-2196(代表)