山梨県で交通事故トラブルが得意な弁護士一覧

交通事故弁護士ナビTOP > 弁護士検索 > [山梨県][交通事故]弁護士
山梨県で交通事故が得意な弁護士が 161 件 見つかりました。 山梨県で交通事故にお悩みの方は、電話・メールにて法律事務所へご相談ください。
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。

161件の弁護士が該当しました

▼ さらに条件を指定する

  • 来所不要
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 物損事故の相談可能
  • オンライン面談可能
  • 着手金0円プランあり
  • 何度でも相談無料
  • 初回の面談相談無料
住所 山梨県甲府市丸の内二丁目30番3号 甲府丸の内ビル5階
最寄駅 JR「甲府」駅 南口より徒歩6分
定休日 無休 営業時間

平日:9:30〜21:00

土曜:9:30〜18:00

日曜:9:30〜18:00

祝日:9:30〜18:00

休日・平日夜間対応可】急な事故にも対応いたします!日中・平日は時間が取れない方◆豊富な解決実績◆交通事故専門チームが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください【「電話で問合せ」をタップ!
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-3763
受付時間 : 9:30〜18:00
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ
山梨県のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
161件 | 山梨県 交通事故が得意な弁護士 (140件)
山梨県の事故弁護士が回答した解決事例
70代の女性が普通貨物自動車に撥ねられ、心のう膜破裂等の傷害を負い死亡した事案
70代/女性/車対人
  • 等級
  • その他
  • 受傷部位
  • 死亡事故
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約2,512万円 約3,800万円
増額した賠償金
1,288万円
専業主婦30代女性に、軽微な物損だが残存した痛みや痺れを立証した結果、後遺障害等級併合14級認定に加え、 慰謝料及び休業損害のほぼ満額が認められたことから、総額約535万円の賠償金が認定された事例
30代/女性/車対車
  • 等級
  • 14級
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約292万円 約535万円
増額した賠償金
243万円
高次脳機能障害、右上腕開放骨折等の傷病を負ったバイク運転手が、総額6547万円の賠償を受けた事案
20代/男性/車対バイク
  • 等級
  • 2級
  • 受傷部位
  • 頭部
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約3,862万円 約6,547万円
増額した賠償金
2,685万円
20代の男性が自動二輪車を運転中に自動車と衝突し、左大腿骨骨幹部骨折、右橈骨尺骨遠位部骨折、左第2~5中手骨骨折、左中手骨多発骨折等の傷害を負い、10級の後遺障害に認定された事案
20代/男性/車対バイク
  • 等級
  • 10級
  • 受傷部位
  • 下肢
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約963万円 約3,100万円
増額した賠償金
2,137万円
事故から月日がたっていたが、示談金を交渉できたケース
【全国対応】弁護士法人・響
50代/男性/車対車
  • 等級
  • その他
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
なし 約114万円
獲得した賠償金
114万円
弁護士が認定申請を行い、後遺障害5級2号を獲得。交渉の結果、賠償金は8,100万円以上!
【被害者専門/全国対応】宇都宮支店 アディーレ法律事務所
20代/男性/車対車
  • 等級
  • 5級
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
なし 約8,100万円
獲得した賠償金
8,100万円
弁護士が示談交渉し、仕事ができなかった1年分の休業損害を獲得。賠償金は620万円以上に!
【被害者専門の相談窓口】函館支店 アディーレ法律事務所
40代/男性/車対バイク
  • 等級
  • 12級
  • 受傷部位
  • 上肢
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約350万円 約620万円
増額した賠償金
270万円
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

山梨県に対応している弁護士の解決事例

山梨県に対応している弁護士の解決事例をいくつか紹介します。詳しい解決事例は「解決事例」よりご確認ください。

逸失利益の保証期間を上限まで引き延ばし賠償金350万円受け取ったケース

 

事故状況

自転車×人

後遺障害等級

14

損害賠償

なし→約350万円

歩道を歩行中、後方から自転車に衝突され、負傷した事故です。事故後も痛みが続くため後遺障害申請をしたところ14級が認定されました。その後の補償をきちんと受けたかったため弁護士に相談。

 

頚椎捻挫や腰椎捻挫で14級の後遺障害等級が認められた場合、後遺障害逸失利益の補償を受けることができます。補償期間の上限が5年だったものの、保険会社からは5年より短い期間でどうかとの交渉がありました。交渉を重ねた結果、上限の5年で示談成立に成功。

 

ゼロだった損害賠償が約350万円まで増加した成功事例です。

 

自動車に轢かれた事故で通院中からのサポートで賠償金800万円受け取ったケース

 

事故状況

車×自転車

後遺障害等級

なし→12級

損害賠償

なし→約800万円

自転車で横断歩道を横断中、右折してきた自動車に轢かれ、全身を強く打つ重傷を負った事故です。事故後すぐに弁護士に相談。

通院中の医師との対応、転院先の選定等のサポートを行いました。その後の治療の結果、症状はほとんど残りませんでしたが、頭部外傷による脳萎縮が画像上認められ、その点について後遺障害12級が認定されました。

 

相手方の保険会社が賠償額をできる限り抑えて提示することが予想できたため、弁護士が介入し、逸失利益等についてしっかり交渉を行った結果、約800万円の賠償金を受け取ることに成功しました。

 

信号無視の車に衝突され重傷を負い賠償金1,200万円受け取ったケー

事故状況

車×自転車

後遺障害等級

なし→12級

損害賠償

なし→約1,200万円

通勤中に交差点を右折しようとしたところ、信号無視の車に衝突され病院に緊急搬送され、骨折、心筋挫傷等の重傷を負った事故です。被害者の家族は、今後のことが不安で弁護士に相談。

 

治療中の保険会社とのやり取りや労災の手続きから、その後の後遺障害申請、示談交渉まで、2年以上に渡り支援を続けました。

 

その結果、後遺障害12級が認められ、賠償金約1,200万円を受け取りました。

山梨県の弁護士へ相談する流れ

弁護士への相談を決めた方は、まず地域と相談したい内容から自分の都合にピッタリな弁護士を探しましょう。

 

どのような基準で弁護士を選べばいいのかわからない人は、まず弁護士の対応日時と地域から、無理なく相談できそうかで判断してみてください。例えば、仕事で18時以降にしか相談できない、休日にしか相談できない人は、19時以降も対応してくれる事務所土日祝日対応可能な事務所への相談がおすすめです。

 

事務所が決まったら、電話もしくはメールで弁護士に現在状況やどうしたいのかについて簡単に説明します。説明時で必ず以下の5つは伝えるようにしましょう。

 

  1. 加害者か被害者か
  2. 怪我の程度(後遺障害が残っているか)
  3. 現在の状況(通院中・保険会社と示談している)
  4. 何を希望するか(提示された金額が妥当なのか知りたい、損害賠償に納得できない など)
  5. 弁護士費用特約に加入しているか

 

上記5つは、弁護士が受任できるかどうかの判断基準にもなります。また、面談相談した時にもある程度事情を把握してもらっておくとスムーズな相談が可能です。

弁護士費用特約は、自分が加入していなくても以下の続柄の方が加入しているのであれば利用できます。

弁護士費用特約は、ご加入の任意保険に付帯しているオプションですので、自分が利用できるかわからない人は弁護士もしくは保険会社に確認しましょう。

 

面談日程が決まったら、実際に面談相談を行います。面談相談では、弁護士や事務所の雰囲気を確認してください。

信頼できると思った場合はそのまま弁護士に依頼できますし、もし少しでも不安があるようであれば、相談のみにとどめ別の事務所に再度相談してみるのも可能です。

 

弁護士が契約を迫ることはありませんので、ご安心ください。

 

山梨県で弁護士を選ぶ際のポイント

弁護士を選ぶポイントは、主に以下の5つです。

 

弁護士へ相談し、最大限のメリットを受けるには「信用できるか」が重要です。実際に相談してみて少しでも不安があるようであれば、他の弁護士に相談した方が良いでしょう。

 

山梨県の交通事故の発生数・死亡者数(2019年統計)

山梨県の交通事故発生件数は、年々減少しており2019年には3,000を切る寸前のところまで来ました。

過去5年間で約13件/日⇒約8件/日程度まで減少しました。

また、死亡者数は2018年まで増加していたのに対し、2019年になって大幅に減少しました。

過去5年間で約0.09人/日⇒約0.07人/日程度まで減少しています。

山梨県の交通事故の発生数・死亡者数は全国で何位?

山梨県の交通事故発生件数(2019年時点)は3,003件で全国第35位となっています。

また、死亡者数は25人で、島根県と並んで全国最下位でした。

事故の件数や死者の数などが減った理由について、山梨県警察は「車両の性能の向上や医療技術の進歩などもあるが、交通事故の分析に基づく取り締まりなど、地道にやってきた活動の成果が少しずつ現れてきているのではないか」と述べました。

 

都道府県別事故発生件数ランキング

1位

大阪

30,914

2位

愛知

30,836

3位

東京

30,467

4位

福岡

26,936

5位

静岡

25,102

.............

.............

.............

33

山口

3,209

34

大分

3,037

35

山梨

3,003

36

愛媛

2,811

37

青森

2,791

 

都道府県別事故死亡者数ランキング

1位

千葉

172

2位

愛知

156

3位

北海道

152

4位

兵庫

138

5位

東京

133

.............

.............

.............

43

石川

31

43

福井

31

43

鳥取

31

46

島根

25

46

山梨

25

 

山梨県で交通事故が多いのは甲府市

山梨県で最も交通事故が多発している地域は甲府市でした。

甲府市では、県内の3分の1の事故が発生しているようです。

地域別事故発生件数ランキング

1位

甲府市

975

2位

甲斐市

319

3位

笛吹市

279

4位

南アルプス市

184

5位

昭和町

160

6位

富士吉田市

158

7位

韮 崎 市

122

8位

北杜市

98

9位

中央市

98

10

富士河口湖町

85

 

山梨県で死亡事故の多い曜日や時間帯

山梨県では月曜日に最も死亡事故が発生しており、木曜日が最も少なくなっています。

また、昼夜ともに12人ずつ死亡事故が発生しています。

辺りが明るくても暗くても同じように事故は起きてしまうようです。

 

山梨県で「交通事故証明書」を発行してくれる場所

交通事故証明書は、事故の発生を公的に証明する書類で、保険金請求に必要です。郵便局・センター事務所窓口・公式HPから申請できます。

山梨県で交通事故証明書を発行してくれる場所は以下の通りです。

住所

〒400-0202

南アルプス市下高砂825(山梨県総合交通センター内)

電話番号

055-285-2344

山梨県で供述調書・実況見分調書を確認できる場所

過失割合や意見が食い違う場合は、供述調書や実況見分調書を確認しましょう。

山梨県で供述調書・実況見分調書を発行してくれる場所は以下の通りです。

甲府地方検察庁

住所

〒400-8556 

甲府市中央1-11-8

電話番号

055-235-7231(代表)

 

オンライン面談可能な
事務所を表示

山梨県の交通事故の発生数・死亡者数 (2020年統計)

山梨県の交通事故発生件数は減少傾向にあります。
過去5年間で、約12件/日⇒約6件/日程度まで減少しました。

1日当たり約6件の交通事故が発生しているという数値は、全国的には低いといえるでしょう。

 

交通事故発生件数(年間)

1日当たりの交通事故発生件数

2016年

4,337

12

2017年

4,196

11

2018年

3,562

10

2019年

3,003

8

2020年

2,146

6

参考:統計表│警察庁

山梨県の交通事故による死亡者数

また、交通事故の発生件数と同様、交通事故による死亡者数も減少傾向にあります。
過去5年間で、約0.16人/日⇒約0.06人/日程度まで減少しています。

17日に1人が交通事故によって命を落とすという数値は、全国的に低いと言えるでしょう。

 

交通事故による死亡者数(年間)

1日当たりの交通事故による死亡者数

2016年

35

0.10

2017年

37

0.10

2018年

54

0.15

2019年

34

0.09

2020年

21

0.06

参考:統計表│警察庁

山梨県の交通事故の発生数・死亡者数は全国で何位?

山梨県における交通事故の発生件数(2020年時点)は2,146件で、全国第38位となっています。

山梨県の交通事故の特徴は、市街地での発生が多く、車両同士の追突・出会い頭での事故が多いというデータが出ています。

また、人口1万人当たりの死者数は、0.259人で熊本県に次いで、全国27位となっております。

交通事故による死亡率は、0.98%となっており、宮城県に次いで、全国31位になっております。

これらより、山梨県は、「交通事故による人口1万人当たりの死者数は高く、死亡率も高めである」という傾向があります。

都道府県別事故発生件数ランキング

36位

愛媛県

2,404

37位

徳島県

2,165

38位

山梨県

2,146

39位

石川県

2,025

40位

富山県

1,992

 

参考:統計表│警察庁

山梨県で交通事故が多いのは甲府市

2020年の山梨県警察統計資料によると甲府市の交通事故発生件数が665件で1位となりました。

千葉県事故発生件数ランキング

1位

甲府市

665件

2位

甲斐市

215件

3位

笛吹市

212件

4位

南アルプス市

169件

5位

昭和町

125件

参考:市町村別交通事故発生状況(令和2年)

山梨県で「交通事故証明書」を発行してくれる場所

交通事故証明書には、事故発生の日時、場所、事故当事者の氏名などが記載されています。

人身事故か物損事故かを証明することができます。保険金請求にも必要で、郵便局・センター事務所窓口・公式HPから申請できます。

ただし、あくまで交通事故が発生した事実を証明する書類ですので、事故被害の補償額についてはまず保険会社に確認をしましょう。

山梨県で交通事故証明書を発行してくれる窓口は以下の通りです。

・自動車安全運転センター(山梨)

住所

南アルプス市下高砂825(山梨県総合交通センター内)

電話番号

055-285-2344

参考:自動車安全運転センター│所在地一覧

 

山梨県で供述調書・実況見分調書を発行してくれる場所

事故時の状況について相手と意見が食い違う場合は、供述調書や実況見分調書を確認しましょう。
山梨県で供述調書・実況見分調書を発行してくれる場所は以下の通りです。
・甲府地方裁判所

住所

山梨県甲府市中央1-10-7

電話番号

055-213-2525

参考:裁判所│各地の裁判所の所在地・電話番号等一覧

山梨県の交通事故相談窓口

山梨県で交通事故について相談できる窓口をまとめております。

➀ 山梨県警察本部
交通事故で悩みを抱えている方を支援するため、山梨県警察本部には被害相談窓口があり、さまざまな相談に対応しています。


相談窓口 山梨県犯罪被害者等総合支援窓口

住所

山梨県甲府市丸の内1-6-1

電話番号

055-223-4180

アクセス

JR「金手駅」から徒歩14分

相談時間

月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分

参考:警察庁│各都道府県警察の被害相談窓口

 

➁ 山梨県行政書士会無料相談会
山梨県行政書士会では、支部ごとに定期無料相談会を開催しており、県民からの相談に対応しています。

相談窓口

住所

山梨県甲府市丸の内3丁目27番5号

電話番号

055-237-2601

アクセス

JR「甲府駅」より徒歩14分

相談時間

実施する支部によって異なる。

参考:日本行政書士会連合会│行政書士について

 

➂ 公益社団法人被害者支援センター
被害者支援センターは、全国で48の加盟団体を抱え、犯罪被害者と被害者家族・遺族への支援を提供し、犯罪被害者の尊厳や権利が守られる社会の実現のために活動する団体です。

相談窓口 公益社団法人被害者支援センターやまなし

住所

山梨県甲府市丸の内2-28-15 キクヤビル1F

電話番号

055-228-8622

アクセス

JR「甲府駅」から徒歩5分

相談時間

平日 10:00~16:00
(土・日・祝日は除く)

参考:全国被害者支援ネットワーク│全国の支援センター

 

➃ 法テラス
交通事故などで弁護士に直接相談したい場合には、法テラス(日本司法支援センター)が利用できます。

法テラスは、国によって設立された法的トラブル解決のための「総合案内所」です。
全国各地に事務所が設置されており、山梨県内には以下の拠点があります。

 

相談窓口 法テラス山梨

住所

山梨県甲府市中央1-12-37 IRIXビル1F・2F

電話番号

0570-078326

アクセス

JR「甲府駅」南口より徒歩10分
JR甲府駅南口バスターミナル1番乗り場より山梨交通バスへ乗車。甲府地方裁判所停留所にて下車。停留所より徒歩1分

相談時間

平日 9時~17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません。)

参考:法テラス│お近くの法テラス

 

➄ 山梨県弁護士会法律相談センター
山梨県弁護士会は、県内にある弁護士会で法律相談センターを設置し、法律相談会を随時開催しています。

 

相談窓口➀ 法律相談センター

住所

山梨県甲府市中央1丁目8番7号

電話番号

055-235-7202

アクセス

JR甲府駅から徒歩10分

相談時間

午前:火・木曜日…10:00~12:00
午後:月~金曜日…13:00~16:00
夜間:原則毎週木曜日…18:00~20:00

 

相談窓口② 東部法律相談センター

住所

山梨県大月市御太刀1丁目14-24

電話番号

055-235-7202

アクセス

JR大月駅から徒歩6分

相談時間

毎週水曜日 13:00~16:00

 

相談窓口③ 富士五湖法律相談センター

住所

〒403-0004 山梨県富士吉田市下吉田7丁目27-29

電話番号

055-235-7202

アクセス

月江寺駅から徒歩13分

相談時間

月・火・木・金曜日 13:00~16:00

参考:全国の弁護士会の法律相談センター

 

⑥ 山梨県地方検察庁被害者支援員制度
各都道府県にある地方検索庁では「被害者支援員制度」を設けており、交通事故の被害に遭われた方やその家族が事故・事件後に抱える負担や不安を和らげるための支援を行なっています。

 

相談窓口 甲府地方検察庁

住所

甲府市中央1-11-8

電話番号

055-235-7231

アクセス

JR中央本線・身延線「甲府駅」(南口)から徒歩15分

参考:甲府地方検察庁

 

⑦ 自治体の交通事故相談窓口
山梨県では、交通事故の相談窓口として交通事故相談所を各地に設置しています。

 

相談窓口 山梨県交通事故相談所

住所

山梨県甲府市飯田1丁目1-20 JA会館5階

電話番号

055-223- 1571

アクセス

JR甲府駅から徒歩14分

相談時間

記載なし

参考:交通事故相談所一覧