岸正和法律事務所

 > 
 > 
 > 
 > 
岸正和法律事務所
上本町の弁護士本人に、無料電話相談ができます。
Office_info_4831
Office_info_4831 Office_info_4832 Office_info_4833
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 事故直後の相談可
Icon_station 最寄駅:近鉄各線大阪上本町駅・地下鉄各線谷町九丁目駅
Icon_location 大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25タマダビル803号室
Icon_calender 定休日: 無休
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
弁護士費用特約について 

弁護士費用特約とは、交通事故問題の弁護士費用を立て替えてもらえる任意保険会社が提供する保険サービスです。
弁護士費用特約が利用できる状況であれば、ご自身で弁護士費用を全額負担する必要はございません。

ご自身または同居する家族の任意保険に弁護士費用特約が付属していれば、弁護士費用に対する保障をご利用いただけます。弁護士費用特約の利用にはデメリットはないので、もしご契約している場合は依頼をされてみてはいかがでしょうか。

Office_tel
15時55分現在、営業時間内です。お気軽にお問合せください。
0066-97356-4653
岸正和法律事務所
15時55分現在、営業時間内です。
電話で問合せする
0066-97356-4653
メールで問合せする
事務所所在地
大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25タマダビル803号室

まずは気軽に電話で相談できたらいいですよね?
交通事故被害者側のみを取り扱う代表弁護士と
無料電話相談ができる法律事務所

交通事故の被害にあわれ、まだお怪我も治療中となると、法律事務所まで出かけるというのは大きなご負担になるかと思います。

そこで、当事務所では少しでも相談者様のご負担軽減になればという思いから、年中無休で朝8時から夜11時まで、代表弁護士に電話で無料相談ができます。相談に対応するのは、現状、交通事故事件の被害者側だけ取り扱っており、他は取り扱っていないという、異色の弁護士です。

なお、体調の面では法律事務所に出向くことが十分可能であっても、いきなり対面で相談するのではなく、まずはお電話で気軽に相談してみたいという方についても、歓迎しています。

 

むち打ちなんかでは後遺障害なんて認められない、
そう思い込んでいませんか?
むち打ちの後遺障害等級獲得は当事務所までご相談ください

このような怪我で後遺障害の等級が獲得できるのか?
と、不安な方はお気軽に無料電話相談をご利用ください。お電話でご状況をお伺いすれば今後どのような選択、可能性があるのかお伝えすることができます。

当事務所では交通事故事件・被害者側であれば幅広く取り扱っていますが、中でもむち打ち(頚椎・腰椎捻挫等)で後遺障害等級を獲得することを得意としています。もちろん、むち打ち以外の高次脳機能障害などの重傷事案も対応可能です。

 

弁護士費用特約で弁護士費用の自己負担額が0円の方が続出!
弁護士費用特約のない方には、完全成功報酬制プランを用意!

当事務所では交通事故の被害に遭われた方に向けて以下のような弁護士費用体系をご用意しています。正式にご依頼いただく前に詳細をご説明いたしますのでご安心ください。

◆弁護士費用特約が利用できる方の場合
原則として、その特約の基準によることとします。この場合、ほとんどのケースにおいて被害者の方の自己負担は生じません。

◆弁護士費用特約を利用できない方の場合
ご要望に応じて、完全成功報酬制をとることができます。これは、着手金を無料とし、終結後にお客様の得ることができた経済的利益の額の何%をいただく、という制度です。
具体的に何%とするかは、経済的利益の見込額、予想される仕事の量などを考慮して、受任時に合意の上決定します。

 

交通事故被害者解決事例

左橈骨骨折後の痛みで事前認定非該当だったお客様に関する異議申立てが、認められました

左橈骨骨折後、4か月強の治療期間で保険会社の誘導により症状固定とされてしまい、その後の事前認定で後遺障害非該当とされましたが、これを不服とされて相談に来られたお客様です。
骨折は転位(ズレ)がなく、きれいに癒合しているため、14級9号がとれるかどうかの勝負となります。

お客様は、症状固定後も通院治療を継続していましたので、その点をアピールしました。更に、MRI画像を利用する等、主張立証を尽くし、何とか14級9号を獲得できました
骨折が転位なくきれいに癒合した場合、後遺障害をとれないと、弁護士会の弁護士対象のゼミで指導する弁護士もいましたが、実は結構とれます。14級9号という等級の奥深さを知っている弁護士は少ないのかもしれません。

医学を理解しつつ、具体的事案における医学の限界から目を背けることなく、医学的に原因がはっきりとしない痛みが残存する被害者を救済するべきであるという価値判断が、14級9号の根底にあるのです。

被害者の皆様、諦めないでください。

 

治療を3か月間も中断したにもかかわらず、14級9号が認定されました

バイク乗車中、普通自動車に側面衝突された事故による外傷性腰椎神経根症、腰部捻挫等のお客様です。

特筆すべき点は、整形外科への通院が事故の10日後でいったん終了し、その3か月に再開されたという点です。一般的には、後遺障害、特に14級9号の認定は、医師による治療が1か月以上中断すると厳しいとされています。
そうすると、本件のような3か月中断事案では、後遺障害の認定はあり得ない、とも思われます。しかし、本件のお客様は、この3か月間、整骨院に通い続けていたのです。医師による治療中断を、整骨院での施術継続がどの程度補うことができるのかがポイントとなった事案です。

私のところに相談に来られてからは、とにかく整骨院ではなく、整形外科に行くように助言をしました。また、いつものようにMRI画像鑑定を依頼し、主治医の先生とお手紙や診察同行などを通じて十分にコミュニケーションをとることにより、後遺障害診断書を完成させました。主治医の先生は、後遺障害の一発認定は難しいとお客様には仰っていたようですが、幸いにしてその予想を裏切ることができました。

ちなみに、通常、被害者請求の段階では、異議申立ての段階とは異なり、自賠責保険の調査事務所からお医者様に対して調査を行うことなく結論が出されるのですが、本件については例外的に調査が行われました(当然、お医者様による回答の作成に関しても、私がお客様を通じて関与させていただきました。)。調査事務所としても、異議申立ての審査と同等の慎重な審査を行ったようです。

 

頚部捻挫で、後遺障害14級9号認定の示談交渉、賠償総額約496万円

停車中の追突事故です。後遺障害が認定されてからご相談に来られたお客様です。被害者の方はご家族のために家事をされている方でしたが、高齢であったため、原則的には年齢別の女性平均賃金(かなり低額です。)が用いられるような事案でした。

しかし、被害者の方は同年齢の方と比較して非常に健康であり、様々な活動もされている方であったため、そのような特殊事情を周囲の方に証明していただきました。このような立証により、より高額な全年齢の女性平均賃金を用いて休業損害(約124万円)や逸失利益を算定・獲得することができました。
結果、賠償総額は約496万円になりました。そのうち、約96万円は任意保険会社が治療期間中に支払ってくれていましたので、示談交渉により任意保険会社から400万円の支払を受けることができました。

また、受任してからお客様が賠償金を受領するまで、4週間しかかからなかったことも特筆すべき事項といっていいでしょう。

 

約27万円から約320万円に約12倍アップ

追突事故で通院治療4か月を経過した際、保険会社から治療費支払の打ち切りと慰謝料約27万円での示談の話をされたため、私のところに来られたというお客様です。
自覚症状は腰痛のみで足の痺れ等はなく、レントゲンや神経学的検査でも異常はない、という状態でした。また、お仕事が大変忙しいため、それまでに30回強しか通院できていませんでした。

受任した後、私はまず、交渉により保険会社に治療費支払の延長を認めてもらいました。更に、MRI検査を受けていただいた時点で、症状固定となりました。事故後ちょうど6か月というタイミングです。

その後、自賠責保険に後遺障害についての被害者請求を行いました。その際、お客様が事故時に撮影された被害車両の写真の中に、かなりいい写真があったため、それらを添付しました。特に、車両後部のガラスがきれいになくなっている写真のインパクトは強烈で、他に特に強い要素が見当たらない案件でしたが、何とか腰部神経症状で14級9号が認定されました(ちなみに、むち打ち等で後遺障害等級獲得6連勝のうち、6番目の方です。)

その後、保険会社と示談交渉を行いました。当初保険会社は、後遺障害に関し、労働能力逸失期間を4年とし、後遺障害慰謝料を裁判基準の8割とするなど、非常に強硬な態度でした。しかし、交渉の結果、それぞれ5年、10割と変更させることができ、更には入通院慰謝料の裁判基準からの増額にも成功しました。

その結果、賠償金は約320万円(上記被害者請求により獲得した75万円を含み、治療関係費、休業損害及び通院交通費を除きます。)となり、受任前に提示されていた金額の12倍近くに増額されることになったのです。
 

事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。
Office_tel
15時55分現在、営業時間内です。お気軽にお問合せください。
0066-97356-4653
弁護士事務所情報
事務所名 岸正和法律事務所
弁護士 岸 正和
所属団体 大阪弁護士会会員
住所 大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25タマダビル803号室
最寄駅 近鉄各線大阪上本町駅・地下鉄各線谷町九丁目駅
電話番号 0066-97356-4653  【通話料無料】
対応地域 京都府  大阪府  兵庫県  奈良県  和歌山県 
定休日 無休
営業時間

平日 :8:00〜23:00

土曜 :8:00〜23:00

日曜 :8:00〜23:00

祝祭日:8:00〜23:00

営業時間備考 事務所営業時間は平日9時~19時・土曜日9時~15時なのですが、営業時間外・日曜日・祝日も、原則として転送電話(転送料金は当事務所が負担します)でお電話に対応できるようにしています。また、事前に予約さえしていただければ、営業時間外・日曜日・祝日もご来所に対応することが可能です。
弁護士経歴 奈良県立畝傍高等学校 卒業
神戸大学法学部法律学科 卒業

大阪弁護士会では交通事故委員会判例分析部会に所属しこれにほぼ毎回出席すること、及び交通事故委員会の大阪地方裁判所交通部、損害保険協会及び日弁連交通事故相談センター東京支部等との懇談会に出席することにより、交通事故事件裁判実務に関する最先端の知識・情報を入手しています。
また、大阪弁護士会や日本弁護士連合会の交通事故関係の研修については、出席又は聴講しています。
その他取扱業務 交通事故被害者救済をその設立の趣旨とする法律事務所ですので、いつも受任事件のほぼ全てが交通事故事件・被害者側です。交通事故被害者救済の専門性を高めるため、交通事故以外の事件の法律相談及び受任はお断りすることが少なくありません。また、交通事故被害者救済という設立の趣旨から、100%加害者としか言えないような方からの法律相談及び受任はお断りしていますので、お電話はご遠慮ください。
初回相談料金体系 初回相談無料
アクセスマップ

Btn-map-large
Office_tel
15時55分現在、営業時間内です。お気軽にお問合せください。
0066-97356-4653