鳥取県で交通事故トラブルが得意な弁護士一覧

交通事故弁護士ナビTOP > 弁護士検索 > [鳥取県][交通事故]弁護士
鳥取県で交通事故が得意な弁護士が 172 件 見つかりました。 鳥取県で交通事故にお悩みの方は、電話・メールにて法律事務所へご相談ください。
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。

172件の弁護士が該当しました

▼ さらに条件を指定する

  • 来所不要
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 物損事故の相談可能
  • オンライン面談可能
  • 着手金0円プランあり
  • 何度でも相談無料
  • 初回の面談相談無料
住所 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
最寄駅 鳥取県をはじめ、全国の相談に対応をしております。
定休日 無休 営業時間

平日:09:30〜21:00

土曜:09:30〜18:00

日曜:09:30〜18:00

祝日:09:30〜18:00

休日・平日夜間対応可】急な事故にも対応いたします!日中・平日は時間が取れない方◆豊富な解決実績◆交通事故専門チームが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください【「電話で問合せ」をタップ!
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-3757
受付時間 : 09:30〜21:00
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ
鳥取県のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
172件 | 鳥取県 交通事故が得意な弁護士 (140件)
鳥取県の事故弁護士が回答した解決事例
頸椎捻挫(むち打ち)の賠償につき、950万円以上の示談金を獲得!
【被害者専門/全国対応】広島支店 アディーレ法律事務所
50代/男性/車対車
  • 等級
  • その他
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
なし 約950万円
獲得した賠償金
950万円
弁護士によるサポートで後遺障害の等級14級獲得!高齢の専業主婦でも、賠償総額は294万円以上に!
【被害者専門の相談窓口】福岡支店 アディーレ法律事務所
70代/女性/車対車
  • 等級
  • 14級
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約65万円 約290万円
増額した賠償金
225万円
事故で今後に多大な影響。弁護士が逸失利益などの増額を主張し、賠償金は2,900万円以上!
【被害者専門/全国対応】旭川支店 アディーレ法律事務所
30代/女性/車対車
  • 等級
  • 9級
  • 受傷部位
  • 上肢
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約1,100万円 約2,900万円
増額した賠償金
1,800万円
弁護士の交渉により、兼業主婦の家事労働につき休業損害の増額に成功!
【被害者専門の相談窓口】佐世保支店 アディーレ法律事務所
40代/女性/車対車
  • 等級
  • その他
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約120万円 約170万円
増額した賠償金
50万円
弁護士費用特約を活用し、100万円以上の示談金が支払われたケース
【全国対応】弁護士法人・響
60代/男性/車対車
  • 等級
  • その他
  • 受傷部位
  • 上肢
保険会社提示金額 弁護士依頼後
なし 約143万円
獲得した賠償金
143万円
保険会社の対応が苦痛で弁護士に依頼。賠償金は440万円以上に!
【被害者専門の相談窓口】池袋本店 アディーレ法律事務所
50代/女性/車対車
  • 等級
  • 14級
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約118万円 約440万円
増額した賠償金
322万円
慰謝料・休業損害の増額
【被害者の相談専用窓口|来所不要】千葉志法律事務所
千葉県/30代/女性/車対車
  • 等級
  • その他
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約90万円 約160万円
増額した賠償金
70万円
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

鳥取県の交通事故問題に対応できる弁護士の解決事例

鳥取県に対応できる弁護士の解決事例をいくつか紹介します。詳しい解決事例は「解決事例」よりご確認ください。

玉突き事故にあい後遺障害14級、賠償金約310万円獲得したケース

事故状況

車×車

後遺障害等級

なし→14級

慰謝料

75万円→310万円

赤信号停車中に玉突き事故に巻き込まれ、その時の衝撃で体の広い範囲に痛みを感じるようになりました。自身で保険会社と交渉したとき、「75万円以上払えない」と増額を拒否。

 

保険会社の対応が妥当ではないと感じ弁護士に相談しました。

慰謝料の増額が見込めることと、後遺障害の認定も受けられる可能性があったため、後遺障害申請からサポートし、弁護士を通し保険会社に慰謝料請求を行いました。

 

その結果、判断が変わり14級の獲得に成功。その上保険会社との示談交渉し、当初の4倍以上の310万円の損害賠償金を獲得できました。

 

賠償額が0円から約1,320万円に増加したケース

事故状況

車×人

後遺障害等級

なし→8級

慰謝料

0円→1,316万円

横断歩道のない道路を横断中、車両にはねられ約3ヶ月の入院が必要な重傷を負いました。

治療を1年ほど続けた頃、保険会社との対応がわからず適正な賠償を受けたいと考え弁護士事務所に相談。医師への協力を仰ぐなど事前準備を行い、後遺障害申請しました。

 

その結果、後遺障害8級の認定を受け、慰謝料含め1,316万円を獲得することができました。

 

事故から3年後、後遺障害12級、賠償金約1,630万円獲得したケース

事故状況

車×車

後遺障害等級

なし→12級

慰謝料

85万円→約1,630万円

交差点を直進中、一時停止を無視して交差内に侵入してきた車両に衝突され、重傷を負いました。はじめは行政書士に相談しましたが、手続きが進まず3年間の契約を解除し弁護士事務所に相談。まず診断書の精査などを行い後遺障害等級が認定されるようサポートしました。

 

その結果、後遺障害12級の認定を受けることに成功し、1,627万円の損害賠償金を受け取りました。

鳥取県の弁護士へ相談する流れ

弁護士への相談を決めた方は、まず地域と相談したい内容から自分の都合にピッタリな弁護士を探しましょう。

 

どのような基準で弁護士を選べばいいのかわからない人は、まず弁護士の対応日時と地域から、無理なく相談できそうかで判断してみてください。例えば、仕事で18時以降にしか相談できない、休日にしか相談できない人は、19時以降も対応してくれる事務所土日祝日対応可能な事務所への相談がおすすめです。

 

事務所が決まったら、電話もしくはメールで弁護士に現在状況やどうしたいのかについて簡単に説明します。説明時で必ず以下の5つは伝えるようにしましょう。

 

  1. 加害者か被害者か
  2. 怪我の程度(後遺障害が残っているか)
  3. 現在の状況(通院中・保険会社と示談している)
  4. 何を希望するか(提示された金額が妥当なのか知りたい、損害賠償に納得できない など)
  5. 弁護士費用特約に加入しているか

上記5つは、弁護士が受任できるかどうかの判断基準にもなります。また、面談相談した時にもある程度事情を把握してもらっておくとスムーズな相談が可能です。

弁護士費用特約は、自分が加入していなくても以下の続柄の方が加入しているのであれば利用できます。

弁護士費用特約は、ご加入の任意保険に付帯しているオプションですので、自分が利用できるかわからない人は弁護士もしくは保険会社に確認しましょう。

 

面談日程が決まったら、実際に面談相談を行います。面談相談では、弁護士や事務所の雰囲気を確認してください。

信頼できると思った場合はそのまま弁護士に依頼できますし、もし少しでも不安があるようであれば、相談のみにとどめ別の事務所に再度相談してみるのも可能です。

 

弁護士が契約を迫ることはありませんので、ご安心ください。

 

鳥取県で弁護士を選ぶ際のポイント

弁護士を選ぶポイントは、主に以下の5つです。

 

弁護士へ相談し、最大限のメリットを受けるには「信用できるか」が重要です。実際に相談してみて少しでも不安があるようであれば、他の弁護士に相談した方が良いでしょう。

 

鳥取県の交通事故の発生数・死亡者数(2019年統計)

鳥取県交通事故の発生件数は徐々に減少してきています。

過去5年間で約3件/日⇒約2件/日程度まで減少しました。

死亡者数は過去5年間でみると約0.10人/日⇒約0.08人/日程度まで減少していますが、2017年と2019年は前年と比較すると約10人程度増加しているようです。

しかし、2017年、2019年は前年と比べると増加してしまっています。

このような増加の背景には、運転する側の高齢化も考えられるでしょう。高齢者の死者数は20人と、全体の65.4%を占め、高齢者が第一当事者となった事故の割合は30.1%を占めます。被害者が高齢者の場合はもちろん、加害者であっても事故で重傷になりやすいのが特徴です。

鳥取県の交通事故の発生数・死亡者数は全国で何位?

鳥取県における交通事故の発生件数(2019年時点)は805件最下位となっています。

また、死亡者数は31人で石川県、福井県と並んで43位でした。

鳥取県の交通事故発生件数が最下位なのは、人口が約56万6千人と日本で最も少ないため、相対的に事故の発生件数も少なくなっているからだと考えられます。

 

都道府県別事故発生件数ランキング

1位

大阪

30,914

2位

愛知

30,836

3位

東京

30,467

4位

福岡

26,936

5位

静岡

25,102

.............

.............

.............

43位

高知

23,294

44位

秋田

22,896

45位

福井

21,359

46位

島根

16,476

47位

鳥取

11,831

都道府県別事故死亡者数ランキング

1位

千葉

172

2位

愛知

156

3位

北海道

152

4位

兵庫

138

5位

東京

133

.............

.............

.............

42位

石川

31

43位

福井

31

43位

鳥取

31

46位

山梨

25

46位

島根

25

 

鳥取県で交通事故が多いのは米子市

米子市は3つの鉄道路線をはじめ、空港や米子道・山陰道が通る交通の要衝であるため、車等の行きかいが多く事故が発生しやすいのかもしれません。

市区町村別事故発生件数ランキング

市区町村別事故発生件数ランキング

1位

米子市

292件

2位

鳥取市

262件

3位

倉吉市

72件

4位

境港市

32件

5位

北栄町

30件

6位

大山町

20件

7位

琴浦町

18件

8位

伯耆町

14件

9位

湯梨浜町

13件

9位

日吉津村

13件

 

鳥取県で事故の多い曜日や時間帯

鳥取県では全事故の約75%が昼に起きています。

また、死亡事故は昼に56.7%、夜に43.3%と大体同じ件数発生しています。夜は視界が悪いため歩行者等の発見に遅れ、ブレーキが間に合わず重篤な事故に繋がっているのかもしれません。

また、曜日別にみていくと金曜日が149件と最も多く、土曜日が88件と最も少ないという結果になりました。

他県では、「サンデードライバー」という用語が使われるほど土曜日に車を運転する人が増え、事故が最も多くなる傾向にあるが、鳥取県では逆に最も事故が少ないのが土曜日となっています。

鳥取県で「交通事故証明書」を発行してくれる場所

交通事故証明書は、事故の発生を公的に証明する書類で、保険金請求に必要です。郵便局・センター事務所窓口・公式HPから申請できます。

鳥取県で交通事故証明書を発行してくれる場所は以下の通りです。

住所

〒680-0841

鳥取市吉方温泉2-501-1(東部地区運転免許センター内)

電話番号

0857-50-1288

鳥取県で供述調書・実況見分調書を確認できる場所

過失割合や意見が食い違う場合は、供述調書や実況見分調書を確認しましょう。

鳥取県で供述調書・実況見分調書を発行してくれる場所は以下の通りです。

住所

〒680-0022

鳥取市西町3丁目201番地

電話番号

0857-22-4171(代表)

 

 

 

 

鳥取県の交通事故の発生数・死亡者数 (2020年統計)

鳥取県の交通事故発生件数は減少傾向にあります。
過去5年間で、約3件/日⇒約2件/日程度まで減少しました。

1日当たり約2件の交通事故が発生しているという数値は、全国的には低いといえるでしょう。

 

交通事故発生件数(年間)

1日当たりの交通事故発生件数

2016年

967

3

2017年

965

3

2018年

869

2

2019年

805

2

2020年

628

2

参考:統計表│警察庁

鳥取県の交通事故による死亡者数

交通事故の死亡者数は、過去5年と比較すると変化は見られていません。
約0.08人/日⇒約0.05人/日程度でほぼ横ばいです。

20日に1人が交通事故によって命を落とすという数値は、全国的に低いと言えるでしょう。

 

交通事故による死亡者数(年間)

1日当たりの交通事故による死亡者数

2016年

17

0.05

2017年

26

0.07

2018年

20

0.05

2019年

31

0.08

2020年

17

0.05

参考:統計表│警察庁

鳥取県の交通事故の発生数・死亡者数は全国で何位?

鳥取県における交通事故の発生件数(2020年時点)は628件で、全国第47位となっています。

鳥取県の交通事故の特徴は、県道での発生が多く、車両同士の追突・出会い頭での事故が多いというデータが出ています。

また、人口1万人当たりの死者数は、0.307人で栃木県に次いで、全国18位となっております。

交通事故による死亡率は、2.71%となっており、岩手県に次いで、全国3位になっております。

これらより、鳥取県は、「交通事故による人口1万人当たりの死者数は多く、死亡率は特に高い」という傾向があります。

都道府県別事故発生件数ランキング

43位

秋田県

1,377

44位

高知県

1,263

45位

福井県

868

46位

島根県

737

47位

鳥取県

628

参考:統計表│警察庁

鳥取県で交通事故が多いのは米子市

2020年の鳥取県警察統計資料によると米子市の交通事故発生件数が242件で1位となりました。

鳥取県事故発生件数ランキング

1位

米子市

242件

2位

鳥取市

198件

3位

倉吉市

44件

4位

境港市

42件

5位

北栄町

17件

参考:図解交通年鑑令和2年版

 

鳥取県で交通事故が多い曜日

鳥取県での交通事故が多い曜日は『木曜日/98件』です。

木曜日は帰宅時間が遅くなり集中力が低下している状態で運転している割合が高まること等が原因で、交通事故発生件数が多いと考えられます。

区分 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
事件件数

96

96 76 98 92 91

79

死者

0

5 3 4 1 3

1

負傷者

117

110 89 111 103 116

103

 

なお、日中と夜間では日中の事故発生件数のほうが多いです。(日の出から日没までを日中とした場合)。これは通勤時間の交通の混雑が影響しているのではないかと考えられます。

区分 発生件数 死者数

76.9%

82.4%

23.1%

17.6%

参考:図解交通年鑑令和2年版

 

鳥取県で「交通事故証明書」を発行してくれる場所

交通事故証明書には、事故発生の日時、場所、事故当事者の氏名などが記載されています。

人身事故か物損事故かを証明することができます。保険金請求にも必要で、郵便局・センター事務所窓口・公式HPから申請できます。

ただし、あくまで交通事故が発生した事実を証明する書類ですので、事故被害の補償額についてはまず保険会社に確認をしましょう。

鳥取県で交通事故証明書を発行してくれる窓口は以下の通りです。

 

・自動車安全運転センター(鳥取)

住所

鳥取市吉方温泉2-501-1(東部地区運転免許センター内)

電話番号

0857-50-1288

参考:自動車安全運転センター│所在地一覧

 

鳥取県で供述調書・実況見分調書を発行してくれる場所

事故時の状況について相手と意見が食い違う場合は、供述調書や実況見分調書を確認しましょう。
鳥取県で供述調書・実況見分調書を発行してくれる場所は以下の通りです。


・鳥取地方裁判所

住所

鳥取県鳥取市東町2-223

電話番号

0857-22-2171

参考:裁判所│各地の裁判所の所在地・電話番号等一覧

鳥取県の交通事故相談窓口

鳥取県で交通事故について相談できる窓口をまとめております。

 

➀ 鳥取県警察本部
交通事故で悩みを抱えている方を支援するため、鳥取県警察本部には相談窓口があり、さまざまな相談に対応しています。

 

相談窓口 警察総合相談

住所

鳥取県鳥取市東町1丁目271番地

電話番号

0857-27-9110

アクセス

JR「鳥取駅」から徒歩23分

相談時間

月曜~金曜 午前8時45分~午後5時30分

参考:警察庁│各都道府県警察の被害相談窓口

 

➁ 鳥取県行政書士会無料相談会
鳥取県行政書士会では、支部ごとに定期無料相談会を開催しており、県民からの相談に対応しています。

 

相談窓口

住所

鳥取県鳥取市富安2-159 久本ビル5F

電話番号

0857-24-2744

アクセス

JR「鳥取駅」より徒歩3分

相談時間

実施する支部によって異なる。

参考:日本行政書士会連合会│行政書士について

 

➂ 公益社団法人被害者支援センター
被害者支援センターは、全国で48の加盟団体を抱え、犯罪被害者と被害者家族・遺族への支援を提供し、犯罪被害者の尊厳や権利が守られる社会の実現のために活動する団体です。

 

相談窓口 公益社団法人とっとり被害者支援センター

住所

鳥取県鳥取市西町1丁目401
鳥取県庁西町分庁舎2階

電話番号

0120-43-0874

アクセス

JR「鳥取駅」から徒歩21分

相談時間

月~金(年末年始、祝・祭日を除く) 10:00~16:00

参考:全国被害者支援ネットワーク│全国の支援センター

 

➃ 法テラス
交通事故などで弁護士に直接相談したい場合には、法テラス(日本司法支援センター)が利用できます。

法テラスは、国によって設立された法的トラブル解決のための「総合案内所」です。
全国各地に事務所が設置されており、鳥取県内には以下の拠点があります。

 

相談窓口 法テラス鳥取

住所

鳥取県鳥取市西町2-311 鳥取市福祉文化会館5F

電話番号

0570-078357

アクセス

「鳥取駅」東口より徒歩20分
路線バス及び100円バスくる梨「福祉文化会館前」停留所の目の前

相談時間

平日 9時~17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません。)

参考:法テラス│お近くの法テラス

 

➄ 鳥取県弁護士会法律相談センター
鳥取県弁護士会は、県内にある弁護士会で法律相談センターを設置し、法律相談会を随時開催しています。

 

相談窓口➀ 法律相談センター米子

住所

米子市西福原2-1-10

電話番号

0859-23-5710

アクセス

富士見町駅から徒歩13分

相談時間

毎週火曜日 午後1時30分~午後4時00分
毎週金曜日 午前10時30分~午後12時30分

 

相談窓口② 法律相談センター倉吉

住所

倉吉市葵町724番地15

電話番号

0858-24-0515

アクセス

倉吉駅から車で12分

相談時間

毎週土曜日 午前9時30分~正午

 

相談窓口③ 法律相談センター鳥取

住所

鳥取市東町2-221

電話番号

0857-22-3912

アクセス

鳥取駅から車で10分

相談時間 

毎週土曜日 午前9時30分~正午

参考:全国の弁護士会の法律相談センター

 

⑥ 鳥取県地方検察庁被害者支援員制度
各都道府県にある地方検索庁では「被害者支援員制度」を設けており、交通事故の被害に遭われた方やその家族が事故・事件後に抱える負担や不安を和らげるための支援を行なっています。

 

相談窓口 鳥取地方検察庁・鳥取区検察庁

住所

鳥取市西町3丁目201番地

電話番号

0857-22-4171

アクセス

JR山陰本線・因美線「鳥取駅」から徒歩20分
日本交通・日ノ丸バス「わらべ館前」バス停から徒歩1分

参考:鳥取地方検察庁

 

 

⑦ 自治体の交通事故相談窓口
鳥取県では、交通事故の相談窓口として交通事故相談所を各地に設置しています。

 

相談窓口➀ 鳥取県交通事故相談所

住所

鳥取県鳥取市東町1丁目271番地 鳥取県庁第二庁舎1階

電話番号

0857-26-7101

アクセス

鳥取駅から車で8分

相談時間

月・火・水・金曜日 08:30から12:00、13:00から16:00

 

相談窓口② 米子交通事故相談所

住所

鳥取県米子市糀町1丁目160番地 西部総合事務所地域振興局内

電話番号

0859-33-0091

アクセス

米子駅から徒歩8分

相談時間

月・火・水・金曜日 08:30から12:00、13:00から16:00

参考:交通事故相談所一覧