横断歩道を歩行中に車に衝突され、右膝を受傷。賠償額を449万円に増額した事例

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 横断歩道を歩行中に車に衝突され、右膝を受傷。賠償額を449万円に増額した事例
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
埼玉県/50代/女性
車対人
脛骨高原骨折
295万円
14

事故の状況

"横断歩道を歩行中に右前方から来た車に衝突され、右足高原骨折を負いました。
治療から1年半以上経っても右膝にしびれが残っている状態で、後遺障害等級14級が認められました。"

依頼内容

当初、相手方の任意保険会社から提示された賠償額は150万円ほどで、低すぎるのではないかと不安に思い、アトムの無料相談で慰謝料金額の診断を受けられました。

対応と結果

"弁護士基準でみると、賠償額を大きく増額できる可能性があったため、事務所にご来所の上でより詳しい説明をさせていただいた結果、アトムにご依頼いただくことになりました。
弁護士が入った結果、示談交渉はスムーズに進み、弁護士介入前の2.9倍であるおよそ250万円で示談が成立しました。"