【熊本相談窓口】弁護士法人グレイス【無料電話相談/出張相談有】

交通事故弁護士ナビTOP > 弁護士検索 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 【熊本相談窓口】弁護士法人グレイス【無料電話相談/出張相談有】
相談料着手金0円!/年間100件以上解決実績/交通事故チーム
【熊本相談窓口】弁護士法人グレイス【無料電話相談/出張相談有】
【熊本相談窓口】弁護士法人グレイス【無料電話相談/出張相談有】 【熊本相談窓口】弁護士法人グレイス【無料電話相談/出張相談有】 【熊本相談窓口】弁護士法人グレイス【無料電話相談/出張相談有】
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 事故直後の相談可
Icon_station 最寄駅:鹿児島市電「いづろ通り電停」徒歩1分、鹿児島市営バス「いづろ」バス停から徒歩1分
Icon_location 鹿児島県鹿児島市金生町1-1ラウンドクロス鹿児島6階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
弁護士費用特約について 

弁護士費用特約とは、交通事故問題の弁護士費用を立て替えてもらえる任意保険会社が提供する保険サービスです。
弁護士費用特約が利用できる状況であれば、ご自身で弁護士費用を全額負担する必要はございません。

ご自身または同居する家族の任意保険に弁護士費用特約が付属していれば、弁護士費用に対する保障をご利用いただけます。弁護士費用特約の利用にはデメリットはないので、もしご契約している場合は依頼をされてみてはいかがでしょうか。

Office_tel
11時55分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-5913
【熊本相談窓口】弁護士法人グレイス【無料電話相談/出張相談有】
※11時55分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
0066-97356-5913
メールで問合せする
事務所所在地
鹿児島県鹿児島市金生町1-1ラウンドクロス鹿児島6階

交通事故被害に遭われた方、まずはご相談ください

年間100件以上の解決実績|後遺障害や死亡事故などの重症案件を得意としています

当事務所は、交通事故の被害に遭われた方を一人でも多く救いたいと考えています

  • 「後遺症が心配だ」
  • 「生活費はどうすればいいのか」
  • 「事故で家族を亡くした」
  • 「保険会社から提示された金額に納得ができない」
  • 「後遺障害等級が妥当とは思えない」など


交通事故に関して問題を抱えているようでしたら、当事務所へ一度ご相談ください。
 

年間100件以上の解決実績で培った知見を活かし、綿密な実証とサポートにて交通事故被害者の方、ご遺族の方が抱えている問題を解決できるようサポート致しますのでご安心ください。
 

電話相談・休日相談にも柔軟に対応しています

弁護士法人グレイスは鹿児島県に事務所を構えておりますが

交通事故でお困りになられている熊本県の方々のお力になりたい

との思いから熊本県の被害者の方についてはお電話でのご相談をお受けしております。

高次脳機能障害や遷延性意識障害、骨折等の重傷を負われ外出が困難な場合や、入院中でいらっしゃる場合、もしくは遠方にお住まいでご来所が難しい方には出張相談が可能です。
(※ケースによっては出張費を無料で対応できるケースがございます)

同様に、重症を負われた方のご家族やご遺族全員の予定が合わない場合には、土日の休日相談も対応しております。
 

弁護士法人グレイスが選ばれる理由

年間100件以上の解決実績のある交通事故に注力した部門が対応いたします

圧倒的な交通事故に関する知識と保険会社との交渉実績にて、安心してご依頼いただけます。

経験が豊富なだけでなく、全国対応の事務所よりも具体的な調査が可能となっていると自負しております。

熊本県内で発生した交通事故の事例も多数把握しているため、ご依頼者の方の状況に近い事例を効果的に利用し、交渉を有利に進めます。
 

相談料・着手金0円|後遺障害案件、死亡事故案件の解決実績多数

後遺障害案件、死亡事故案件の解決に自信がありますので、お任せください。

後遺障害に関しては、医学的な知識の豊富な弁護士やスタッフがご相談者様をサポートいたします。

なかでも高次脳機能障害等の重い障害の医学的な立証やサポート実績が多数ございますので、他の法律事務所に相談したが断られた事がある場合であっても、ぜひ一度ご相談ください。
 

当事務所の解決事例

遠方の被害者へ負担をかけないよう電話・メールで対応。保険会社からの提示額も390万円から1,100万円へ上昇した事案

相談内容

相談者の方は、40代の女性

友人の車の助手席に座って移動していたところ、友人がハンドル操作を誤ったためにガードレールに衝突。

第2腰椎椎体骨折を負ってしまいました。

後遺障害等級11級が認定されており、保険会社からも賠償金390万円の提示がありましたが、

この金額が適切なのか確認したい

とのことで、当事務所へお電話くださいました。

相談者の方は当事務所から1時間半ほどの距離にお住まいで、はじめは福岡の弁護士へ電話相談をしたところ

420万円までは上昇可能

との返事をもらったそうです。

しかしその金額が妥当なのか判断できず、交通事故に特化した部門を有し、かつ電話相談や出張相談も対応している当事務所へ改めてご相談くださったとのことでした。

その後のサポート内容と解決結果を見る

サポートの流れ

上記の通り、相談者の方は遠方にお住いだったため、なるべくご負担にならないよう、主にお電話での対応を行いました。

また、相手方から提示された資料や診断書などが必要な場合はメールでやり取りをするなど、可能な限りご負担のないような方法をとらせていただきました。

保険会社の提示金額、福岡の弁護士が回答した金額ともに、当事務所の弁護士が介入することで上昇する可能性が十分にある旨をご説明。 正式にご依頼を受け、
 

  1. 後遺障害等級11級は適切かの精査
  2. 適切な賠償金の獲得 のサポートをさせていただきました。

 

サポートの結果とポイント

 

サポート前

サポート後

後遺障害等級

11級7号

11級7号

休業損害

6万円

66万円

入通院慰謝料

53万円

108万円

後遺障害慰謝料

331万円

420万円

逸失利益

0円

(後遺障害慰謝料に含む)

506万円

合計額

390万円

1100万円

※千円以下は四捨五入しております。


保険会社からの提示額が極めて低かったのは、逸失利益について算定されてたなかったことが原因でした。

後遺障害11級7号が認定されていても、「将来の収入には影響しない」と判断され、逸失利益が算定されづらいケースもあります。

しかし、我々は「依頼者の方の症状を考えると、将来に影響がないとは言えない」と考え、相手方の保険会社と議論を重ねました。

私ども事故傷害部には、後遺障害逸失利益が算定されにくい後遺障害でも、訴訟を行わずに解決するノウハウを蓄積しています。

事故の被害に遭われた方のことを真摯に考え、親身になってサポートしています。

信頼関係を築くためにはお顔を見てお話をするのが重要だと考えてはおりますが、依頼者の方のご事情に合わせ、電話相談や出張相談など、柔軟に対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

後遺障害が認定され保険会社提示額197万円から1130万円ほどの賠償金を獲得した事案

相談内容

依頼人が、大型自動二輪車を運転していたところ、普通乗用自動車に追突されました。

追突の衝撃により、依頼人は腰から道路に転落し、第3、第4腰椎圧迫骨折の傷害を負い、救急搬送されました。

依頼人が相談に来られたのは、すでに後遺障害等級14級が認定され、加害者側の保険会社から197万円の賠償案が提示された後でした。

認定された等級が納得できないということで、当事務所にご相談に来られました。

その後のサポート内容と解決結果を見る

サポートの流れ

依頼人の圧迫骨折は、症状固定時においても明確に腰椎の変形が認められる程度のものでした。

そのため、異議申立により、14級よりも上位の等級が認定される可能性がありました

そこで、異議申立を行うことを前提に、なぜ後遺障害等級が14級に留まっているのか、資料を集め分析することから業務を始めました。
 

サポートの結果

受傷当初から圧迫骨折の所見があったことを、医療記録、過去の検査結果等から明らかにし、異議申立を行いました。

その結果、後遺障害等級11級が認定されました。

変更された等級に基づいて交渉を行い、最終的に1130万円ほどの賠償金を獲得しました。

 

専業主婦が自転車で走行中、自動車に衝突され受傷し14級が認定され685万円の賠償金を獲得

相談内容

40代後半の専業主婦が自転車を運転して青色信号にしたがって横断歩道を進行していたところ、左折進行してきた自動車に衝突され、外傷性頸部症候群、肋骨骨折、左膝内側側副靱帯損傷、左膝関節拘縮の傷害を負いました。

9か月弱通院された後、保険会社から治療費の立替払を打ち切られた上、病院の担当医師に後遺障害診断書を書いてもらうことができませんでした。

しかし、症状が残存しており、治療を継続したいとの希望があったこと、保険会社から損害賠償額の提案があったことをきっかけに、ご相談にいらっしゃいました。

その後のサポート内容と解決結果を見る

サポートの流れ

後遺障害診断書を書いてくれなかった病院ではなく、他の病院で、健康保険を利用して治療を行うことを提案しました。

その病院で5か月余り通院した後、後遺障害診断書を書いてもらうことができました。

結果、左膝関節の疼痛、こわばり等の症状を理由に第14級9号が認定されました。示談交渉では折り合いがつかず、訴訟手続を利用することとしました。
 

サポートの結果

裁判所から和解案が出されました。

労働能力喪失期間が18年と認めるなどといった内容でした。

後遺障害等級が認定され、慰謝料、後遺障害慰謝料、休業損害など最終的に685万円を獲得

 

こうしたご相談にも対応しております

  • 保険会社や交通事故加害者の対応が不誠実
  • 治療中なのに、治療終了を急かされている
  • 後遺症が残ったが、後遺障害に対する賠償が認められない
  • 過失割合に納得ができない
  • 交通事故に遭い仕事に行けないので生活ができない
  • 保険会社から提示された示談金が適切か知りたい


など、上記以外にも交通事故に関する様々な問題もご相談ください。

事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。
Office_tel
11時55分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-5913
弁護士事務所情報
事務所名 弁護士法人グレイス
弁護士 弁護士 永渕友也 弁護士 林田芳弘 弁護士 桂典之
所属団体 東京弁護士会、鹿児島県弁護士会
住所 鹿児島県鹿児島市金生町1-1ラウンドクロス鹿児島6階
最寄駅 鹿児島市電「いづろ通り電停」徒歩1分、鹿児島市営バス「いづろ」バス停から徒歩1分
電話番号 0066-97356-5913  【通話料無料】
対応地域 鹿児島県|熊本県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:00〜24:00

営業時間備考 事前のご予約で土日祝のご相談も対応しております。
平日18時~24時と土日祝のお電話はコールセンターにてご対応させていただきます。
弁護士経歴 【永渕 友也:経歴】
2003年 4月 上智大学法学部 入学
2007年 3月 上智大学法学部 卒業
2007年 4月 獨協大学法務研究科(法科大学院) 入学
2010年 3月 獨協大学法務研究科(法科大学院) 修了
2011年 9月 新司法試験合格
2011年11月 司法研修所 入所
2013年 1月 弁護士法人グレイス 入所
著書および論文名 【メディア出演】
2016年 2月まちの専門家をさがせるWebガイド「マイベストプロ鹿児島」に「弁護士として依頼者の心に寄り添う交通事故専門のプロ」として掲載
2016年 3月生活情報サイト「日本元気レポート」にインタビュー掲載
【セミナー実績】
2016年 2月交通事故セミナー(鹿児島市吉野の整骨院にて)
2017年 1月保険法務徹底強化セミナー②「家族に関する法律と保険業務のトラブル」
アクセスマップ

Btn-map-large
Office_tel
11時55分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-5913