弁護士法人田中ひろし法律事務所

営業時間外
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
弁護士法人田中ひろし法律事務所 弁護士法人田中ひろし法律事務所 弁護士法人田中ひろし法律事務所 弁護士法人田中ひろし法律事務所
住所 熊本県熊本市西区春日5丁目6−5
最寄駅 熊本駅より徒歩3分
定休日 土曜 日曜 祝日
対応地域 熊本県 
ただいま営業時間外

お問合せはコチラへ

050-5228-2756
受付時間:09:00〜17:30
利用規約個人情報保護方針 に同意の上、ご連絡ください。
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ
  • 事務所詳細
  • インタビュー
弁護士法人田中ひろし法律事務所からのメッセージ

●お電話での対応について●

新型コロナウイルス感染が広がっており、自粛要請や緊急事態宣言の報道をうけ、「外出をできる限り避けたい」というご相談者様もいらっしゃることと思います。

当事務所では現在、このような方々へ配慮し、お電話でのご相談に対応しております。

まずはお電話にて、お気軽にご相談内容をお聞かせください。

早期解決がモットー|交通事故の被害者様に優位な解決を目指します】

当事務所では、交通事故の被害者様に優位な条件で早期解決できるよう努めております。
 

ご依頼者様により良い条件で解決させるためには、1分1秒を無駄にしないことが大切です。

迅速な対応でご依頼者様をサポートしますので、どうぞ安心してご相談ください。
 

診断書に記載される全ての傷病名が確認できる体制が整っています

ご依頼者様に優位な解決を目指すためには、医師が記載する診断書の傷病名を把握しておくことが大切です。

当事務所では、交通事故に関する35系列、300の傷病名をご確認いただけるようになっています。

これにより、戦略的かつ迅速な弁護活動が可能です。
 

後遺障害の等級認定に向けたサポートもお任せください

後遺障害の等級認定取得のサポートについてもお任せください。

認定を受けることで、通常の慰謝料とは別に、「後遺障害慰謝料」の請求も可能となります。
 

【慰謝料請求はもちろん、その他の損害についても加害者側と示談交渉します】

加害者に対して、慰謝料請求することはもちろんですが、その他の損害賠償請求についてもお任せください。

ご依頼者様が受けた損害を1円でも多く取り戻せるよう、全力で弁護活動いたします。
 

示談交渉が可能な損害の種類

  •  治療にかかる費用
  •  付添看護費用
  •  入院で必要となる日用品などの購入費
  •  通院にかかる交通費
  •  ケガによって十分に働けなくなることを補償する休業損害
  •  後遺障害が残った方の逸失利益
  •  被害者が死亡してしまった場合は葬儀にかかる費用
  •  被害者死亡による逸失利益 など
     

【弁護士費用特約に加入している方は費用の心配なくご相談いただけます】

任意保険の弁護士費用特約に加入している方は、弁護士費用を保険会社が負担してくれます。

もし、費用がかかることを懸念して弁護士への相談を躊躇しているのなら、とてももったいないことです。

ぜひ当事務所へご連絡ください。
 

物損事故の示談交渉もお任せください

弁護士費用特約に加入している方は、物損事故の示談交渉もお任せください。

修理費や代車使用料の補償を求める交渉をいたします。
 

【熊本駅から徒歩1分の好アクセス|初めていらっしゃる方も安心】

公共交通機関でお越しの方へ

当事務所は、熊本駅の新幹線口から徒歩1分ほどの位置にございます。

そのため、初めていらっしゃる方も迷わず来所いただけるでしょう。

受任後も「通いやすい」と感じていただけるかと思います。
 

お車でお越しの方へ

当事務所には無料でご利用いただける駐車場もございますので、お車でご来所予定の方はぜひご利用ください。
 

菊池市にもオフィスがございます

当事務所は菊池市にもオフィスがございます。

ご相談者様が来所しやすい事務所をお選びください。
 

インタビュー

「ご相談者様へのヒアリングによって問題の全容をしっかりと把握し、根本的な解決を導くことが弁護士のつとめです。」落ち着いたトーンでそう話す田中弁護士は、弁護士歴約20年のベテラン弁護士。

債務整理・交通事故・相続案件を多く手がけ、これまでに取り扱った件数は当該分野だけでも3,000件以上という豊富な経験実績の持ち主です。

また闇金などの消費者金融問題や、薬害肝炎の弁護団代表弁護士として活動した経験もあり、社会正義にあふれた人柄がうかがえます。

そんな田中弁護士の、文武両道を極めた学生時代のエピソードから、今の弁護活動に対する思いまで、その人となりについてお伺いしました。

 

債務整理・相続不動産・交通事故の取扱実績は、3,000件以上。弁護団代表として活躍した社会派な一面も


――先生が弁護士を志したきっかけについて教えてください。

弁護士を目指したのは、大学在学中です。実は入学したのは法学部ではなく教育学部でして、最初は国家公務員を目指していたんです。

ところが公務員試験に向けて勉強するなかで、法律への興味が出てきまして。それで大学を卒業してから、弁護士を目指して猛勉強。3回目の司法試験で無事合格することができました。

――弁護士になられてから、多く取り扱ってきた分野は何でしょうか?

交通事故・債務整理・相続のご相談が多く、当該分野だけでも、これまで約3,000件以上のご依頼に携わってきました。

今もその3つの分野に注力していますね。また闇金問題対策チームの一員や、薬害肝炎・敷金問題の弁護団代表としても活動していました。
 

ご相談者様の抱える問題を「根本的に解決する」ことを重視


――先生が弁護活動をおこなう上で、大切にしていることは何でしょうか?

どんな分野の問題にも共通する事ですが、ご相談者様が抱える問題を「根本的に解決すること」です。

例えば病気の治療にしても、痛み止めを処方するだけでは病気は治りません。投薬治療や手術をして、根本的な原因を取り除かなければ、その痛みは何度でも再発してしまいます。

弁護活動も一緒です。ご相談者様がお話されたことだけ、問題の表面に浮かぶトラブルだけを単純に解決しても、根本的な原因を解決しなければ意味がないと思っています。

――問題の根本的な解決のために、心がけていることはありますか?

やはりご相談者様からお話をじっくり聞き、問題の全体像をつかむことですね。

最初の段階でしっかりお話を聞いて全体像をつかむという方針は、他の事務所に比べても丁寧に行っているのではないかと思います。

というのも、問題の全容が見えなければ、解決のための方針も立てられず、根本的な解決にたどり着けないからです。

――問題の根本的な解決は、ご相談者様を本当の意味で救うことにつながるんですね。

はい。ご相談者様はお金を出して、我々弁護士に問題解決を依頼してくださっています。

ご相談者様が抱える問題を、一度のご依頼で根本的に解決する。それが弁護士としてのつとめだと思っています。
 

今後も地域に根ざし、質の良い法的サービスを提供し続けたい


――今の場所に事務所を設立した経緯を教えてください。

小・中・高と、熊本県で育ちました。当時の熊本県内には弁護士がほとんどいない地域も多かったため、弁護士会の公認を受けて、公設事務所を開設しました。

公設事務所は、弁護士の過疎化を防ぐ目的で運営される法律事務所のことです。

2007年に公設事務所の任期が終わった後は、そのまま個人事務所「田中ひろし法律事務所」としてリニューアルし、翌年には熊本市内に2拠点目となる支店も開設しました。

おかげさまで地域の皆様に支えられ、事務所の法人化・新規移転などを順調に経て、現在に至っています。

――事務所に寄せられるご相談内容は、どのようなものが多いでしょうか。

民事案件が多いですね。中でも債務整理が約3割とやや多めの印象で、交通事故、相続などもほぼ同程度の割合でご相談いただきます。

――今後の事務所の展望や、目指す弁護士像などはありますか?

今後も地域密着型の弁護士法人として、地域の方々に貢献していきたいです。ご相談に来られる方は、熊本県内など近隣にお住まいの方が多いんです。

支店数をさらに増やして事務所規模を拡大するというよりは、今後も質の高い法的サービスを安定して提供し続けることを大切にしていきたいですね。

 

文武両道を貫いた青春時代。趣味は旅行で、世界遺産検定1級も取得


――学生時代は生徒会やスポーツで活躍されるなど、文武両道を貫かれていたとお伺いしました。

中学時代は生徒会長をつとめていました。
陸上部に入っていて、1500mで菊池市内の郡市記録を樹立したり、駅伝大会では2年連続優勝などを経験しました。

高校時代も陸上に打ち込み、体育祭では応援団をつとめたのが思い出深いですね。

勉強・部活・学生行事と、様々なことに全力で打ち込んだ青春時代でした。大学では旅行サークルをつくって、仲間とわいわい出かけるのが楽しかったですね。

――旅行サークルですか!それは今現在のご趣味にもつながっているのでしょうか?

そうですね。旅行は本当に好きで、コロナ禍になる前は年に3~4回ぐらい海外に行っていました。

もちろん国内旅行も好きですし、1人旅もします。今はなかなか旅行が難しいので、最近は世界遺産検定1級を取得しました。

世界遺産検定では、遺産がある地域の歴史・建物の建設様式・地理などの知識などを学ぶことができました。

また世界情勢が落ち着いて国内外の世界遺産を自由に巡れるようになったら、今までよりさらに旅行が充実するんじゃないかなぁと楽しみにしているんですよ。

弁護士事務所情報
事務所名 弁護士法人田中ひろし法律事務所
弁護士 田中 裕司
所属団体 熊本県弁護士会
住所 熊本県熊本市西区春日5丁目6−5
最寄駅 熊本駅より徒歩3分
電話番号 050-5228-2756
対応地域 熊本県 
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜17:30

営業時間備考
弁護士経歴 1994年九州大学教育学部卒業
2000年福岡県弁護士会登録。 同年 「春山法律事務所」に入所。
2002年 薬害肝炎弁護団に参加
2004年熊本県弁護士会登録。熊本県玉名市における「ひまわり基金法律事務所」任期制で赴任・開業。
2007年玉名市「ひまわり基金法律事務所」を「田中ひろし法律事務所」に名称変更。
2008年「弁護士法人田中ひろし法律事務所」に名称変更し法人化。
初回相談料金体系 初回のご相談は無料
アクセス

住所 熊本県熊本市西区春日5丁目6−5
最寄駅 熊本駅より徒歩3分
お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-2756
受付時間 : 09:00〜17:30
 
この事務所をLINEでブックマーク
同じ市区町村にある弁護士・法律事務所
【被害者専門/全国対応】熊本支店 アディーレ法律事務所
熊本県熊本市中央区手取本町11-1テトリアくまもと・銀染コアビル5F
【初期費用0円】【何度でも相談無料】【相談実績54,000人以上】提示された賠償金に納得がいっていない方は、アディーレへご相談を!適正な賠償金を受け取るためにサポートします◆自転車・バイク事故にも対応◆
【熊本】ベリーベスト法律事務所
熊本県熊本市中央区新市街11番18号熊本第一生命ビルデイング4階
休日・平日夜間対応可】急な事故にも対応いたします!日中・平日は時間が取れない方◆豊富な解決実績◆交通事故専門チームが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください【「電話で問合せ」をタップ!
河津法律事務所
熊本県熊本市中央区南坪井町1-24
【藤崎宮前駅より徒歩3分】近所のお医者さんのように気軽に頼れる弁護士として、気負わずお問い合わせください。交通事故についてご依頼いただければ、治療面・補償面でも多くのメリットがあります。
近くにある弁護士・法律事務所
【被害者専門/全国対応】熊本支店 アディーレ法律事務所
熊本県熊本市中央区手取本町11-1テトリアくまもと・銀染コアビル5F
【初期費用0円】【何度でも相談無料】【相談実績54,000人以上】提示された賠償金に納得がいっていない方は、アディーレへご相談を!適正な賠償金を受け取るためにサポートします◆自転車・バイク事故にも対応◆
【熊本】ベリーベスト法律事務所
熊本県熊本市中央区新市街11番18号熊本第一生命ビルデイング4階
休日・平日夜間対応可】急な事故にも対応いたします!日中・平日は時間が取れない方◆豊富な解決実績◆交通事故専門チームが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください【「電話で問合せ」をタップ!
初回面談相談無料の弁護士・法律事務所
【被害者専門/全国対応】熊本支店 アディーレ法律事務所
熊本県熊本市中央区手取本町11-1テトリアくまもと・銀染コアビル5F
【初期費用0円】【何度でも相談無料】【相談実績54,000人以上】提示された賠償金に納得がいっていない方は、アディーレへご相談を!適正な賠償金を受け取るためにサポートします◆自転車・バイク事故にも対応◆
【熊本】ベリーベスト法律事務所
熊本県熊本市中央区新市街11番18号熊本第一生命ビルデイング4階
休日・平日夜間対応可】急な事故にも対応いたします!日中・平日は時間が取れない方◆豊富な解決実績◆交通事故専門チームが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください【「電話で問合せ」をタップ!
オンライン面談可能な弁護士・法律事務所
【熊本】ベリーベスト法律事務所
熊本県熊本市中央区新市街11番18号熊本第一生命ビルデイング4階
休日・平日夜間対応可】急な事故にも対応いたします!日中・平日は時間が取れない方◆豊富な解決実績◆交通事故専門チームが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください【「電話で問合せ」をタップ!
【被害者専門/全国対応】熊本支店 アディーレ法律事務所
熊本県熊本市中央区手取本町11-1テトリアくまもと・銀染コアビル5F
【初期費用0円】【何度でも相談無料】【相談実績54,000人以上】提示された賠償金に納得がいっていない方は、アディーレへご相談を!適正な賠償金を受け取るためにサポートします◆自転車・バイク事故にも対応◆