逸失利益、慰謝料が争点となり約1500万円増額が認められた事案

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 逸失利益、慰謝料が争点となり約1500万円増額が認められた事案
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
奈良県/70代/女性
車対人
その他
1,520万円
その他

事故の状況

青信号で横断歩道を歩行中に右折車が衝突した

依頼内容

保険会社との示談交渉、交通事故紛争処理センターへのあっせん申立て等

対応と結果

・保険会社の提示額が低く、弁護士が介入した後も交渉段階では厳しい回答であったため、交通事故紛争処理センターへあっせん申立てをしましたが、相手保険会社はあっせん案にも応じなかったため、審査手続きまで移行し、裁定でご遺族にご納得いただける金額で解決に至りました。