【解決額6,500万円】高次脳機能障害で等級が併合6級に昇格、逸失利益含めて増額できた実例

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 【解決額6,500万円】高次脳機能障害で等級が併合6級に昇格、逸失利益含めて増額できた実例
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
獲得した金額
後遺障害等級
40代/男性
車対バイク
高次脳機能障害・左耳鳴
6,500万円
6

事故の状況

交通事故形態 バイクで青信号の交差点に進入したところ、右折してきた自動車に衝突された。

依頼内容

保険会社との示談交渉など

対応と結果

症状について十分な検査がされていなかったため,弁護士法人心の提案で検査を受けていただいた。
その上で,弁護士が後遺障害に関する異議申立てをし,後遺障害の併合7級から併合6級に昇級した。
さらに,後遺障害による逸失利益が生じることの具体的事情を主張し,総賠償額9000万円という高い金額で解決することができた。