捻挫からTFCC損傷の立証に成功して14級の認定を受けて、400万円の賠償を受けた事案

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 捻挫からTFCC損傷の立証に成功して14級の認定を受けて、400万円の賠償を受けた事案
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
大阪府/40代/女性
車対バイク
右手のTFCC損傷
300万円
14

事故の状況

当方が交差点を直進中に、相手自動車がいきなり右折してきたため、当方が回避できずに接触して転倒。
そのときに当方が右手を地面に着いたために受傷したというもの。

依頼内容

相手保険会社との対応が不安・面倒で、弁護士費用特約も付帯していたために依頼

対応と結果

バイク転倒事故で、手の靭帯を痛めることは多々見られますが、医師によっては単なる捻挫と診断することも多くあります。

靭帯損傷であれば、後遺障害として12級ないし14級が認定されますが、捻挫であれば非該当とされてしまうことから、弊所ではこのような事故の場合、靭帯損傷が認められないかを確認するようにしています。

本件でも、各種検査を受けてもらい、主治医の診断書に加えて、協力医の意見も取り付けて後遺障害認定請求を行ったところ、自賠責より14級の認定を受けることができました。

相手保険会社も自賠責保険の認定を受け入れ、最終的な賠償交渉をしたところ、主婦としての休業損害も80万円程度認められ、400万円で妥結することができました。