累計相談数
95,300
件超
累計サイト訪問数
3,685
万件超
※2024年05月時点

関節可動域制限による機能障害と変形障害で併合11級を獲得し2000万円の賠償を受けた事案

ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ) > 解決事例 > 関節可動域制限による機能障害と変形障害で併合11級を獲得し2000万円の賠償を受けた事案
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
20代/男性
車対バイク
右脛骨腓骨遠位端開放骨折
1,300万円
11

事故の状況

道路外に出るため右折する相手方の普通貨物自動車と直進する当方の普通自動二輪車が衝突したというもの

依頼内容

事故後から後遺障害が残存する可能性があり、過失割合についても争いになる可能性があったため、後遺障害申請手続及び相手方保険会社との交渉を任せたいとのことでご依頼いただきました。

対応と結果

事故から治療状況をフォローし、骨癒合確認後もしばらくリハビリされることをお勧めし、約1年後に症状固定となりました。

症状固定時の症状を聴取したところ、右足の疼痛及び関節の曲がりにくさを愁訴されるとともに、医療記録を確認したところ、骨が変形して癒合しているため左右の脚長差が認められました。

そこで、後遺障害診断にあたって正確に可動域を測定して頂くとともに、骨癒合の状況について詳細に記載して頂くようお伝えし、作成された後遺障害診断書に基づいて被害者請求を行ったところ、想定通り関節可動域制限による機能障害と変形癒合による変形障害で併合11級が認定されました。

また、相手方保険会社との交渉においても、当初、相手方保険会社は、事故前年度の源泉徴収票に基づく基礎収入及び労働能力喪失期間10年として後遺障害逸失利益を算定するなどして700万円程度の賠償を提示するにとどまりましたが、当方から過去の裁判例等に基づいて、依頼者が若年労働者であるため男性全年齢平均の賃金センサスによるべきであること、将来的に右足に機能障害が残存する可能性が高いこと等を積極的に主張し、最終的には当方の主張が認められるかたちで2000万円の賠償を受けることができました。

東京
大阪
神奈川
愛知
福岡
その他
Office info 202403011716 7391 w220 【事故被害者/来所不要】立川・ベリーベスト法律事務所

【来所不要・交通事故の被害者は初回相談料0円豊富な解決実績◆示談金の大幅な増額実績多数交通事故専門チームが丁寧に対応します。まずは無料でご相談ください。【「立川」駅北口より徒歩6分】

事務所詳細を見る
Office info 202403011704 3931 w220 【事故被害者/来所不要】ベリーベスト法律事務所

【来所不要・交通事故の被害者は初回相談料0円豊富な解決実績◆示談金の大幅な増額実績多数交通事故専門チームが丁寧に対応します。まずは無料でご相談ください。【「六本木一丁目」駅より徒歩3分】

事務所詳細を見る
Office info 202206241850 22071 w220 【事故の被害者サポート】町田・ベリーベスト法律事務所

【事故被害者は初回相談料・着手金0円交通事故専門チームが迅速に対応いたします。◆示談金の大幅な増額実績多数まずは無料でお気軽にご相談ください【「町田駅」より徒歩3分】

事務所詳細を見る
Office info 202310051618 4081 w220 東京中央総合法律事務所

【相談料・着手金0円】【増額がなければ弁護士報酬0円】交通事故の発生から賠償金の獲得まで≪一律料金≫で、経験豊富な弁護士がフルサポートいたします。費用も解決策も明確にご提示致しますのでご安心ください。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士の方はこちら