<腰椎捻挫>保険会社の既払金を除く解決額が当初提示額の『10倍以上』になった事例

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > <腰椎捻挫>保険会社の既払金を除く解決額が当初提示額の『10倍以上』になった事例
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
50代
車対自転車
腰椎捻挫
660万円
14
この事例を解決した事務所: 弁護士法人心 東京法律事務所

事故の状況

自転車で、交差点で赤信号停車中に、右折してきた相手方車両に跳ね飛ばされた。

依頼内容

過失割合に関して争いがあったため、示談交渉が難航し、訴訟を提起することになった。

対応と結果

弁護士法人心の弁護士が、事故前後の状況をしっかりと主張・証明することに成功し、判決において被害者の過失はないと判断された。
また、被害者の方の日常生活や就労における支障を具体的に主張・証明することで、逸失利益の算定にあたっては15年間の労働能力喪失期間が認められた。
最終的に、既受領金を除き、当初の提示額の10倍以上の賠償額を勝ち取ることができた。

◆過失割合
当方15:相手方85 ⇒ 当方0:相手方100

◆賠償額
当初提示50万円(弁護士介入前)
→解決額520万円(示談)
<既受領金を含めた総賠償額>710万円

Office info 3321
最寄駅:【東京駅八重洲北口徒歩3分】【東京メトロ日本橋駅徒歩2分】
東京都中央区八重洲1-5-9八重洲加藤ビルデイング(八重洲アメレックスビル)6F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
通話料
無 料
03時55分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
050-5228-2749
メールで問合せする