高次脳機能障害が見過ごされていたケース

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 高次脳機能障害が見過ごされていたケース
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
福岡県/40代/女性
車対人
腰椎捻挫、右肩関節挫傷、外傷性くも膜下出血
3695万円
7

事故の状況

横断歩道を青信号で渡っていたところ,脇見運転で赤信号を無視した車に衝突された。

依頼内容

保険会社から後遺障害等級14級を前提とした提示があり、金額の妥当性を確認したいとご相談に来られたケース。

対応と結果

金額的に低額であったことからすぐに受任をし、示談交渉を開始しました。
ところが、依頼者と話す機会のたびに違和感があったため、ご家族の方に事故後の依頼者の変化についてお話を伺うと、記憶力が著しく低下していることが発覚。

診断書上からも頭部を強く打っていることも判明したため、高次脳機能障害ではないかと考えるようになり、後遺障害申請を行いました。
その結果、高次脳機能障害が認定され、適切な賠償金を獲得することができました。