後遺障害等級認定がなかったものの、異議が認められ示談金330万円の増額

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 後遺障害等級認定がなかったものの、異議が認められ示談金330万円の増額
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
東京都/30代/男性
車対車
頸椎捻挫(むちうち)
330万円
14

事故の状況

 依頼者ご夫妻がレンタカーで高速道路を走行中、後方から普通自動車に追突されてしまった事故でした。依頼者ご夫妻は、いずれも頸部を負傷し(ムチウチの症状)、約半年間の通院治療を余儀なくされました。
 治療の結果、症状は改善せず、症状固定と診断されたため、依頼者ご夫妻とも、後遺障害等級認定の申請をしました。結果、ご主人は14級に認定されましたが、奥様は非該当でした。
 相談前の加害者側保険会社の提示額は、ご主人が180万円、奥様が155万円でした。

依頼内容

 奥様についても、ご主人とほぼ同様の症状でしたので、受任後、後遺障害等級認定の異議を申し立てたところ、異議が認められ、14級に認定されました。
 示談交渉では、後遺障害等級認定、過失割合(依頼者ご夫妻の過失なし)について争いはなく、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の金額が争点となりました。
 加害者側の保険会社からは上記のような提案がありましたが、裁判基準には満たないものでしたので、粘り強く交渉をし、結果として、ご夫妻合わせて約330万円増額した形での示談締結に成功しました。

対応と結果

【櫻田弁護士からのコメント】
 奥様については、等級認定の異議申立てが認められたことが大きく、これにより示談交渉を有利に進めることができました。
 相談前に後遺障害の等級認定を受けている場合は、まず、その等級認定が妥当かどうか判断する必要があります。