頸椎捻挫等により、賠償額が約3倍に増加した事案

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 頸椎捻挫等により、賠償額が約3倍に増加した事案
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
埼玉県/30代/男性
車対車
外傷性頸部症候群
90万円
その他
この事例を解決した事務所: 【赤羽オフィス】弁護士法人アクロピース

事故の状況

依頼者である川越市在住の50代の男性が、自動車を運転して信号待ちで停車している際に、わき見運転の自動車に後方から追突され、頚椎捻挫等の傷害を負ったという事故です。

依頼内容

依頼者は、治療が終了してから、当事務所に来所されました。依頼者は、相手方保険会社より賠償額の提案がきたが、慰謝料が30万円とあり、この基準が正当なものかわからないということでご相談されました。
怪我は完治していたため後遺障害の認定申請はせず、仕事も休んではいないことから休業損害もないため、争点は慰謝料額のみでした。

対応と結果

当事務所の弁護士は、裁判基準での慰謝料額を改めて算出し、相手方保険会社へ請求を行いました。そして、相手方保険会社に対し、裁判基準でなければ交渉は打ち切りし、訴訟にて遅延損害金と弁護士費用も含めて請求するとの姿勢を示しました。相手方保険会社は、何度も刻むように少しずつ慰謝料額を増額する提示を行ってきましたが、請求額の満額の回答が得られるまでは一切妥協することはできないとの姿勢を示しました。
その結果、段階的に慰謝料額が増額し、最終的には約30万から120万円まで増額しました。

Office info 201907102009 25161
最寄駅:JR赤羽駅
東京都北区赤羽西1-35-8レッドウイングビル4階
定休日: 土曜 日曜 祝日
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可
通話料
無 料
12時15分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-2811
メールで問合せする