事故後は自分で交渉していたが、治療終了後に当事務所へご依頼で多額の示談金獲得

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 事故後は自分で交渉していたが、治療終了後に当事務所へご依頼で多額の示談金獲得
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
30代/男性
車対バイク
-
450万円
13
この事例を解決した事務所: 【福島対応/被害者のみ】弁護士法人あまた法律事務所

事故の状況

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!
依頼者が二輪車で交差点を直進中、右折してきた自動車と衝突した。

依頼内容

依頼1年半ほどの間、弁護士に依頼、相談することなく、ご自身で交渉を行っておりましたが、治療が終了し、賠償金の額を交渉する段階にきたこと、これまでの交渉経緯で保険会社担当者の対応に不信を覚えていたことから、当事務所に相談に来られました。

対応と結果

ご依頼いただいた後の交渉において、相手方保険会社は自社の主張を中々譲らないという姿勢でしたので、紛争処理センターのあっせん手続きを利用することにしました。
紛争処理センターを利用した場合に通常要する期間の倍以上の期間を要しましたが、期間が長かった分、詳細な主張を重ね、相手方保険会社を説得することができ、喪失率9%、喪失期間20年という内容で合意するに至りました。

Office info 202008061904 27291
最寄駅:全国対応しております。
東京都文京区本郷2-39-6大同ビル5F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 事故直後の相談可
通話料
無 料
12時06分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-2816
メールで問合せする
車対バイクの事故で下肢にケガを負った場合の解決事例
20代の男性が自動二輪車を運転中に自動車と衝突し、左大腿骨骨幹部骨折、右橈骨尺骨遠位部骨折、左第2~5中手骨骨折、左中手骨多発骨折等の傷害を負い、10級の後遺障害に認定された事案
20代/男性 車対バイク 左大腿骨骨幹部骨折等
関節可動域制限で後遺障害10級、示談金約2900万円を獲得した事例
10代/男性 車対バイク 左後脛骨筋腱断裂、 左脛骨遠位端骨折、 左足関節外果骨折、 左膝皮膚欠損創、 左脛骨骨幹部骨折
非該当に対する異議申立により12級獲得し2100万円超の損害賠償金を得た事例
東京都/30代/男性 車対バイク 右足関節脱臼骨折
裁判例を用いて相手側へ意見を主張し慰謝料1500万円を獲得
埼玉県/30代/男性 車対バイク 可動域制限を生じる骨折
関節可動域制限で後遺障害10級、示談金約2900万円を獲得した事例
10代/男性 車対バイク 左後脛骨筋腱断裂、 左脛骨遠位端骨折、 左足関節外果骨折、 左膝皮膚欠損創、 左脛骨骨幹部骨折