自転車で走行中、車に轢かれたケース

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 自転車で走行中、車に轢かれたケース
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
獲得した金額
後遺障害等級
60代/男性
車対自転車
頭部外傷による脳萎縮
800万円
12
この事例を解決した事務所: 【茨城対応/被害者のみ】弁護士法人あまた法律事務所

事故の状況

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!
自転車で横断歩道を横断中に右折してきた乗用車に轢かれてしまい、車との衝突と道路に投げ出されたことで頭と全身を強く打ち重傷を負ってしまいました。

依頼内容

自身が重傷で相談できない場合にご家族から相談を受けることはよくあることです。もし弁護士に依頼するような案件かどうかよく分からないという場合であっても、あまた法律事務所における初回相談は無料ですし、また、弁護士費用特約がない方も、着手金は無料ですから最初に入れていただく費用はありません。また、「弁護士が介入した結果、費用倒れにならないか」という点についても、ケガの程度や過失割合等の事情から弁護士が見通しを判断し、無料相談にてご案内することができます。思い立ったらすぐにご相談されることをお勧めします。

対応と結果

事故後すぐにご相談いただけたおかげで、通院中の医師とのコミュニケーションについての相談や、転院先の選定等について、ご本人の希望と相手方保険会社担当者との協議を踏まえ、より適切な治療を受けていただけるようにお手伝いすることができました。
その後の治療の結果、幸運にもほとんど症状は残りませんでした。しかし、頭部外傷による脳萎縮が画像上認められ、その点について12級13号が認定されました。12級が認定された場合、相手方保険会社としては、弁護士が介入しなければ、後遺傷害部分について224万円、全体としても300万円を超えない程度で終わらせようとするのが常だろうと思いますが、今回は、あまた法律事務所において逸失利益等についてしっかり交渉を行い、結果として、800万円弱という弁護士が介入しない場合の約2.5倍という適切な賠償額を得ることができました。

Office info 202009160916 27331
最寄駅:全国対応しております。
東京都文京区本郷2-39-6大同ビル5F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 事故直後の相談可
通話料
無 料
12時21分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-2819
メールで問合せする