歩道を歩いていたとき、後ろから車にはねられたケース

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 歩道を歩いていたとき、後ろから車にはねられたケース
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
10代/女性
車対人
頭蓋骨骨折、脳挫傷、高次脳機能障害等
1,100万円
7
この事例を解決した事務所: 【宮城対応/被害者のみ】弁護士法人あまた法律事務所

事故の状況

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!
被害者が歩道を歩いていたところ、後ろから車にはねられた。

依頼内容

本件事故により、頭蓋骨骨折、脳挫傷、高次脳機能障害等の傷害を負いました。その後、後遺障害を申請し、高次脳機能障害で7級4号の認定を受けました。
ほどなくすると、加害者側の保険会社から示談金額の提示がありました。しかし、ご両親は、提示された示談金が将来を考慮した適正な金額であるかわからず、不安を感じていました。そこで、交通事故に詳しい弁護士に一度話を聞いてみたいと思い、当事務所にご相談くださいました。

対応と結果

当初、当方の請求と保険会社の対案額に約1,000万円程度開きがございました。訴訟になれば、遅延損害金や弁護士費用が加算されることを保険会社に説明し、交渉をした結果、最終的に、こちらの請求額に歩み寄った金額で示談することができました。

Office info 202012101528 27311
最寄駅:全国対応しております。
東京都文京区本郷2-39-6大同ビル5F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談不可
  • 事故直後の相談可
通話料
無 料
20時31分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-2821
メールで問合せする