累計相談数
95,300
件超
累計サイト訪問数
3,685
万件超
※2024年05月時点

加害者側保険会社からの提示より760万円の増額

ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ) > 解決事例 > 加害者側保険会社からの提示より760万円の増額
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
東京都/20代/男性
車対バイク
左距骨骨折
760万円
12

事故の状況

原付自転車を運転していた依頼者が、十字路交差点を直進しようとしたところ、右側を並行して走行していた自動車が急に左折した際、巻き込まれて、転倒・負傷(左距骨骨折)してしまった事故です。
 入院・通院治療の結果、完全には回復せず、その後も、複数回、入院・手術を繰り返しましたが、左足関節の機能障害により、症状固定と診断されたため、後遺障害等級認定の申請をしました。結果、12級7号の等級認定を受けました。
 加害者側の保険会社から損害賠償金として440万円の提示がありました。

依頼内容

まず、機能障害の程度から、当該等級認定は妥当なものと考えられましたので、12級7号を前提として、示談交渉をしました。
 示談交渉では、後遺症逸失利益、傷害・後遺症慰謝料の金額、過失割合が争点となりました。交渉をする中で、提示された賠償額は2倍程度に増額されましたが、依然として、裁判基準による賠償額には満たず、依頼者も納得はされませんでしたので、訴訟を提起しました。
 訴訟では、粘り強い主張立証を継続した結果、裁判基準に沿った和解勧試がなされ、和解が成立しました。結果として、和解により、1200万円の賠償がなされ、受任前の提示額よりも、760万円の増額を達成することができました。

対応と結果

【櫻田弁護士からのコメント】
 後遺症逸失利益については、事故時、依頼者が20代と若年であったことから、基礎収入が実際の収入ではなく、賃金センサスによる平均賃金での算定になること、労働能力喪失期間が67歳までになることに対して、なかなか相手方の合意を得ることができませんでした。さらに、訴訟では、加害者側は、訴訟前の示談交渉の主張をさらに強く進めて、後遺障害の認定から争ってきました。
 しかし、詳細な事情を汲みあげて主張立証を続けた結果として、ほぼ全面的に請求が認められた形で和解を成立させることができました。
 依頼者からは、「ここにお願いして本当に良かった」とのお言葉をいただきました。

東京
大阪
神奈川
愛知
福岡
その他
Office info 202206241850 22071 w220 【事故の被害者サポート】町田・ベリーベスト法律事務所

【事故被害者は初回相談料・着手金0円交通事故専門チームが迅速に対応いたします。◆示談金の大幅な増額実績多数まずは無料でお気軽にご相談ください【「町田駅」より徒歩3分】

事務所詳細を見る
Office info 202312221738 93441 w220 弁護士法人池袋吉田総合法律事務所

【初回相談0&弁護士特約で自己負担0円】≪10年以上交通事故のご相談に注力軽微な事故から死亡事故まで幅広く対応してきた経験豊富な弁護士が徹底的にサポートいたします◆事故に遭ってしまったらすぐにご相談を

事務所詳細を見る
Office info 202212281519 73291 w220 弁護士法人葛飾総合法律事務所

【初回面談無料】事故直後からご相談可能!「依頼者第一主義」をモットーに、交通事故被害でお困りの方に寄り添います。クイックレスポンスで対応◎不安なこと、分からないこともお気軽にご相談下さい。

事務所詳細を見る
Office info 201810261454 7691 w220 弁護士 飛田 貴史 弁護士 山下 南望

着手金0円初回相談0】外出なしでご依頼可能◎交通事故の解決実績が多数適切な後遺障害の獲得を目指しサポートします!ご依頼後もご希望に合わせた手段(メール・LINE等)を利用して細やかな対応を心がけております【立川駅徒歩5

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士の方はこちら