交渉により保険会社からの提示額を約150万円増額した事例

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 交渉により保険会社からの提示額を約150万円増額した事例
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
大阪府/50代/女性
バイク対自転車
頸椎捻挫、左肩打撲、左肘打撲
150万円
14

事故の状況

青信号で自転車で交差点に進入したところ、横から走ってきた信号無視のバイクと衝突した

依頼内容

保険会社から示談金の提示に納得できず、提示額からの増額を依頼

対応と結果

逸失利益、休業損害、後遺障害慰謝料など、いずれも保険会社からの提示額は低かったため、弁護士から通知を送り、当方の見解を出して交渉。保険会社は当初厳しい回答でしたが、あっせんや訴訟等も見据えながら交渉を行い、最終的に150万円以上増額するとの内容で保険会社側も了承し、示談での解決となりました。