後遺障害:併合11級(脳挫傷痕12級+嗅覚脱失12級)を勝ち取ったケース

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 後遺障害:併合11級(脳挫傷痕12級+嗅覚脱失12級)を勝ち取ったケース
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
福岡県/40代/女性
車対人
頭蓋骨骨折、硬膜外血腫
745万円
11

事故の状況

横断歩道を渡っていたところ,前方から右折してきた車に衝突された

依頼内容

・事故後,においを感じなくなったため,適切な後遺障害認定を得たいがそうすればよいか。
・今後の生活のためにも適切な賠償金を獲得したい。

対応と結果

まずは、適切な後遺障害を得るため、嗅覚脱失認定に必要なテストを受けてもらい、嗅覚脱失についても後遺障害認定を受けました。

示談交渉において、相手方保険会社は、嗅覚脱失については労働能力に影響はないとして、脳挫傷痕のみを逸失利益算定で考慮していました。
しかし、依頼者は兼業主婦であり、嗅覚がないことにより家事労働に支障があることを主張しました。
その結果、嗅覚脱失の点も逸失利益算定において考慮されました。