スピード違反の罰金|反則金・罰金の違いと免停・免許取消の対応

~いざという時の備えに~交通事故コラム

 > 
 > 
 > 
スピード違反の罰金|反則金・罰金の違いと免停・免許取消の対応策
キーワードからコラムを探す
交通事故コラム
2017.9.29

スピード違反の罰金|反則金・罰金の違いと免停・免許取消の対応策

New_%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%89%e9%81%95%e5%8f%8d_%e5%8a%a0%e5%b7%a5

スピード違反をしてしまった場合、処分を受けることになります。処分の内容はスピードの超過により、反則金や罰金、さらに場合によっては懲役刑となることもあります。

 

さて、スピード違反は交通違反の中で最も多い違反(内閣府調査での平成27年度の違反件数は174万5,259件)となっていますが、その際の処分について詳しく理解していない方も多いのではないでしょうか。

 

今回はスピード違反の際の処分である反則金・罰金の違いと目安、さらに、行政処分である点数の加算と免停・免許取消の詳細について記載したいと思います。

 

 【目次】
スピード違反の反則金・罰金
一般道路の反則金・罰金
高速道路の反則金・罰金
反則金と罰金の違い
反則金は行政処分
罰金は刑事処分
点数制度においては免停・免許取消の可能性も
免停・免許取消の点数は加点制度
スピード違反による加点点数内訳
免停・免許取消となる点数一覧
免停
免許取消となった際の再取得の方法
まとめ

 

スピード違反の反則金・罰金

交通違反の1つであるスピード違反は、正式名称を「速度超過」といい、「最高速度」もしくは「法定速度」を超過した場合に適用されます。

 

最高速度とは、道路に掲げられた標識や標示で示されるその道で走ってよい最も早い速度のことを言い、法定速度とは、標識や標示がない道路で出してよい最も早い速度のことを言います。

 

法定速度は「道路交通法施行令」によって決まっていて

 

・一般道:60km/h

・高速道路:100km/h

 

となっています。

 

スピード違反は、超過した速度によって処分が異なります。受けなければならない処分は「反則金の支払い」「罰金の支払い」「懲役」のうちのいずれかとなります。反則金と罰金には明確な違いがありますが後ほどの「反則金と罰金の違い」で解説します。まずは一般道路と高速道路それぞれの超過速度ごとの反則金・罰金を確認しましょう。

 

一般道路の反則金・罰金

まずは一般道路における反則金・罰金を確認してみましょう。

 

超過速度

反則金・罰金

15km未満

反則金:9,000円

15km~19km

反則金:12,000円

20km~24km

反則金:15,000円

25km~29km

反則金:18,000円

30km以上

罰金:60,000円~100,000円

参考:警視庁:反則行為の種別及び反則金一覧表

 

高速道路の反則金・罰金

次に高速道路における反則金・罰金を確認しましょう。

 

超過速度

反則金・罰金

15km未満

反則金:9,000円

15km~19km

反則金:12,000円

20km~24km

反則金:15,000円

25km~29km

反則金:18,000円

30km~34km

反則金:25,000円

35km~39km

反則金:35,000円

40km以上

罰金:60,000円~100,000円

参考:警視庁:反則行為の種別及び反則金一覧表

 

反則金と罰金の違い

スピード違反の処分として、反則金、罰金、懲役の3種類の内のいずれかを受けなければならないということはお伝えしましたが、反則金、罰金の違いについて明確になっていない方もいるのではないでしょうか。ここでは反則金と罰金の違いについて解説したいと思います。

 

反則金は行政処分

反則金の支払いは、「交通反則通告制度」に則り、比較的軽微な違反に対して課される行政処分です。

 

交通反則通告制度は、多発している交通違反の処分を簡易、迅速に処理するためにできた制度で、最大の特徴は警察行政の段階で処理が終わる点にあります。つまり課せられた反則金は行政上においての秩序罰であるため、罰金のような刑事罰ではないため、前科が付くことはありません。

 

反則金の金額は、スピード違反を犯した際に警察から渡される「納付書・領収証書」に記載があります。納付期限はスピード違反の告知を受けた日の翌日から起算して7日目となっており、所定の郵便局もしくは銀行にて現金一括での支払いとなります。

 

反則金を期限内に支払わなかった場合には

反則金を期限内に支払わなかった場合でも10日以内であれば「交通反則通告センター」で納付することが出来ます。10日以内に収めることが出来るかが、刑事罰になるかどうかの境目となります。

 

もしそれでも払わない場合には、スピード違反を犯した日から約40日後に「交通違反通告書」が送られてきます。この通告書と一緒に反則金の納付書が送られてきますので、期限内に指定された金融機関で支払うようにして下さい。

 

それでも払わない場合、検察に送検されます。検察では起訴とするか不起訴とするかの判断がされ、もし起訴された場合には略式裁判(刑事裁判)となります。略式裁判では検察官が提出した「書類のみ」で裁判官が罰金額を決定します。罰金は検察の窓口で支払うか、振込、郵送でも行うことが出来ます。

 

罰金は刑事処分

比較的軽い交通違反に対する処分である反則金の支払いと違い、罰金刑は重い交通違反を犯した場合に課される処分となっています。反則金との違いは、反則金が行政処分とされ前科が付かないのに対し、罰金の場合は刑事処分になり、前科が付きます。スピード違反における処分として、反則金と罰金のどちらの処分を受けるのかの別れ目になるのは超過速度が一般道路で30km以上、高速道路で40km以上かどうかになります。

 

また、罰金の金額は超過速度により変わってきます。以下は相場になりますが、超過速度ごとの罰金の目安を確認しましょう。

 

表:超過速度ごとの目安罰金額一覧

超過速度

罰金額(目安)

一般道路

高速道路

30km~34km

6万円~7万円

35km~39km

7万円~8万円

40km~49km

8万円~9万円

50km以上

10万円

 

一般道路で30km、高速道路において40km以上の超過速度でスピード違反を犯した場合には、まず警察官から告知票・免許症保管証、通称「赤切符」が交付されます。その後警察・検察の取り調べを受けたのち検察官による起訴不起訴の判断をします。起訴となった場合は略式裁判により罰金額が決定することが多いです。

 

ただし、検察官が通常裁判を行うべきだと判断した場合(公判請求)や、違反者が通常裁判を望んだ場合、違反者が交通違反を否認している売には通常裁判により、審理が行われます。

 

スピード違反の刑事処分では懲役となる可能性もある

超過速度があまりにも超過している場合は、略式裁判とならず検察が公判請求を行い、通常裁判となる可能性があります。この時場合によっては刑事処分として、懲役となる可能性があります。懲役の法定刑は6ヵ月以下です。

 

点数制度においては免停・免許取消の可能性も

スピード違反における処分には反則金や罰金もしくは懲役以外にも、「行政処分」として点数制度により点数が加算されます。加点された点数が一定の点数を超えると免停・免許取消となります。

 

ここでは点数制度と免停・免許取消について記載していきます。

 

免停・免許取消の点数は加点制度

交通違反を犯した場合の点数は減点されるものだと認識している方もいるかもしれませんが、実は「加点方式」が採用されています。免許取得時は「0点」であり、交通違反を犯した際に、その内容により加点されていきます。一定の点数が加点されると免停・免許取消の処分を受けます。

 

違反点数の期間は3年間

交通違反をしたことによる点数は、違反した日から起算して過去3年間のものが加点されます。但し、以下の条件を満たした場合には、それ以前に犯した交通違反による加点はリセットされます。

 

・免許を受けている者が過去1年以上の間、無事故、無違反で過ごしたとき。

・運転免許の取消しや停止処分を受けて、無事故、無違反で取消し期間、又は停止期間を過ごしたとき。

・免許を受けている者が軽微な違反行為(3点以下の交通違反)をし、過去2年間に違反行為をしたことがなく、かつ、当該軽微な違反行為をした後、3か月間に違反行為をしたことがないとき。(運転可能期間に限る)

・軽微な交通違反(1点、2点又は3点)を繰り返し、累積点数が6点(交通事故の場合は1回で6点を含む)になり、違反者講習を受講したとき。

参考:国土交通省|違反点数票

 

スピード違反による加点点数内訳

ここでは、スピード違反による超過速度別の加点される点数を見て見ましょう。

 

表:一般道路のスピード違反加点表

超過速度

加点点数

20km未満

1

20km~24km

2

25km~29km

3

30km~49km

6

50km以上

12

参考:警視庁|交通違反の点数一覧表

 

表:高速道路のスピード違反加点表.

超過速度

加点点数

20km未満

1

20km~24km

2

25km~39km

3

40km~49km

6

50km以上

12

参考:警視庁|交通違反の点数一覧表

 

免停・免許取消となる点数一覧

ここでは免停・免許取消となる点数を一覧で紹介します。ただその前に一度免停・免許取消の内容について確認しておきましょう。

 

免停

免停は正式には「免許停止」と言います。行政処分として「一時的に免許の効力が無くなった状態にされる処分」のことを言います。免停では加点された点数によって停止される期間が決まっています。そして免停の指定の期間が過ぎれば再度免許の効力を取り戻すことが出来ます。

 

免許取消

免許取消は行政処分として「免許自体を取り上げられる処分」のことを言います。免許を取り上げられますので、免許取消の処分を受けた後に、車やバイクの運転をする場合には再度免許と取得する必要があります。

 

ただし、注意しなければならないのは免許取消処分には「欠格期間」が設けられている点です。欠格期間中は免許を取得することが出来ませんので、免許を取り直す際には欠格期間が過ぎるのを待つ必要があります。

 

加点点数による免停・免許取消処分一覧

点数による免停・免許取消期間は前歴(過去3年以内の運転免許停止処分歴)の回数によって免停・免許取消となる点数が異なります。但し免停に関しては処分満了後から1年間、無事故無違反であれば処分前歴は0回に戻ります。

 

以下に点数による免停・免許取消処分を一覧にして記載しておきます。ただし括弧内の数字は免許取消における欠格期間を表したものです。

点数/前歴

0回

1回

2回

3回

4回以上

1

 

 

 

 

 

2

 

 

停止90日

停止120日

停止150日

3

 

 

停止120日

停止150日

停止180日

4

 

停止60日

停止150日

取消1年(3年)

取消1年(3年)

5

 

取消1年(3年)

6

停止30日

停止90日

7

8

停止120日

9

停止60日

10-11

取消1年(3年)

取消2年(4年)

取消2年(4年)

12-14

停止90日

15-19

取消1年(3年)

取消2年(4年)

20-24

取消2年(4年)

取消3年(5年)

取消3年(5年)

25-29

取消2年(4年)

取消3年(5年)

取消4年(5年)

取消4年(5年)

30-34

取消3年(5年)

取消4年(5年)

取消5年

取消5年

35-39

取消3年(5年)

取消4年(5年)

取消5年

取消5年

取消5年

35-39

取消3年(5年)

取消4年(6年)

取消5年(7年)

取消6年(8年)

取消6年(8年)

40-44

取消4年(5年)

取消5年

取消5年

取消5年

取消5年

40-44

取消4年(6年)

取消5年(7年)

取消6年(8年)

取消7年(9年)

取消7年(9年)

45以上

取消5年

取消5年

取消5年

取消5年

取消5年

45-49

取消5年(7年)

取消6年(8年)

取消7年(9年)

取消8年(10年)

取消8年(10年)

50-54

取消6年(8年)

取消7年(9年)

取消8年(10年)

取消9年(10年)

取消9年(10年)

55-59

取消7年(9年)

取消8年(10年)

取消9年(10年)

取消10年

取消10年

60-64

取消8年(10年)

取消9年(10年)

取消10年

65-69

取消9年(10年)

取消10年

70以上

取消10年

 参考:行政処分基準点数

 

免許取消となった際の再取得の方法

免許取消となり欠格期間を過ぎれば、再度免許を取得することができます。このとき、免許再取得に先立ち、必ず取消処分者講習を受けなければなりません。その後免許を取得する方法は「自動車教習所に通う」か「運転免許試験場で一発試験を受けるか」の2種類があります。

 

自動車教習所と運転免許試験場の違いは、自動車教習所での免許の取得は、費用の負担が大きいことです。但しその分再取得の可能性は高くなります。運転免許試験場での受験は費用を抑えることが出来ますが、一発試験であるため再取得の難易度は上がります。

 

まとめ

スピード違反は最も多い交通違反です。超過速度が大きい場合は罰金の処分となり前科がつきます。前科が付いてしまうと検察や警察のデータベースに違反者が死亡するまでデータベースとして残る他、市区町村の犯罪人名簿に残ります。また懲役を受けてしまった場合弁護士や教員、その他国家資格によっては、前科者は欠格事由とされ職業に就けなくなってしまいます。

 

スピード違反を犯さないよう、安全運転に努めるようにして下さい。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

損害賠償に関する新着コラム

損害賠償に関する人気のコラム


損害賠償コラム一覧へ戻る