被害女性が歩道を通行中、自動車にひかれて亡くなった事故。賠償額9475万円で解決した事例

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 被害女性が歩道を通行中、自動車にひかれて亡くなった事故。賠償額9475万円で解決した事例
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
埼玉県/40代/女性
車対人
死亡事故
4,475万円
その他

事故の状況

被害女性が歩道を通行していたところ、縁石を飛び越えて歩道に乗り上げてきた自動車にひかれて亡くなった事故です。
被害女性には2人の幼いお子様がいたため、ご家族にとっては非常に辛い事故でした。
しかも、加害者が任意保険に加入していなかったため、ご家族は保険会社からも十分な補償を受けられないおそれがありました。

依頼内容

適切な補償を受けるにはどうすればいいのか、ご遺族の方がアトムにご相談されました。

対応と結果

アトムの弁護士が相談を受けた際、被害者側の任意保険に無保険車傷害特約が付帯されていることを発見し、保険会社から慰謝料等の全額を回収できることが分かったため、加害者と保険会社を相手に民事裁判を起こしました。
被害者が外国人であったことや、将来的に海外で事業を始める予定であったことから、通貨や将来の逸失利益の評価などの難しい問題がありましたが、最終的には裁判で4500万円の増額が認められ、9475万円での裁判上の和解が成立しました。
ご家族の無念の思いを少しでも金額という目に見える形に実現することが私たち弁護士の役割です。