無免許運転の違反点数|免許取消の期間と再取得方法について

~いざという時の備えに~交通事故コラム

 > 
 > 
 > 
無免許運転の違反点数|免許取消の期間と再取得方法について
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
交通事故コラム
2018.2.6
損害賠償 弁護士監修記事

無免許運転の違反点数|免許取消の期間と再取得方法について

Pixta_2469893_s

無免許運転の違反点数は25点です。違反点数が15点を超えると免許取消なので、無免許運転で取り締まられた場合には間違いなく一発取消は避けられません。

 

<無免許運転の罰則>

刑罰

違反点数

行政処分

3年以下の懲役または50万円以下の罰金

25点

免許取消(欠落期間2年)

 

なお、無免許運転を知りながら車を提供したまたは車に同乗した者にも同じ違反点数が加算されます。厳しいと思われるかもですが、無免許運転はそれだけ重大な交通違反として扱われている証拠だと言えるでしょう。

 

この記事では無免許運転の違反点数の加算による処分や免許再取得法についてご紹介します。無免許運転で取り締まられた際の行政処分について確認したい場合は参考にしていただければ幸いです。

 

 【目次】
無免許運転による欠格期間(免許取消期間)
無免許運転では前歴がつく
欠格期間と前歴の違反点数一覧
免許取消処分をされた際の免許再取得法

 

交通事故の無料相談所

交通事故の被害者になってしまった方へ
【オススメ記事】
交通事故被害の無料相談が
できる窓口をまとめて紹介

 

無免許運転による欠格期間(免許取消期間)

欠格期間とは、免許取消になった後に免許の取得が許されるまでの期間です。欠落期間の期間は最長で10年間で違反点数と前歴(下記に詳細あり)によって決定されます。

 

<無免許運転の欠落期間>

前歴の回数

欠格期間

0~1回

取消2年

2回

取消3年

3回以上

取消4年

 

上表の欠格期間は交通違反行為が無免許運転のみと仮定したものです。無免許運転と重ねて別の交通違反がある場合には、その違反行為の点数も加算されて上表の期間よりも欠格期間が更に長くなるでしょう。

 

欠格期間は『取消処分書』に書かれた日付からカウントが始まります。無免許運転が発覚した日からの期間の開始ではありません。免許取消が確定すると運転免許の住所あてに取消処分書が送られてくるので、そこに記載されている日付をご確認ください。

 

無免許運転では前歴がつく

前歴とは、過去3年間のうちに免許停止・免許取消になった回数を意味します。上記の欠格期間を見てお気づきかと思いますが、前歴の回数が多いほど交通違反の罰則は重くなりやすいです。

 

前歴は無事故・無違反で1年間を過ごせればリセットされますが、1年間のカウント開始は処分終了後で免許取消日ではありません。そのため、無免許運転で初めて免許取消になった場合には、欠格期間の2年間が終了してからがカウントの開始日になります。

 

また、前歴がある時に交通違反を犯してしまった場合でも、免許停止・免許取消の処分が3年間なければ前歴はリセットされます。ただし、前歴がある状態だと軽微な違反でもそれらの処分を受けやすくなっているので注意が必要です。

 

欠格期間と前歴の違反点数一覧

以下の表は、前歴が何回あって違反点数が何点だと、欠格期間は何年になるのかをまとめたものです。無免許運転以外にも違反行為を犯したケースの確認をしたい場合はご参考にしてください。(※赤文字は無免許運転のみを犯した場合の点数)

 

<一般違反行為の欠落期間>

欠格期間

前歴なし

前歴1回

前歴2回

前歴3回以上

1年間

15~24点

10~19点

5~14点

4~9点

2年間

25~34点

20~29点

15~24点

10~19点

3年間

35~39点

30~34点

25~29点

20~24点

4年間

40~44点

35~39点

30~34点

25~29点

5年間

45点以上

40点以上

35点以上

30点

 

なお、どのような違反行為が何点になるかについては『交通違反の点数まとめ|免停となる違反点数は?』で紹介しているので、点数を確かめたい場合はそちらも合わせてお読みいただければ幸いです。

 

交通事故の無料相談所

交通事故の被害者になってしまった方へ
【オススメ記事】
交通事故被害の無料相談が
できる窓口をまとめて紹介

 

免許取消処分をされた際の免許再取得法

許取消処分となり、再度運転を行うためには、改めて運転免許を取得する必要があります。ただし、運転免許取消処分を受けた人が免許取得の受験資格を得るためには、取消処分者講習を必ず受講しなければいけません。

 

取消処分者講習は自動車教習所で受けられるので、試験を受ける(または入校前)に免許取消処分を受けた旨を伝えておきましょう。ちなみに、受講費用は30,550円で日程は2日間、計13時間の講習です。

 

自動車学校での運転免許の取得は通常の免許と同じように一から免許を取り直す必要があります。運転免許試験場では、本試験のみで再度免許を取得が可能です。

 

【無免許運転に関連する記事】

 

参照元一覧

警視庁

国土交通省

道路交通法

この記事を監修した法律事務所

Thum_umezawa
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

損害賠償に関する新着コラム

損害賠償に関する人気のコラム


損害賠償コラム一覧へ戻る