主婦の休業損害/15万円未満の賠償金を約120万円まで増額したケース

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 主婦の休業損害/15万円未満の賠償金を約120万円まで増額したケース
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
30代/女性
バイク対人
足の甲骨折
105万円
その他

事故の状況

主婦であるYさんは横断歩道を渡っている最中に、車の横をすり抜けてきたバイクに衝突されました。足の甲を骨折し、3週間の通院を余儀なくされます。
その後保険会社から損害賠償額として15万円を提示されるも、数か月間家事ができなかったことや不便な生活を強いられたことを考えると、けっして十分な金額ではありませんでした。

依頼内容

納得の行かないYさんは、『保険会社に提示された金額が適切か知りたい』と考え、示談をする前に当事務所に来所。

対応と結果

Yさんの話から、次の点が明らかになりました。
・主婦の休業損害が考慮されていない
・過去の裁判例と比べると、慰謝料が安すぎる
弁護士が交渉を代理するも、保健会社に慰謝料を増額する様子はありませんでした。
そこで、交通事故紛争処理センターに申し出をし、Yさんが強いられた不憫を詳細に説明。
結果、同センターのあっせんにより、保健会社が120万円の示談金を支払うという内容で和解に至りました。