示談に応じてよいかわからず相談。弁護士が交渉して賠償金の総額は1,070万円以上!

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 示談に応じてよいかわからず相談。弁護士が交渉して賠償金の総額は1,070万円以上!
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
30代/男性
車対車
左手関節捻挫・左肩関節捻挫 ほか
960万円
12
この事例を解決した事務所: 【被害者専門の相談窓口】和歌山支店 アディーレ法律事務所

事故の状況

乗用車を運転中に赤信号で停止していたところ、後方から乗用車に追突されてしまいました。

依頼内容

約半年間の通院治療を行い、ようやく症状固定を迎えましたが、残念ながら左腕にしびれや痛みが残ってしまいました。
そこで、後遺障害の等級認定申請を行ったところ、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号と判断されて、併合12級が認められました。
ほどなくして、加害者側の保険会社から示談金額の提示が口頭でされましたが、このまま示談に応じてよいのか疑問に感じました。
そこで、今後の流れやどのような賠償金を受け取ることができるのか、交通事故の被害に詳しい弁護士に一度相談してみたいと考え、当事務所にご相談くださいました。

対応と結果

資料を確認した弁護士は、保険会社が提示している示談金は自賠責保険基準であり、賠償金としては最低限の金額であり、増額できる可能性があることをご案内しました。
相談者の方は、自分で保険会社と交渉するのは難しいと考えて、当事務所にご依頼くださいました。
ご依頼後、弁護士はすぐに確定申告書などの資料を収集し、示談交渉を行いました。
逸失利益については、事業所得額をもとに算出して交渉を進め、当初、運動能力の喪失年数は3年で提示されましたが、粘り強い交渉によって7年まで認められ、590万円以上となりました。
さらに、後遺症慰謝料は260万円以上、入通院慰謝料は100万円以上が認められて、最終的な賠償金の総額は約9.5倍に増額されて1,070万円以上で示談が成立しました。

Office info 202110121625 4931 w280
最寄駅:JR「和歌山駅」西口より徒歩22分 南海「和歌山市駅」より徒歩15分
和歌山県和歌山市七番丁26-1モンティグレ ダイワロイネットホテル和歌山2F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可
通話料
無 料
04時28分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
050-5228-2706
メールで問合せする