短期間の示談交渉により、賠償金を500万円以上増額できた事例

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 短期間の示談交渉により、賠償金を500万円以上増額できた事例
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
東京都/50代/男性
車対車
舟状骨骨折
570万円
12
この事例を解決した事務所: 弁護士 飛田 貴史 弁護士 山下 南望

事故の状況

交差点での出会い頭の衝突事故

依頼内容

事前認定により12級の後遺障害等級を獲得され、相手方保険会社からの賠償提案がなされている状態でご相談を受けました。
既に物損について10:90の解決がなされており、その点については特に争わなくてもよい、とのご意向でした。

対応と結果

実は、このケースでは、ご依頼者様が弁護士費用特約を利用できなかったため、症状固定前から賠償提案に至るまでの間、お電話による相談などでバックアップを継続していました。
そうした結果、首尾よく事前認定で12級が認定されたため、その時点から、賠償金の増額を目的としてご依頼をお受けしたものです。
結果としては、交渉開始から1か月に満たない短期間で、裁判基準に非常に近い金額を獲得することができ、スピード感を重視されていたご依頼者様にもご納得をいただくことができました。

Office info 201810261454 7691
最寄駅:JR「立川駅」徒歩5分
東京都立川市柴崎町2-3-20門倉ビル1階
定休日: 土曜 日曜 祝日
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
通話料
無 料
11時43分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-2768
メールで問合せする