約1ヵ月でスピード解決。入通院慰謝料が1.6倍以上、後遺症慰謝料は約2.8倍に!

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 約1ヵ月でスピード解決。入通院慰謝料が1.6倍以上、後遺症慰謝料は約2.8倍に!
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
30代/男性
車対バイク
左脛骨遠位端骨折・左足関節捻挫など
150万円
併合14級
この事例を解決した事務所: 【被害者専門/全国対応】札幌支店 アディーレ法律事務所

事故の状況

バイク(自動二輪車)で走行中、駐車場から飛び出してきた乗用車を避けようとして、横転してしまいました。

依頼内容

約6ヵ月間の治療を続け、医師から症状固定の診断を受けて治療を終えました。
しかし、残念なことに首や腰、左足関節に痛みが残ってしまいました。そこで、後遺障害の等級認定申請を行ったところ、併合14級が認定されました。
ほどなくして、相手方の保険会社から示談金額の提示がありましたが、今後の流れや相手方の保険会社との示談交渉に不安を感じており、また同時に早く解決したいという思いも抱いていました。
そこで、弁護士に相談しようと思い、当事務所にご相談くださいました。

対応と結果

弁護士は、ご依頼いただければ、早期解決を目指しながら納得いただける金額を獲得するべく、相手方の保険会社と示談交渉させていただくことをお伝えしました。
また、提示された示談金額は入通院慰謝料、後遺症慰謝料の金額が低く、増額となる可能性があるとご説明しました。
ご依頼いただいた弁護士は、早速、相手方の保険会社との示談交渉を始めました。
交渉では、相手方の保険会社とのやりとりをスピーディーかつ強気に進め、入通院慰謝料、後遺症慰謝料は裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)で計算するように主張しました。
また、依頼者の方とも密に連絡を取り合い、早期解決を目指しながらも、依頼者の方のお考えを常に念頭において交渉を進めました。
その結果、入通院慰謝料、後遺症慰謝料ともに弁護士の主張が認められ、入通院慰謝料は1.6倍以上に、後遺症慰謝料は約2.8倍に増額となりました。そして、最終的な賠償金の総額は510万円以上となり、示談が成立しました。
また、スピーディーな対応を心がけたことで、ご依頼から約1ヵ月で解決することができました。

Office info 202112161329 4501 w280
最寄駅:JR「札幌駅」より直結
北海道札幌市中央区北5条西2-5JRタワーオフィスプラザさっぽろ15F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可
通話料
無 料
18時04分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-2667
メールで問合せする