非該当の状態から、異議申立により12級を獲得した事例

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 非該当の状態から、異議申立により12級を獲得した事例
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
東京都/50代/男性
車対バイク
肩関節唇損傷
680万円
12
この事例を解決した事務所: 弁護士 飛田 貴史 弁護士 山下 南望

事故の状況

バイクで走行中、路外から車道へ進行してきた車両を避けようとして転倒した

依頼内容

ご相談の時点で、相手方保険会社からの治療費支払は打ち切られていた上、保険会社側の代理人弁護士が就任している状態でした。
また、肩関節の動揺性や疼痛などの症状が残存しているにもかかわらず、後遺障害が存しないことを前提とした賠償提案がなされていました。

対応と結果

被害者の方の自覚症状を綿密に聴き取った上、弊事務所が提携している放射線医へCT画像の鑑定を依頼しました。
また、画像鑑定により得られた異常所見に基づいて、主治医に「意見書」の作成を依頼しました。
そうした医証を入念に準備して異議申立を行ったところ、非該当という認定結果は覆り、12級という高い等級を獲得することができました。
通常は、異議申立が成功しても「非該当→14級」といった結果が多いのですが、このケースでは、通例を超える高い等級を獲得できたことにより、賠償金額も大幅に増額となりました。

Office info 201810261454 7691
最寄駅:JR「立川駅」徒歩5分
東京都立川市柴崎町2-3-20門倉ビル1階
定休日: 土曜 日曜 祝日
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
通話料
無 料
11時23分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-2768
メールで問合せする