高次脳機能障害で3級が認定されたが、異議申し立てにより2級に上がった事例

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 高次脳機能障害で3級が認定されたが、異議申し立てにより2級に上がった事例
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
鹿児島県/70代/男性
車対人
頭部外傷
4400万円
2
この事例を解決した事務所: 弁護士 上山 幸正(弁護士法人かごしま上山法律事務所)

事故の状況

横断歩道を歩行中、右折車と衝突した

依頼内容

後遺障害認定・示談交渉

対応と結果

自賠責に被害者請求を行ったところ、当初、後遺障害3級が認定されました。   しかし、十分に症状を理解していただけていなかったと感じたため、日常生活について、家族がビデオ撮影等を行い、証拠を揃えて異議申し立てを行ったところ、異議が認められ、2級に上がりました。
その後、保険会社と交渉し、示談が成立しました。

Office info 202003271751 28381
最寄駅:市電 水族館口 徒歩2分
鹿児島県鹿児島市小川町3-3MOKOTAビル
定休日: 土曜 日曜 祝日
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談可
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可
通話料
無 料
11時30分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-2824
メールで問合せする