むちうちで後遺障害認定を受け、過失部分についても回収できた事例

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > むちうちで後遺障害認定を受け、過失部分についても回収できた事例
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
鹿児島県/50代/女性
車対車
外傷性頚部症候群、腰椎捻挫
320万円
14
この事例を解決した事務所: 弁護士 上山 幸正(弁護士法人かごしま上山法律事務所)

事故の状況

依頼者が十字路を左折しようと曲がり始めた際、後方の車両から追突された

依頼内容

物損・後遺障害認定・示談・訴訟

対応と結果

事故直後からご依頼をいただきました。依頼者にも一定程度の過失がありましたが、依頼者は、自分側の保険会社において、人身傷害補償保険に加入していたことから、訴訟で認定された損害の過失部分については、人身傷害補償保険から給付が受けられる状況でした。
そのため、過失割合にこだわらず、人損は訴訟を見据えて、物損は早期に解決する方針を立て、先に物損は解決しました。
その後、依頼者とは密に連絡をとり、治療経過も確認していきました。症状が固定し、弁護士も同席の下、医師に後遺障害の診断書をお願い、後遺障害14級が認定されました。 訴訟提起後は、相手方とは、過失部分を除く満額に近い金額で和解しました。過失部分は、自分の加入する人身傷害補償保険から回収しました。

Office info 202003271751 28381
最寄駅:市電 水族館口 徒歩2分
鹿児島県鹿児島市小川町3-3MOKOTAビル
定休日: 土曜 日曜 祝日
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 加害者の相談可
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可
通話料
無 料
08時02分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
050-5228-2824
メールで問合せする