弁護士の示談交渉で、裁判所基準の慰謝料を獲得し、賠償金の総額は510万円以上に!

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 弁護士の示談交渉で、裁判所基準の慰謝料を獲得し、賠償金の総額は510万円以上に!
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
30代/男性
車対バイク
左足首捻挫・手関節捻挫・腰椎捻挫 ほか
120万円
併合14級
この事例を解決した事務所: 【被害者専門/全国対応】金沢支店 弁護士法人アディーレ法律事務所

事故の状況

バイクで走行中、乗用車に衝突され転倒してしまいました。

依頼内容

事故から約11ヵ月後、症状固定を迎えましたが、残念なことに左手の関節と腰に痛みが残ってしまいました。
そこで、ご自身で後遺障害の等級認定申請を行ったところ、関節の痛みおよびしびれ、腰部の痛みのそれぞれに「局部に神経症状を残すもの」として14級9号が認められ、併合14級を獲得しました。

ほどなくして、相手方の保険会社から示談金額の提示がありました。
しかし、保険会社の提示内容に疑問があり、このまま示談してしまったら後悔するのではないか、と思いました。
そこで、交通事故に詳しい弁護士に聞いてみたいと考え、当事務所にご相談くださいました。

対応と結果

弁護士は、いただいた資料を拝見し、入通院慰謝料や後遺症慰謝料について増額の余地があることをお伝えしました。
ご自分でもいろいろ調べていた依頼者の方は、今後の示談交渉なども視野に入れて検討された結果、当事務所へのご依頼を決意されました。

ご依頼後、弁護士はさっそく保険会社との示談交渉を開始しました。
入通院慰謝料と後遺症慰謝料について裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)を提示して強く主張し、ケガによって仕事に支障が出て給与が減額されてしまったことについても考慮するよう求めました。

その結果、入通院慰謝料と後遺症慰謝料について裁判所基準の満額が認定され、休業損害についても増額し、最終的に賠償金の総額は510万円以上で示談が成立しました。

Office info 202110121542 4761 w280
最寄駅:JR「金沢駅」より徒歩2分 北陸鉄道「北鉄金沢駅」より徒歩4分
石川県金沢市本町2-15-1ポルテ金沢9F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可
通話料
無 料
01時48分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
050-5228-2691
メールで問合せする