弁護士の交渉で後遺症慰謝料が約2.1倍の増額。賠償金の総額は3,400万円以上に!

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 弁護士の交渉で後遺症慰謝料が約2.1倍の増額。賠償金の総額は3,400万円以上に!
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
10代/女性
車対バイク
第6胸椎破裂骨折
1,200万円
8級相当
この事例を解決した事務所: 【被害者専門の相談窓口】船橋支店 アディーレ法律事務所

事故の状況

原付バイクで道路の左端を走行していたところ、後方の乗用車が被害者の方を追い越した際にバイクの側面に衝突し、転倒するという事故に遭ってしまいました。

依頼内容

治療を開始して半年後、ようやく症状固定を迎えましたが、残念ながら脊柱の変形障害の症状が残ってしまいました。
そこで、この症状について後遺障害の等級認定申請を行ったところ、後遺障害等級の8級相当と認定されました。
ほどなくして、加害者側の保険会社から示談金額の提示があり、その内容は約2,200万円を支払うというものでした。
高額な提示ではありましたが、加害者は原付バイクと衝突後に逃走し、目撃者の証言や防犯カメラの映像により翌日逮捕されており、極めて悪質であることから、被害者の方のご両親は到底納得できませんでした。
そこで、交通事故に詳しい弁護士の話を聞いてみたいと思い、当事務所にご相談くださいました。

対応と結果

弁護士はいただいた資料を拝見し、後遺症慰謝料をはじめ、さまざまな項目で保険会社の提示額は低く、弁護士が交渉することで増額できる見込みがあるとご案内しました。
また、加害者が事故後に逃走したことを指摘し、増額できるようしっかり交渉させていただくことをご説明しました。
ご依頼後、すぐさま保険会社と示談交渉を開始しました。逸失利益について、後遺障害が残ったことで被害者の方の将来就くことができる職業に影響が出てしまうため的確な金額となるよう強く主張し、後遺症慰謝料についても裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)の満額を認めるよう交渉を行いました。
また、加害者のひき逃げを指摘し、交渉の主導権を握りました。
最終的にこちらの主張を認めさせ、初回提示額から約1,138万円の増額となり、示談金の総額は3,400万円以上で示談が成立しました。

Office info 202110111126 43831 w280
最寄駅:京成本線「京成船橋駅」より徒歩4分 JR/東武野田線「船橋駅」より徒歩7分
千葉県船橋市本町2-1-34船橋スカイビル5F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可
通話料
無 料
17時28分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-3681
メールで問合せする