外貌醜状痕(後遺障害等級12級)の後遺障害について、約290万円の賠償額の増額

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 外貌醜状痕(後遺障害等級12級)の後遺障害について、約290万円の賠償額の増額
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
北海道/20代/女性
車対人
顔の醜状痕
290万円
12

事故の状況

横断歩道通行中に車と接触した事案

依頼内容

事故後、治療を継続しましたが、顔に外貌醜状痕が残ってしまい、後遺障害等級12級の認定を受けました。しかしながら、保険会社の提示額が334万円であり、納得がいかないとのことでした。ただ、できれば、裁判とせずに、早期に解決したい思いもあるという事案でした。

対応と結果

弁護士において裁判基準にて賠償額を積算し、弁護士会のADR(裁判外紛争解決手続)を利用して保険会社と交渉しました。
その結果、賠償額については290万円の増額となり、早期解決も実現しました。