弁護士が示談交渉し、仕事ができなかった1年分の休業損害を獲得。賠償金は620万円以上に!

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 弁護士が示談交渉し、仕事ができなかった1年分の休業損害を獲得。賠償金は620万円以上に!
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
40代/男性
車対バイク
左三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷 ほか
270万円
12
この事例を解決した事務所: 【被害者専門の相談窓口】函館支店 弁護士法人アディーレ法律事務所

事故の状況

バイクで交差点を直進していたところ、対向車線から強引に右折してきた乗用車と衝突してしまいました。

依頼内容

約1年半の通院後、ようやく症状固定を迎えましたが、残念ながら左手に痛みが残ってしまいました。
そこで、事前認定の方法で後遺障害の等級認定申請を行ったところ、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として、12級13号が認定されました。
ほどなくして、加害者側の保険会社から示談金の提示がありましたが、妥当な金額であるか判断できませんでした。
そこで、弁護士の話を聞いてみたいと思い、交通事故の被害に詳しい当事務所にご相談くださいました。

対応と結果

ご依頼後、弁護士はさっそく保険会社との示談交渉を開始しました。
依頼者の方は仕事でバイクに乗る必要があり、事故に遭ってしまってから約1年間の休業を余儀なくされました。
そこで、弁護士は、依頼者の方が長期間にわたって手をギプスで固定されており、休業せざるを得なかった理由や今後の仕事への影響などを主張したところ、休業損害は約2.6倍の増額、後遺症慰謝料に含まれていた逸失利益は、きちんと算出して87万円以上が認められました。
さらに、入通院慰謝料については2.2倍以上の増額、後遺症慰謝料は約1.2倍の増額が認められて、最終的に、賠償金は約1.8倍に増額されて、総額は620万円以上で示談が成立しました。

Office info 202110081544 4511 w280
最寄駅:JR「函館駅」より徒歩3分 函館市電「函館駅前駅」より徒歩2分
北海道函館市若松町14-10函館ツインタワー9F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可
通話料
無 料
01時26分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
050-5228-2668
メールで問合せする