事故の家事への影響を弁護士が主張し休業損害が増額。賠償金の総額は約960万円!

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 事故の家事への影響を弁護士が主張し休業損害が増額。賠償金の総額は約960万円!
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
30代/女性
車対自転車
左仙骨骨折・右恥骨骨折・右下腿挫傷 ほか
240万円
12
この事例を解決した事務所: 【被害者専門/全国対応】松山支店 弁護士法人アディーレ法律事務所

事故の状況

横断歩道を自転車で横断中、信号無視をして横断歩道に衝突してきた乗用車と衝突してしまいました。

依頼内容

事故後、約3ヵ月の入通院を経て、ようやく症状固定を迎えましたが、残念ながら右肩の痛みと、右太腿に大きなあざが残ってしまいました。そこで、後遺障害の等級認定申請を行ったところ、右肩の痛みは「局部に神経症状を残すもの」として14級9号、右太腿は「てのひらの大きさの3倍程度以上の瘢痕を残すもの」として12級相当が認定されて、併合12級を獲得しました。
ほどなくして、加害者側の保険会社から示談金額が提示されましたが、相談者の方は提示された金額が妥当であるか疑問を持ったため、交通事故の被害に詳しい弁護士の話を聞きたいと考え、当事務所にご相談くださいました。

対応と結果

資料を拝見しながら弁護士が詳しくお話を伺うと、相談者の方は事故の影響で家事がほとんどできなくなったとおっしゃっていました。
弁護士は、ご依頼いただければ、保険会社と示談交渉を行い、遺失利益については現在の提示額より少なくなる可能性が高いものの、その他の項目については増額となる可能性が高く、たとえ遺失利益が減額になったとしても、トータルで見れば増額となる見込みであることをお伝えしました。
ご依頼後、弁護士はさっそく加害者側の保険会社と示談交渉を開始しました。
事故が原因で家事ができなくなったことを主張し、賃金センサスを参照して主婦としての休業損害(主婦休損)を増額するべきと交渉を重ねたところ、約1.9倍に増額されて80万円以上が認められました。
また、後遺症部分の賠償金の合計額が自賠責保険基準であったため、増額するように求めました。
逸失利益は減額されたものの、後遺症慰謝料については体に目立つあざが残ってしまったことを弁護士が主張し、粘り強い交渉を行った結果、裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)の満額以上の350万円となりました。入通院慰謝料についても110万円まで増額され、最終的な賠償金の総額は約960万円で示談が成立しました。

Office info 202110121639 43871 w280
最寄駅:伊予鉄「松山市駅」出入口1より徒歩2分
愛媛県松山市花園町1-3日本生命松山市駅前ビル2F
定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
  • 物損事故の相談可
通話料
無 料
01時29分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
050-5228-3685
メールで問合せする