【後遺障害等級7級】醜状障害 2300万円の解決

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 【後遺障害等級7級】醜状障害 2300万円の解決
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
獲得した金額
後遺障害等級
茨城県/10代/男性
車対人
道路を横断中に自動車に轢過され,顔面の醜状障害等
2300万円
7

事故の状況

本件は,道路を横断中に自動車に轢過され,顔面の醜状障害等を負ってしまったという事案。

依頼内容

ご相談者は,本件事故後,当初はご自分で相手方保険会社と交渉をしましたが,担当者と話し合っても埒があかずにお困りのご様子でした。
当事務所でご相談をうかがったところ,お怪我の具合が深刻であったことから,後遺障害等級の認定申請をすべきであると判断し,治療継続中の時点から受任し,代理交渉を行うこととしました。

対応と結果

本件は,道路を横断中に自動車に轢過され,顔面の醜状障害等を負ってしまったという事案です。
ご相談者は,本件事故後,当初はご自分で相手方保険会社と交渉をしましたが,担当者と話し合っても埒があかずにお困りのご様子でした。
当事務所でご相談をうかがったところ,お怪我の具合が深刻であったことから,後遺障害等級の認定申請をすべきであると判断し,治療継続中の時点から受任し,代理交渉を行うこととしました。
当事務所では,後遺障害等級認定申請のサポート以外にも,休業損害に代わる費用の内払を求めるなどして,依頼者の方のサポートを継続しました。

後遺障害等級認定申請の結果,後遺障害等級7級と認定されたため,当該等級を前提に示談交渉に移行しました。
示談交渉では,後遺障害に伴う逸失利益と過失割合が争点となりましたが,何度も交渉を継続した結果,最終的に既払い金を除き2300万円を支払う内容で合意することができました。