夫婦で乗車中の追突事故

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 夫婦で乗車中の追突事故
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
獲得した金額
後遺障害等級
京都府/30代/男性
車対車
頸椎捻挫・腰椎捻挫
600万円
14
この事例を解決した事務所: いろどり法律事務所

事故の状況

停車中の追突事故

依頼内容

事故後3か月で保険会社が治療費を打ち切ろうとしているがまだ通院したため交渉をしてほしい。また、損害賠償を最大限回収してほしい。

対応と結果

1 治療打切に対する対応
主治医と協議したうえで、通院継続必要という内容の診断書の作成を依頼しました。また、同時に、主治医に対して、「保険会社に通院治療の継続が必要である。」との働きかけをしてもらうよう依頼した結果、事故後6か月超の通院期間が認められました。

2 後遺障害等級取得のための準備
事故後5か月の時点で、依頼者様らは完治に至っていないため、後遺障害等級認定の必要があると考え、依頼者様に後遺障害診断書の作成に関する助言を行いました。
依頼者様は適切に医師に依頼し、内容的に問題のない後遺障害診断書を持参されました。こうした資料に加えて、当職作成の依頼者らの陳述書を同時に提出する形で、自賠責保険の被害者請求の手続を行いました。結果、妻のみ14級の等級が認定されました。
3 その後、保険会社との交渉を行いました。自賠責保険分も含め、夫分として、傷害慰謝料95万円、後遺障害慰謝料110万円、後遺障害に伴う逸失利益として120万円を回収しました(自賠責保険からの回収を含む)。
また妻分については、傷害慰謝料87万円(通院回数が夫に比べて少なかったことから少額となった、)、後遺障害慰謝料110万円、後遺障害に伴う労働能力喪失分の賠償として75万円を回収したほか、通院期間中の主婦としての休業損害として金95万円を回収しました。

Office_info_201906121849_7961
最寄駅:阪急烏丸駅 京都市営地下鉄四条駅・烏丸御池駅 いずれも徒歩3分
京都府京都市中京区七観音町637インターワンプレイス烏丸6階
定休日: 土曜 日曜 祝日
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 事故直後の相談可
通話料
無 料
03時24分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
0066-97356-3369
メールで問合せする
車対車の事故で頸椎/腰椎にケガを負った場合の解決事例
傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益いずれも低い示談提案額だったため、弁護士が裁判基準額で請求し、ほぼ満額に近い金額で示談した事案
30代/男性 車対車 腰椎捻挫、頚椎捻挫
弁護士費用特約がなかったため、弁護士費用が負担にならないよう、ご依頼者に配慮しながら弁護士が交渉に入るタイミングを見極めて受任、適正な示談金額で解決した事案
40代/女性 車対車 腰椎捻挫、頚椎捻挫、胸椎捻挫
相手方保険会社の示談提案を弁護士が精査、裁判基準に引き直し、傷害慰謝料を裁判基準額満額で示談することができた事案
50代/女性 車対車 頚椎捻挫
低く算定されていた休業損害に対し、弁護士が介入して再計算して交渉した結果、当初提示額より増額することで示談成立した事案
30代/男性 車対車 頚椎捻挫
保険会社の示談提案が適正か判断がつかず弁護士に相談、仕事の減収分とあわせて家事従事者としての休業損害も算定し、増額に成功した事案
30代/女性 車対車 腰椎捻挫、頚椎捻挫